博士と彼女のセオリーの作品情報・感想・評価

博士と彼女のセオリー2014年製作の映画)

The Theory of Everything

上映日:2015年03月13日

製作国:

上映時間:123分

3.8

あらすじ

「博士と彼女のセオリー」に投稿された感想・評価

ビッグ・クエスチョンを読んでから、これを観ました。演技凄すぎた。
くま

くまの感想・評価

4.2
なんでエディはあんなに演技が上手いんだ?天才か
Nerisho

Nerishoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

綺麗な話かと思ったら、凄い人間くさくてうまくいかないこともあって。
なんでこうなってしまうんやろうって。
でもホーキングが「生きてるだけで希望はある」って言うから。こんな説得力のあるものは無い。本人しか計り知れへんものを乗り越えた上での言葉やから。
もっと視界を視野を広げないとって思った。
レッドメインはすごいわ。
マジで。
個人的に大学からの親友の表情めっちゃ好きやった。
エディの演技力に脱帽。前回見たのはトランスジェンダーの役、その時もエディに感心したから今回も期待していたけれど。今回は実在のホーキング博士、ALSを患ってるという、相変わらず難解な役を演じるなと思ったけど、期待を超えてくれた。

ダンサーに体の動かし方を3ヶ月みっちり習ったり、実際のALSの人を見て動き方を研究したりしただけあって、指の先、瞬きの仕方、徐々に呂律が回っていかなくなっていく感じ、細部にまで神経が宿っていた。演じているとは思えない。序盤のコップを掴みそびれてしまうシーンは伏線。その演技も自然体そのものだから注目して細い。

特に、ALSが発覚してから徐々に足の筋力が失われていくシーン。杖が1本必要になって、次に2本必要になって。その時の歩き方、足の動かし方が凄かったんだ。実際にALSの人をこの目で見たことは無いけれど、感動してしまった。

奥さんも、残り2年と言われたホーキング博士に添い遂げると決めて、3人の子供の面倒を見ながら介護するっていう、なんて心が強いひとなんだと思った。


欲を言えば、人間らしいところをもっと色濃く描いて欲しかった。男女の仲だから色々あると思うけど、(実際あったらしいけど)省かれていたから、私としては惜しい感じ。
Kaorinon

Kaorinonの感想・評価

3.6
エディが素晴らしい!これはもう、ホーキング博士そのもの!こういう系の話は途中で先が見えちゃったりするけど、最後まで飽きずに入り込めました😊気持ちは分かるけど、ジェーンが少し残念😓 WOWOW録画
an

anの感想・評価

3.5
驚きの実話。
病気で余命2年と言われても、そこから付き合って結婚するジェーンの覚悟、病気が進行していく辛さにも負けずに立ち向かうジェーンの表情が逞しかった。
介護もしながら育児もして、奥さんの負担が大きかっただろうな。
最後のほうの展開には驚いたけど、実話ならではだし、綺麗事ではうまくいかないんだろうな。
minami

minamiの感想・評価

4.3
前情報なしで鑑賞。
エディが出てる作品が観たくてよくある恋愛物語だろうなーと思いながら軽い気持ちで観たのですが
病気の難しい役を熱演するエディ‼︎その演技力にどんどん引き込まれていきました‼︎

難病ASLと闘いながらこういう愛の形もあるんだと複雑な気持ちになりましたが
やっぱり明るくユーモラスに生きるって大事だな♪って思いました。
そしてこの物語が現実に起こっていることだと最後に知りとても説得力のある映画でした‼︎
何度言っちゃうけど、エディの演技力すごい‼︎
naf

nafの感想・評価

3.5
大きなハンデを抱えながら、世界的な業績を残したホーキング博士の伝記。驚きなのは、あんな状態なのに子供が3人も作れたってとこかね。あっちは別なんだって言ってたけどその通りらしい。
一生博士を支える覚悟で結婚し、献身的にサポートしてきたジェーン。大きな愛がなければできないことだけど、やっぱり最後は疲れちゃったのかね。自分の人生もあるし、看護婦にバトンタッチしたのは正解だったのかも。どっちの再婚相手も好感のある描かれ方をしていた。誰も悪くないもんな。ただホーキング側はどう考えてたんだろう。ジェーンへの愛が消えたとは思えないが。
フェリシティ・ジョーンズが、甲斐甲斐しい役どころも相まってすごーく可愛く見える。
ここ数年観た中で一番良かった
>|