駆込み女と駆出し男の作品情報・感想・評価

「駆込み女と駆出し男」に投稿された感想・評価

ゴ

ゴの感想・評価

4.2
女というだけで幸せを掴むのが難しい時代に、それでもと頑張る姿が愛おしい。しあわせを掴んでおくれ。
i

iの感想・評価

3.5
他の人も言われてるように言葉が難しくて、所々理解するのが難しいです!けどおもしろい。歴史の勉強したくなる!
びび

びびの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

まだ今のような男女に対する価値観が出来上がっていなかった頃の日本のありのままの様子が、誰かの思考のフィルターにかかっていないのに美しく描かれていました。
かなり難しい日本語が流れるように展開されるので、ある程度古典に詳しくないと意味が分からないかもしれません。

戸田恵梨香さんの弱々しく消費される女性から、心身ともに強く美しくなっていく演技に引き込まれました。
大泉洋さんが途中、とんでもない長口上を畳み掛けるシーンがあるのですが、鳥肌モノの素晴らしさです。
樹木希林さんも本当に筆舌尽くし難い演技をされていて、彼女が亡くなられた今後も語り継ぎたい作品でした。
YKK

YKKの感想・評価

3.7
こりゃなかなか
突然グッと来た
素敵だった
AiM

AiMの感想・評価

3.9
わりとしっかりした話。満島ひかりより戸田恵梨香がメイン。
riho

rihoの感想・評価

3.7
大泉洋はまり役、戸田恵梨香って演技派。
もしも

もしもの感想・評価

3.7
これはいいなあ。よい。
題名のせいで観るのを避けていました。超高速参勤交代的なものかと思いきや、全く違う。江戸時代特有の早口・台詞回しは軽妙で、2年の出来事を凝縮し且つ濃密に描いている。
おせんの下りは突然出てきたので、驚きましたが、段々と事実が見えてくる。あじ売りに繋げたのは涙を誘う。
じょごの旦那の改心も良かった。お吟と堀切屋の恋愛も、そして最たるはじょごと信次郎の熱い接吻。
実在の人物たちが絡んでくるのも歴史好きにはたまらない。水野忠邦はいかに民衆を苦しめていたか、妖怪のインテリぶった失策の数々、あの一瞬で良く描けていると思う。
鎌倉の素晴らしい風景の数々。撮影場所は違うのかもしれないが、ついこないだ訪れた鎌倉にまた行くことができた。
義理と人情、恋と病、全てが絡み合った「素敵」な映画だ。
>|