TSUBASA

博士と彼女のセオリーのTSUBASAのレビュー・感想・評価

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)
3.9
日を跨いでますが
本日最後の7本目(笑)

いやあ、これはなかなか
いろいろ考えさせれた映画
で、かなり良かったです。

まず主演のエディ・レッドメイン
演技うますぎます。
本物かと思った(笑)

これは単なる感動ラブストーリー
ではなく、世界最高の頭脳を
もつ一人であろう物理学者
スティーブン・ホーキングの
自伝です。

僕も名前と何者かくらいしか
知りませんで、ALSが原因で
ああいう感じになっていたのかとか
その前の話なんて知りませんで
したし、非常に勉強になったと
同時に、いろいろ考えさせられる
映画になりました。

これは妻のジェーンからの
目線で作られているそうです。
なので中盤のジョナサン?
とのやりとりとか美化されてる
かもしれませんが
(あれ相思相愛っぽいから
何もない方がおかしいw)
いずれにせよ良くできていたかと
思います(*^_^*)

結論からいうと
最後は離婚してるのですが
最後の時が遡る映像が
特に良い。人間の人生を
振り返ってみて、様々な物が
有機的に繋がって今に至るん
だと、、このシーンで0.2ポイント
程加算したくなりました(笑)

ブラックホールの話など
難解な話がでてきますが
そこわかんなくてもいけますし
(僕ももちろんわからなかっ
たですし)
むしろ『ソーシャルネットワーク』
のほうが早口で難しかった
印象です( ^ω^ )

涙物しんみりストーリーでは
なく、いろいろ考えさせられる
自伝として見ていただければ、、

最後に、、毒を吐くと、、(笑)
人間辛い状況になれば浮気
してしまいまっせ。
てことですな(笑)