クリ

博士と彼女のセオリーのクリのレビュー・感想・評価

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)
3.7


生きていれば、何かを成し遂げることはできる。


だから、生きなければ。


そう思いました。博士のような素晴らしい発明はできないけど、生きていれば誰かに何かを伝えることはできるし、自分で新しい何かを発見したり、新しいものと出会えたり


どんなに辛いことがあっても生きていれば素晴らしいこととたくさん出会えるのだと。


そして、そんな人生に誰か一人そばにいて見守ってくれる人がいるだけで心強く、そして自分らしくいられる。


そんな素敵な物語でした。


全体的に、メリーゴーランドのようにゆっくりと淡々と進んでいくので退屈になっちゃうんだけど、それが良いと思えるんだなぁ。描写や風景や音楽が綺麗だからかな?!


ゆったりしたい時に見るといいのかも。