トランスマスター

名もなき塀の中の王のトランスマスターのレビュー・感想・評価

名もなき塀の中の王(2013年製作の映画)
2.0
少年院から刑務所へ移送された一匹狼の若者が、自分の父親と同じ刑務所にて保護されながらも刑務官や刑務所を牛耳る大物に対しても牙を剥いていく獄中ストーリーです。

◆良い点/注目ポイント
・入所早々カミソリの改造やそれを隠す方法などアイデアに感心します。
・UKの刑務所が舞台なので収監されている人種がハリウッド映画と違います。
・親の子への無償の愛がテーマです。

◆改善点
・脱獄や人種間のグループ闘争もなく獄中の危険の要素が少ない印象を受けます。

◆総括
・全体として起伏の少ないドキュメント作品のような静かな映画でした。