villjobba

ドクター・ストレンジのvilljobbaのレビュー・感想・評価

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)
4.0
観る気あまり無かったけど、予告のインセプション感に惹かれて映画館へ。
すごかった!これは映画館で観なければいけないやつだ!
インセプションの名を挙げたということは、そういうことです。映像が凄まじかったのです。

それほど期待していなかった故、何の情報も頭に入っていない、原作も当然知らない。
キャストも、主演のベネディクト・ハンマーパンチさん以外は知らない状態。
そしたら、ヒロインはレイチェルマクアダムス(驚く時のリアクションがチョー可愛い)だし、悪役はマッツミケルセン(魔法使いっぽいって前から思ってた)だし、師匠はなんとティルダスウィントン!!
師匠、EDを観るまで正体に気付かなかった。フュリオサのごとく坊主だし、しかももうすぐ還暦の女性だというのにナゼあれほどにも美しいのでしょう。威厳もすごかった。中盤、助けに現れた時の最強キャラ感。ヴォルデモートに襲われるハリーを守りに来たダンブルドアのような威厳。
レイチェルマクアダムスももうすぐ40歳には見えないんですが……完全に20代。

そして、何より主演のパナソニック・ポリスビッチさんの好感度も急上昇!
今まで濃い顔のシャーロックホームズの人って感じで良いイメージ無かったけど、普通にイケメンで男らしくて演技も良い素晴らしい俳優さんでした。今までごめんなさいウェリントン・ビーバーカットさん。

本作最大の見どころである映像は、最初から最後まで焦らさず見せまくってくれるのがサイコー。
街中での戦闘シーンは何が起こってるのか分からない(誉め言葉)し、精神世界で肉弾戦とか、まるでジョジョを実写化したようなカッコ良さ。
魔法そのもののヴィジュアルも気に入った。カッコよい魔法陣とか武器と出して肉弾戦!ハリポタよりコッチの方が好み。
一般に魔法と聞いてイメージされるハリポタやFFのような西洋感から離れ、派手なジェダイみたいな感じの東洋風魔法になっているのが個人的にツボ。インドとかネパール行きてぇ。
最近、米映画における中国の存在感がスゴイ。この調子でどんどんカッコ良いアジア人をポピュラーな存在にしていって欲しいものです。

また、味方陣営と敵陣営の間で繰り広げられる思想が、勧善懲悪でないところが個人的に好き。
マッツミケルセンの野望も説得力があって分かりやすく、我儘でないので、善悪では判断できない。味方陣営もまた同じ。その間で揺れ動くドクターストレンジ。イイネー。

ストーリーに関しては、すごくシンプルなのに満足できた。
また、恋愛シーンに全く重きを置いていないところが良い。主人公が医者という設定も最大限に生かしていた。

映像、魔法のカッコ良さにはただただ圧倒されるばかり。
しかもキャストも最高。
映画館で観るかDVDレンタルするか迷ってる人は、何が何でも映画館で観てほしいとオススメしたい、キモチイイ作品でした。