君が生きた証の作品情報・感想・評価

君が生きた証2014年製作の映画)

Rudderless

上映日:2015年02月21日

製作国:

上映時間:105分

4.0

あらすじ

やり手の広告宣伝マンのサムは大きな契約をまとめ、祝杯をあげようと大学生の息子ジョシュを強引に呼び出した。ところがテレビに映し出されたのはジョシュが通う大学で起きた銃乱射事件の速報ニュース。ジョシュは帰らぬ人になってしまったのだ。 その2年後。会社を辞めてからは荒んだボート暮らしを送るサムを、別れた妻が訪ねてくる。「あの子の音楽好きはあなた譲りだから」と渡されたのは、生前にジョシュが書き溜めてい…

やり手の広告宣伝マンのサムは大きな契約をまとめ、祝杯をあげようと大学生の息子ジョシュを強引に呼び出した。ところがテレビに映し出されたのはジョシュが通う大学で起きた銃乱射事件の速報ニュース。ジョシュは帰らぬ人になってしまったのだ。 その2年後。会社を辞めてからは荒んだボート暮らしを送るサムを、別れた妻が訪ねてくる。「あの子の音楽好きはあなた譲りだから」と渡されたのは、生前にジョシュが書き溜めていた自作曲の歌詞とデモCD。曲を聴いたサムは、ジョシュが何を思い、何を感じて暮らしていたのかをまったく知らなかった自分に気づく。ジョシュが遺したギターでジョシュの曲を爪弾くようになり、場末のライブバーの飛び入りステージに参加する。酔客の喧騒の中、サムの演奏に魅了されたのはロック青年のクエンティンだった。「あの曲はもっと多くの人に聴かせるべきだ」と力説する情熱に押し切られ、親子ほど年の違うクエンティンと“ラダーレス”というバンドを組むことに。 次第に人気を集めていくが、実はサムには喝采を浴びることができない理由があった……。

「君が生きた証」に投稿された感想・評価

Shelby

Shelbyの感想・評価

4.5
何度観ても良い!!
マイベスト映画に入るくらいに好き。
歌が素晴らしすぎて映画館出てサントラを即買いした思い出。
ストーリーは予告もあらすじも見ずに観たらさらにグッと来ると思う。私は何となしにたまたま観たらやられました。
親の愛は不変。泣ける。
kktkzw

kktkzwの感想・評価

3.6
中盤までは良いが、題材が題材なだけにお涙頂戴、考えさせられる、罪とは、みたいな安い感傷と満足に浸る人が続出していそうな映画。この映画において語られるべきはそういう所ではないと思うし、いい映画なのでもったいない。
あお

あおの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

●加害者家族の贖罪。
加害者息子の動機や被害者をほぼ描写してないので、単純に加害者家族に共感や感動できる仕組み(故の監督から客へのメッセージ)
●ラスト、父親は息子と向き合えたけど解決はせず。客へ答えを選択させてるように思えた。

●metoo運動思い出した。
加害者の作品は罪なのか?作品の感動は偽物か本物か。

●加害者家族は一生罪を償い新しい道を歩めないのか? そもそも家族に問題はないのか? その答えは被害者しか出せないのでは?

● 葛城事件とはまた違ったアプローチ。

●影と光の演出が上手い。
心にじーんとくる映画。
男だらけの120分ぐらいやねんけど、見入ってしまいます。

背負うもの、歳を超えた友情、愛とは。
映画の設定はなかなか体験し得ないことやけど、自分に問いかけられてるような映画でした。

シーンとかカット割りが自然で好きです。
この映画にピンとくる人は話が合いそうな気がする。
ちひろ

ちひろの感想・評価

5.0
今まで見た歌を取り上げてる映画の中で間違いなくいちばんよかった。
なのに何を言おうとしても言葉が足りない。

大きな勘違いをして見ていて、途中で展開がわかったところでは息が止まった。歌と歌詞に感じていたあやうさと不確かさが襲ってきて、泣かずにはいられなくて、ほんとうに。

音楽、歌詞、クエンティンをはじめとするみんなの声と雰囲気とアイコンタクト、クラブハウス、テキーラ、背中に背負うギター。全部全部抱きしめてしまいたい。
おいも

おいもの感想・評価

3.3
物語の転換までが長いし上手くいきすぎだし何の感情もなく観ていたけど、その転換のための序章だから仕方ないなって感じでした。

バンドでのあの曲たちの良さは分からないけど、ラストの歌は良かったです。
sa

saの感想・評価

4.0
すごい。
原題も好きだけど、邦題も良い
後半泣きっぱなし…
とにかく歌が素敵
すごくいい
音楽を奏でるメンバーの幸せそうな顔。そして、サムの笑顔
子供が亡くなることって。
想像できない。したくない。
私なら生きていけない。
でも、生きていかなきゃならないのだよね。
生かされているのだから。
生かされているものが、生きてきた証を受け止めていかなきゃならないのだろうな。
わをん

わをんの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

(3年前の鑑賞記録)
君が生きた証をみた!見れてよかった〜!歌が素晴らしかった。シーンが飛びすぎて説明不足な映画なのか、みるひとに託すような意図的なものなのか・・・?なことを考えてつなげるのがやっとで、あんまり登場人物に感情移入できなかったのが残念。
事実が分かった時、初めて父親が背負うものの大きさが思ってた以上に重く複雑なことがわかった。
被害者の父親から加害者の父親になったとき、父親に対しての見方がどう変わるのか。すごく実験的で面白い映画でした。
ボートに乗って中指を立てるシーンが最高にかっこよかった。
この映画、今まで自分がみてきた中で一番の衝撃作。
>|