駆込み女と駆出し男の作品情報・感想・評価

駆込み女と駆出し男2015年製作の映画)

上映日:2015年05月16日

製作国:

3.7

あらすじ

質素倹約令が発令され、庶民の暮らしに暗い影が差し始めた江戸時代後期。鎌倉には離縁を求める女たちが駆込んでくる幕府公認の縁切寺の東慶寺があった。但し、駆込めばすぐに入れるわけじゃない。門前で意思表示をした後に、まずは御用宿で聞き取り調査が行われるのだ。駆出し医者でありながら、戯作者にも憧れている信次郎は、そんな救いを求める女たちの身柄を預かる御用宿・柏屋に居候することに。知れば知るほど女たちの別れ…

質素倹約令が発令され、庶民の暮らしに暗い影が差し始めた江戸時代後期。鎌倉には離縁を求める女たちが駆込んでくる幕府公認の縁切寺の東慶寺があった。但し、駆込めばすぐに入れるわけじゃない。門前で意思表示をした後に、まずは御用宿で聞き取り調査が行われるのだ。駆出し医者でありながら、戯作者にも憧れている信次郎は、そんな救いを求める女たちの身柄を預かる御用宿・柏屋に居候することに。知れば知るほど女たちの別れの事情はさまざま。柏屋の主人・源兵衛と共に離縁調停人よろしく、奇抜なアイデアと戦術で男と女のもつれた糸を解き放ち、ワケあり女たちの人生の新たな出発を手助けしていくが・・・・。

「駆込み女と駆出し男」に投稿された感想・評価

kurin

kurinの感想・評価

3.6
関ヶ原で気になった原田眞人監督作品。この人歴史が好きなのですね。重なる部分もありました。本作は駆け込み寺を巡る話ですが戸田・満島・内山などの中堅女優がよく、大泉洋が うまく生かされていて飽きない展開でした。
ai

aiの感想・評価

4.0
駆け込み女は切ねえなぁ……

これは実在した東慶寺がらみの話と知って本当に離婚がしづらく女性のが立場が弱い時代の中で、

駆け込むしかない、
でも修行が終わらないと離婚が成立しない、

この状況下で何人もの女性が苦しい思いをしていたかと思うと本当に切ない。

戸田恵梨香、満島ひかりが名演でした。
てと

てとの感想・評価

3.9
コメディかと思いきや、シリアスでじわじわくるエンターテイメントでした!すいません。

満島ひかりの江戸弁の艶っぽさ。
大泉さんの講談のような抑揚のある長台詞。
淡々としながらも、重厚な樹木希林の存在感。
この三人に圧倒されました。

とくに「わたしの妹」には泣きました。

堤さんも武田真司も良かった。
ざまあみろ!と思ったし、そんな顔するなら、もっと大事にしとけよ!とも。しかしこの時代には、こんな殿方ばっかりだったんでしょうねえ。

有名な武将や戦を扱った映画よりも、ずっと邦画らしい映画だと思います。
まくしたてる台詞が大好きだって84553回くらい言ってる。
裁判ものに近い独特の理屈屁理屈こねくりまわす面白さが満載のシーンには惚れ惚れ
そしてお目当だった満島ひかりにこれまた惚れ直す。満島ひかりの口から綴られる日本語が好きでたまらないんだ。堤真一もよかった〜!大泉洋はボコボコにされるのにカッコイイ俳優暫定1位です。(当社調べ)
日本語が母国語で幸せだと思わせてくれるストーリーと脚本。画もめちゃくちゃ綺麗だし好み。ちゃんと背景の自然が印象に残ってる。
ほんとうに素敵な映画でした。
cotie

cotieの感想・評価

-
江戸版・監獄のお姫さまたちだ
江戸時代、夫との離婚は重罪。

それでも逃げ場があり、駆け込み寺に逃げ込めば救われるという話。

大泉洋が好きなので、見たら意外と面白かったです。
>|