1SSEI

ストレイト・アウタ・コンプトンの1SSEIのレビュー・感想・評価

3.5
なんだか盛り上がっている一本ということで見てきました

本当はクリード見てやろうとか思ったんですけど、僕 今までロッキーを通らずに来た超ロッキー弱者なのでね…
本当はロッキー全作見たいんですよ?だが、いかんせん時間がない‼︎

まあ、いいんだ
こっち見てよかったよ‼︎

2016年ギャングスタ映画ランキングをつけたら圧倒的1位でしょう‼︎
溢れんばかりのギャングスタ感‼︎

どんくらいギャングスタかと言えば、お隣にギャングスタ感溢れるお兄さん2人組がお座りになって、映画始まる前からギャングスタ感ビンビン

そして舞台は世界一治安の悪い街サウス・セントラルのコンプトン
本当におそろしい街…
この前、オードリーの春日が行ってましたけど、絶対にあんなノリで行っちゃだめだよ…

サウス・セントラル発のギャングスタラップの始祖N.W.A
彼らの伝記映画なのですが、

意外や意外
あまりギャングは出てきません

メンバーのイージー・Eは元ギャングではありますが、ギャングが直接絡んでくるシーンはほぼない
N.W.Aもイージー・E以外はみんなギャングでもなんでもない普通の人ですからね

ギャングは出てきませんが、代わりにN.W.Aが立ち向かうのは警察。

黒人というだけで暴力を振るわれ、理由もなく逮捕される、度を過ぎた越権行為。
ある意味、同じサウス・セントラルを扱った作品でも警察たちがギャングの抗争の中で命を落とす「エンド・オブ・ウォッチ」とは正反対の作品ですね

そんな権力に対し、彼らは戦いを挑む

“Fack the Police”なんていう不謹慎極まりない曲が、実はあんなにかっこいい歌だったなんてな…
あのシーンは胸が熱くなりました


そしてその後は仲間たちがバラバラになっていく様が描かれます
盛者必衰の理ってこれのこと
このあたりはなんか「ジャージー・ボーイズ」を連想しました

あの時こうしてれば…
そう思ったときにはもう遅い

しかし僕はそれと同時に、後悔ができるって素晴らしいなって思うんです。後悔ができるってことは、過去の自分とは違うということですから。

悲しい終わりかもしれませんが、残された者たちには新しいなにかを残したエンディング

N.W.Aなんて知るはずもない世代の自分も、あのエンディングと、エンドロールのアイス・キューブとドクター・ドレの名前で胸が熱くならずにはいられない

最後にちょっと言うとすれば、イージー・Eがダウンタウンの浜田に見えました