MASAYA

ストレイト・アウタ・コンプトンのMASAYAのレビュー・感想・評価

3.5
これは想像以上に強烈な一作。

カリフォルニア州のコンプトンという危険な街から生まれたN.W.A.というグループの栄枯盛衰を描いた伝記映画。

黒人差別をはじめ、日頃の不満や思いをのせた彼らのラップは社会現象になるくらい大流行をするが、ビッグになるにつれ亀裂が生じることに。
メンバー通しの不和、マネージャーによる利益の搾取、納得のいかない契約。問題ばかりが起こり、ついにグループは解散に……

こういう社会問題が背景にある映画は好きです。警察の不当な取り締まりに観ていて、怒りを覚えました。それでも警察の力に屈せずに自分達のスタイルを貫き通す姿には勇気をもらいました。

『セッション』以上に放送禁止用語が連発でも、こっちの方が黒人がナチュラルに叫んでいるだけなので汚さや嫌らしさはそれほど感じませんでした。彼らにとってはただの日常語といった印象。

147分とかなり長めですが、だらだらとしている部分はなく普通に楽しめるはずです。

ちなみに自分はシネクイントで観たのですが、前情報通りストレートな格好の人ばかりでした。

2015.12.26