田中田中

ストレイト・アウタ・コンプトンの田中田中のレビュー・感想・評価

4.5
追記
極上音響上映キタ∩^ω^∩
爆音でもいいくらいだけど待望の企画。とりあえず再見確定。2/6から上映予定。
http://cinemacity.co.jp/wp/ccnews/soc_goku-on/
ここだけの話、マッドマックスやガルパンと違い、この手の新宿や渋谷ではめっちゃ人入るのに、な映画、例えばグリーン・インフェルノやナイトクローラー等シネマシティでは早めに上映終了した経緯もありまして笑、早めの鑑賞をお勧めしますし、自分も早めに行かないとです。ガルパン極爆変わらず盛況ならハシゴ出来ていいんですけどね。
(追記終わり)

レコードが散らばった部屋で寝そべるドレが聴くEverybody Loves The Sunshineが劇場で響いた瞬間からテンションガン上がり、傑作キタ感に(チョロい)。
https://m.youtube.com/watch?v=HRMiP4WJ_no

エンドロールの使用楽曲クレジットのまあ長いこと。Pファンク多い。あんなにパーティでかかるものなの? ヒップホップとその元ネタ定番曲を映画館の音響設備の大音量で聴けるのは最高。やっぱキックとベースが腹に響くの単純に快感なんですよね。

近い映画に『ジャージー・ボーイズ』があると思いますが、こちらの方が圧倒的に好みなのは完全に音楽の好き嫌いですな。

しかしなんと言ってもライブシーンが至高。観客の熱量も伴った爆発的ライブ。Fuck The Policeがあんなにも盛り上がるのは来ている客にも共感があったんでしょうね。
レコーディング途中に食事がてら外出するや警官がワラワラ寄ってきて、もちろん犯罪行為もそれを匂わせるような危険な行為も一切行なっていないにも関わらずですよ、地面に這いつくばらせ、後ろで手を組まされる。こんな屈辱がありますかね。
そんな社会、私的には理解を超えるもので、警官の行為に対しアンチな声を上げるのは至極真っ当な表現と思います。

その辺りも、後半にネタバレあるのが注意ですが、ストレイト・アウタ・コンプトン、町山智浩でググるとたまむすびの文字起こしがヒットしますので参考に。

不満を挙げるなら伝記映画の常なのか、時間経過が速すぎてストーリー展開がざっくりに感じてしまうのと、『ショート・ターム』で切なく印象的なラップをしていたキース・スタンフィールド演じるスヌープの出番が少なすぎだったこと。後者は続編に期待したいところ。