駆込み女と駆出し男の作品情報・感想・評価

駆込み女と駆出し男2015年製作の映画)

上映日:2015年05月16日

製作国:

3.7

あらすじ

質素倹約令が発令され、庶民の暮らしに暗い影が差し始めた江戸時代後期。鎌倉には離縁を求める女たちが駆込んでくる幕府公認の縁切寺の東慶寺があった。但し、駆込めばすぐに入れるわけじゃない。門前で意思表示をした後に、まずは御用宿で聞き取り調査が行われるのだ。駆出し医者でありながら、戯作者にも憧れている信次郎は、そんな救いを求める女たちの身柄を預かる御用宿・柏屋に居候することに。知れば知るほど女たちの別れ…

質素倹約令が発令され、庶民の暮らしに暗い影が差し始めた江戸時代後期。鎌倉には離縁を求める女たちが駆込んでくる幕府公認の縁切寺の東慶寺があった。但し、駆込めばすぐに入れるわけじゃない。門前で意思表示をした後に、まずは御用宿で聞き取り調査が行われるのだ。駆出し医者でありながら、戯作者にも憧れている信次郎は、そんな救いを求める女たちの身柄を預かる御用宿・柏屋に居候することに。知れば知るほど女たちの別れの事情はさまざま。柏屋の主人・源兵衛と共に離縁調停人よろしく、奇抜なアイデアと戦術で男と女のもつれた糸を解き放ち、ワケあり女たちの人生の新たな出発を手助けしていくが・・・・。

「駆込み女と駆出し男」に投稿された感想・評価

yuka

yukaの感想・評価

3.3
笑って泣ける大泉洋だいすき
とても良かった、、

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりに良質な人情時代劇を拝見できました。

質素倹約令が発令された江戸時代後期のお話。
「洒落が効かない世の中」なんて、なんだか今の時代と似ていますよね。

この物語のテーマは「救済」。言わば、心の救いです。その一人一人の心を救い出すのは困難で、人の別れ話なんて、それこそ人の数ほどある訳ですから…
縁切寺の東慶寺の存在理由としては、二年の歳月をかけて、心の傷みを「癒す(忘れる)」という救済の場として存在している理由があるのだと感じました。それが江戸時代に実際にあったわけですから、色んな意味で驚きです。

見習い医者の信次郎は、もちろん医師として、多くの知識をもって患者を治療していきます。しかし、戯作者の才能をもって沢山の人の心を満たすことだって出来ます。戯作で人の心を癒し、それが本当の世の救いに繋がるのだと。
その信次郎の才能を信じたのはじょごでした。じょごは信次郎を長崎でくすぶる医者でなく、もっと多くの人の心を癒す名医として、戯作者の道を歩ませたのです。

「駆け込み女…」というタイトルで、弱々しい女性を連想させますが、じょごをはじめ、この物語に登場する女性は全て聡明でたくましく描かれています。特に法秀尼様は素敵で、あの地位にて、代々伝わる凝り固まったルールよりも、人の心の救いを最優先にするという考えには「粋(そういえば吉原の女郎にしか使えないんでしたっけ?)」としかいいようありません。

日本の映画もサスペンスものや恋愛ものや漫画の実写版ばかりじゃなくて、こうした心が温まる人情もの作って欲しいですね。

あと最後に、出演者の皆さんの演技がとても良かったです。
aya☆66

aya☆66の感想・評価

3.6
大泉洋がいなければ、成り立たなかった映画。
ayumi

ayumiの感想・評価

4.0
記録✍️
チアキ

チアキの感想・評価

4.4
素敵!な作品でした。

戸田恵梨香さんって素敵⭐︎

あんなカッコよかったの⁈w

なんか勝手に
大泉洋さんでコメディっぽいのかと思ってたんですけど
違ってた。

ただ逃げてはるだけじゃなくて
みんな色々な思いを抱えて
お寺に来てはるんやなと…

なんとなく観たんだけど
観て良かった🙆
セイ

セイの感想・評価

4.2
日本アカデミー作品賞とかでも全然OK。こういう作品にあげろよ。江戸時代の離婚率は今の2倍ぐらいだったらしいですけど再婚率も高かったらしいですね。じょごは仕事ができる女だったから夫が駄目になったんだろうし、女にこだわって最後に死んだ男も現代のストーカーですよね。このあたりは今も昔も変わらない。江戸時代のいろんな男女関係を描いていたけど現代と倫理観は違って、相当な男尊女卑だったんですね。現代は未婚率が高い…どうなっていくんでしょうか。
Kamome

Kamomeの感想・評価

4.0
いい作品でした。

お江戸の人間の生っぽさが伝わって来る感じがしました。
(実際のお江戸は知らないけどね🙄)


時代もので戸田恵梨香?
と、思って見始めたけれど
なかなかにハマり役でとても楽しめました!

2時間半?!とも思ったけど気づいたら見終わってました😊

見終わった後になんだかほっこりなのかしみじみなのか、、
言葉にしづらいけれどあたたかな気持ちになれる作品でした!
>|