mato

博士と彼女のセオリーのmatoのネタバレレビュー・内容・結末

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)
3.3

このレビューはネタバレを含みます

ホーキング半生の物語。

ジェーンの結婚への決意は、その時の勢いだけだろうと思ったけど、彼が危篤状態の時懸命に処置を訴える彼女を見て、こりゃ本当の愛だなと知った。

最後ジョナサンに走るのは仕方ないかな。きれいごとで片付けられない。そこまでよく耐えたと思うし。

彼らの三角関係は不思議。仲がいいんだか悪いんだか。一つ間違えば亀裂につながるギリギリな関係は見てて面白かった。

ホーキング役の体当たり演技がすごいね。本当に成り切っていて、よく動作を研究してる。

教授(デヴィッド・シューリス)をどこかで見たようなと思ったら、ハリポタのリーマスでした。