ワンダーよにだ

ストレイト・アウタ・コンプトンのワンダーよにだのレビュー・感想・評価

3.8
内容はドロドロで危険ながらも、作品自体はとても真面目な良作!

伝説的ヒップホップグループN.W.Aの伝記映画な今作、アメリカではトムのM:I.5を抜いてヒットしちゃい、今年は音楽映画が豊作なのでヒップホップに全く興味無けど鑑賞〜。
N.W.Aって誰やねんっていうわたしが見ても、前評判通り良作でしたよ!

社会現象になるほど悪評高いギャングのグループのイメージがあったんだけど、メインボーカルのE以外はみんな経歴も真面目な奴っていうのがちょっとびっくり。
だからこそ、黒人てだけで不当に扱われる現実の不満をぶちまけているわけで、
そこら辺が細かく丁寧に描写されていて、すごくわかりやすかった。

長い上映時間もあっという間で、音楽の使い方も良かったんだろうなぁ(歌詞わからなければ全部同じ曲に聞こえたけど…。)。
でももっとセンセーショナルな成功の感じがあっても良かった気がするなぁ。
常識だからそんな描写はいらないのかな?

ラストに実物のメンバーの写真が出てくるけど、本当にそっくり!!
1人は息子が出てるんだけど、それ以外のメンバーもそっくり!凄い!
でも実話ベースの作品なので、そこまでエンタメ感はないかも。音楽がそこまで好きでもないので個人的には良作止まりでした。

でも1番印象に残っているのは、来てた客層ですよ!!
渋谷パルコになぜか、キャップを被ってぶかぶかのパーカーを着た集団が!!
こんだけ揃うと笑っちゃう笑
ピッチパーフェクトやちびまる子ちゃんの予告では超ザワザワしてたのに、本編始まると急にシーンとなったのが逆に怖かった笑

でも帰りのエスカーレーターで強面のお兄さんが「俺泣いちゃったよー」って言っててキュンときました。
(´-`).。oO(コレがギャップ萌えか。)