masayaan

名もなき塀の中の王のmasayaanのレビュー・感想・評価

名もなき塀の中の王(2013年製作の映画)
4.0
海外の批評では死ぬほど絶賛され、日本での公開は1年以上の時間差があった本作、地元の映画館の上映を逃しませんでした!

題材とするといわゆる「刑務所もの」で、そこから想像されるいくつかのトラブルは既視感ありつつもリアリズムに徹した作りで演出され、ぐいぐい引っ張ってきます。

野犬のように暴れる青年は成長可能なのか。音楽も台詞も少なめで没入度は高めです。撮影は『ウィンターズ・ボーン』の人だとか。画面の至る所に忍ばされた「格子」にも注目!