ドクター・ストレンジのネタバレレビュー・内容・結末

ドクター・ストレンジ2016年製作の映画)

Doctor Strange

上映日:2017年01月27日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

傲慢で天才的な外科医でありながら、不慮の事故で両手の機能を損なわれ、全てを失ったスティーヴン・ストレンジ。絶望の淵にあった彼が最後にたどり着いたのは、人知を超えた“魔術”の力。自分の手を治すために魔術の修行に励む中、しだいに強大な敵との戦いに巻き込まれていく。しかし、医師として人の命を救うことへの誇りを持つ彼は、敵であっても人を傷つけたくない。医師ゆえに敵ですら傷つけられないということに葛藤する…

傲慢で天才的な外科医でありながら、不慮の事故で両手の機能を損なわれ、全てを失ったスティーヴン・ストレンジ。絶望の淵にあった彼が最後にたどり着いたのは、人知を超えた“魔術”の力。自分の手を治すために魔術の修行に励む中、しだいに強大な敵との戦いに巻き込まれていく。しかし、医師として人の命を救うことへの誇りを持つ彼は、敵であっても人を傷つけたくない。医師ゆえに敵ですら傷つけられないということに葛藤する彼は、いかにして世界を守るのか?

「ドクター・ストレンジ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

映像やばい!綺麗!
ヒーロー!強い!ではなく
ちゃんと魔術師らしい手段を駆使してて好き

ストレンジ先生ツンデレすぎて笑う
回転するパズルの様に動く美しい背景をもう一度3Dで体感したい
チャーミングなストレンジ先生は何度みても良いものです

タイムストーンやっぱ最強じゃない?
まあまあという感じ。カンバーバッチとマッツを見るために観た(笑)マッツは何であんなに悪役が似合うのか。最後はモヤッと終わったけどまあ、そういうもんなんだろうな。
ティルダ・スウィントンはこういう
なんとも言えない特殊な役(人間離れした)が合うよね。
ビルが逆さまになったり回転するシーンが大迫力。ファンタジー小説が好きな僕としては、魔法陣や魔法のマントなど狙い撃ちにされた気分だった。
特典映像のチームソーが観たくてレンタル
なかなかにCGって感じ わざとCGぽさを残してるのか
車で事故って手をダメにするシーン、原因がちょっとした脇見運転のせいっての良かったな
マーベルシリーズ制覇計画その14
傲慢だったドクターが、エンシェントワンの教えによって生きる目的を悟っていく。

モルドが別の道に進んでしまったのが悲しすぎて、、
エンシェントワンの
Just I would like watching snow...
のシーン、モルドにも見ていて欲しかった…
どこのサイトにもこの感動セリフ載っていなくて、聞き取ってる英語合ってるかな…

結果学び:人は変わる。
思っていたより全然面白かった

たまたまこれを観る前日に友人が12次元やら多次元,パラレルワールドなど量子力学の解釈について熱弁していたので,作中で近い言葉が出てきた時は「ん…?」っと思ったけど…

似たようなワードがやたらと出てくるので少し興味を持って量子力学についてぐぐってみたところ,二重スリット実験やシュレーディンガーの猫など…どこまで真実かなどは分からないけど,仮にこれらの話が真実ならかなり興味深いな…と思う話が出てきた

逆に本編よりもこれらの量子力学の実験の話の方が面白かったわけだが…とりあえずドクターストレンジはこの量子力学を参考にしているという事はわかった

またドクターストレンジが装備していたアガモットの目というのが緑色のインフィニティストーンだとわかり,あちこちに伏線仕掛けてるなぁ…と

そして,どうもマーベル作品は全部入れてるのか…と思うくらい毎回あるけど,本作もやはりスタッフロール時にソーが出てくるというエピソードが挟まっている
さらにスタッフロール後にはモルドが…
魔法がアントマンの描写と同じだったのがなぜか気になる
マーベルっぽくはない気がする
ドクターストレンジが今後どう活躍するか楽しみ
再挑戦。以前見たときは集中力が持続しなくて…あれはなんでだったのかな…アベンジャーズIWを見て、ああ、彼は社長と対立するくらい不遜なキャラなんだな、と理解して、改めて見ようという気になれた。

吹替版だと、レイチェル・マクアダムスの可愛さが二割増しくらい。小野大輔さんの声は小野大輔さんの声にしか聞こえなくて。なんとも。樋口可南子ボイスのティルダ・スウィントン、井上和彦ボイスのマッツ・ミケルセンは、味わい深いものがありました。

たぶんこう、60年代? ヒッピーカルチャー、大麻とか薬物でぶっ飛んだり、サイケデリックな世界観なんだな? と思って、クスリでトリップしたり幽体離脱するカルト宗教と結びつけたり、ネパール・カトマンズ、エベレスト付近での精神修行、チベット仏教を思わせる衣装、東洋趣味的な部分と、専門用語多めなあたりが、初見時はイマイチ性に合わなかったのかな…などと思った。好きな題材のはずなのにな?

3Dで映画館で見なかったことを強く後悔してたんだよね、未だに、貴重な映像体験をする機会を逃した…感がある。

師匠のエイシェント・ワンに物足りなさがあって…うまく言えないんだけども。

めちゃくちゃ勉強できるし、意外とドクターとしてのプライドがある、人殺しを躊躇するヒューマニストなストレンジ氏には好感を持てた。
ただやっぱりヒロインのレイチェル・マクアダムスにあんまり興味を持ててない…かな。
>|