kevin

ストレイト・アウタ・コンプトンのkevinのレビュー・感想・評価

4.0
1980年代、まだ人種差別が激しかったアメリカで伝説的なヒップホップグループ「NWA」が誕生した…。


実話を基に作られたNWAの結成、隆盛、栄光、亀裂、その後を画いた作品。
ドレーやキューブ本人がプロデューサーとして関わっているので本人たちの想いも入っているのだろうか、とてもよかった。

洋楽はまったく聞かないしラップもわからない。しかもギャング的な映画はどちらかというと嫌いじゃないけどいまいちなことが多い…こんな僕でしたがこいつは熱い!
NWAのヤロー達の愚直なほどのまっすぐな生き方が圧倒的な魅力を出している。
必死にもがきながらも前へ進むことをやめない男たち。この生き方しか俺たちにはない。だからこその決別や葛藤などの心の動きがグッとくる。

一番の見処はとにかく彼らの生き方。かなり熱く揺さぶられる。