フィフス・ウェイブの作品情報・感想・評価

フィフス・ウェイブ2016年製作の映画)

The Fifth Wave/The 5th Wave

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:112分

2.8

あらすじ

ある日突然、圧倒的知能を持つ生命体<アザーズ>により 4 度にわたる攻撃を受け、人類の 99%が死滅。ほぼ壊滅状態となった現代の地球 で、生き残った女子高生のキャシー(クロエ・グレース・モレッツ)は、離ればなれになってしまった弟を救うため、たった一人、子供たちが拉致された基 地へと向かう。いつまた来るかわからない襲撃の恐怖と、人間に紛れ込んだ<アザーズ>により、誰が敵なの…

ある日突然、圧倒的知能を持つ生命体<アザーズ>により 4 度にわたる攻撃を受け、人類の 99%が死滅。ほぼ壊滅状態となった現代の地球 で、生き残った女子高生のキャシー(クロエ・グレース・モレッツ)は、離ればなれになってしまった弟を救うため、たった一人、子供たちが拉致された基 地へと向かう。いつまた来るかわからない襲撃の恐怖と、人間に紛れ込んだ<アザーズ>により、誰が敵なのか味方なのか分からない末期的な状況の中、旅 の途中でキャシーはある男性に命を助けられる。キャシーは彼に惹かれながらも、心から信頼できないまま、ともに基地へ向かう。 彼女は致命的となる第5の波を止めることができるのか?そして<アザーズ>を見抜くことができるのか――?

「フィフス・ウェイブ」に投稿された感想・評価

M2

M2の感想・評価

2.8
最初のSF的視覚映像は、期待させたが途中から一気にトーンダウン。続編ありみたいな終わり方で、次もなし。残念クロエ。
sellcrows

sellcrowsの感想・評価

3.5
設定や演出に関して特筆すべき点はなし、ストーリー展開に目新しい点もなし。っていうか「人間に成りすました見えない敵が紛れ込んでいるらしい」っていう設定でやることなんて一つしかないよね。
キャスト個々でみたらいいのに、内容がう〜〜んハイハイって感じ。ながら見しちゃってたからかも。兎にも角にも、ベンがタイプだった。ジェラシックワールドにも出てたらしく、確かにその時もおにいちゃんかっこよ〜〜ってなった記憶ある。
fumipen

fumipenの感想・評価

2.5
ん?
続編ありきのラスト?
あらすじ読んでも???な感じだったけど観てみたら意外と楽しめました。ごく普通の女子高生をクロエが上手に演じていた印象です。恋愛感情?が絡んできたあたりは、SFという事を忘れそうな程チープな流れでした。残念・・・
突如現れた地球外生命体 “アザーズ”によって侵略されていく地球を、はぐれてしまった弟を探し出そうとする少女(クロエ・モレッツ)を描いた作品。

始めに言わせていただきますと、
実は…クロエ・モレッツ苦手なんです…。
日本の石原さとみと並ぶくらい…。

人間 得手不得手はありますでしょ⁉︎
お好きな方も、そこのところは大目に見てくださいませっ💦

とまぁ話は戻しまして、本作品
設定に関しては描き方次第でいくらでも面白く成り得ると思うのだが、いかんせん描き方が悪過ぎた。

地球外生命体から攻撃を受けているというのに、リアリティさを感じることが一切できなかった。

どこかで観たよなシーンや設定に「それ程 予算なかったのかよ…」と思ってしまったが、実は裏話、制作する時点において
撮影地に対し、撮影終了後には損害を全て補償することを約束したうえで、映画の舞台となる通り一帯を作品に合わせた景観にするべく建物の損壊やバスの爆発を行った…とあったので、予算無くなるのも納得。

まぁ、感想を一言で言うと
「お前ら(地球外生命体)、明らかに人間より知能も戦闘力も高いだろうに、なに
チンタラ面倒臭い手段使って地球征服しようとしてんだよ〜」と突っ込みたくなる様な、構成も、アクションも、恋愛も、人類愛も どれもが中途半端な感想を持つ作品だった。

Maiko

Maikoの感想・評価

2.8
ありがちな設定で、それ以上でも以下でもない感じ。
クロエが出てるから見たのでまあおっけい!
akM2

akM2の感想・評価

1.3
2018#155
>|