駆込み女と駆出し男の作品情報・感想・評価

駆込み女と駆出し男2015年製作の映画)

上映日:2015年05月16日

製作国:

上映時間:143分

3.7

あらすじ

「駆込み女と駆出し男」に投稿された感想・評価

たの

たのの感想・評価

4.0
みんな大好き大泉洋。
話し方がみんな違って面白かった。
maco

macoの感想・評価

-
原田監督の作品で1番好きな映画。流れるような言葉のリズムは聞いているだけで気持ちよく、とくに洋ちゃんの長口上は圧巻だ。女性の地位が低かった時代に、それでも強く生きていた人たちひとりひとりの人生に寄りそってくれるような映画でもある。戸田恵梨香演じるじょごはとくに魅力的で、彼女の明るい未来を感じさせるラストは本当に幸せな気持ちになれる。
ううよ

ううよの感想・評価

3.8
あまり期待もせず
何となく見始めた
「駆け込み女と駆け出し男」

面白かった。
江戸言葉のテンポのいい掛け合い
それぞれの女の事情とそこから解き放たれてゆくさま
そして
大泉洋が渥美清みたいでとても格好いい
最後の信次郎とじょごのシーンも
とってもよかったなあ!
tama

tamaの感想・評価

4.1
難しかったけどほんといい映画でした。
とにかく満島さんが綺麗。すごく演技が光ってた!戸田恵梨香はとにかく可愛い。
クレミ

クレミの感想・評価

3.6
大泉洋が語りの天才であることを改めて実感した。フランキー堺を感じさせる軽快な語り口と人の懐に入り込んでいくなつっこさ。彼を筆頭に、役者の演技を見る映画だった。こういうタイプの映画、日本でまだ撮れるんだなぁと思ったが、やっぱり余分な演出や音響も多く、足し算の映画という印象。やっぱ分離しちゃってるんだよね各エピソードが。惜しいなぁ。日本文学科で近代を学んでた人は大変面白いんじゃなかろうか?
kahooo

kahoooの感想・評価

3.6
日本の昔のお話は苦手だからあまり見ないけど、これは出演者に期待して鑑賞。
期待通り最後まで面白く見終えた👏🏻
日本は本当に昔から女の人の扱いが酷いんだな…
見終わってやっとタイトルに納得💡
「法秀が見ます!」

天保十二(1841)年。じょご(戸田恵梨香)とお吟(満島ひかり)は、幕府公認の縁切り寺・東慶寺へ駆け込むため、山道を急ぐ。
二人を追ってきたと思われた男は、見習い医師の中村信次郎(大泉洋)だった。

『東慶寺花だより』(1998-2010)井上ひさし。
エピソードと情報量が多く、美術も凝っていて物語に没入、喜びも悲しみも充足感が高い。
『南総里見八犬伝』が執筆中だったり、時代背景も興味深い。
個人的ベストキャラの法秀尼(陽月華)始め、可笑しいエピソードも楽しませてもらった。
一言で言うなら、素敵。

「べったべった、だんだん(いつもいつもありがとう)」
どの監督の作品であっても大泉洋であり、それでいてどの作品も演技が一緒とは言われない大泉洋の凄さを確認した。
出演者皆早口やから8割訳わからんかったが、出演者皆凄い人ばかりやから良かった。戸田恵梨香様に惚れた。面白かった。
>|