mimitakoyaki

ストレイト・アウタ・コンプトンのmimitakoyakiのレビュー・感想・評価

4.0
昨年後半はやる気出ん期到来で映画館にも足が向かずでしたが、反省し、今年はやる気出していこうという気持ちになりまして、仕事休んで人間ドックの後に映画館行くぞー!とはりきったのは良かったんですが、明日は映画♪ってワクワクし過ぎて前の晩に全然眠れなくて寝不足状態で見ちゃったもんだから、ほんまにはじめの肝心な所とか、何回もウトウトしてしまって、気づいたら「Fuck The Police」やるよーってとこまで行ってて、不甲斐ない自分を呪いました。

そんなこんなで後半からしかちゃんと見れてないのでアレなんですが、ラップ知らん、NWA誰それ?という無知なあたしでも、あまりにも濃密で激しい彼らの人生に衝撃を受けたし、生まれた場所や肌の色で差別され虐げられてきた者が、その怒りと不条理を音楽を通して、自分達の生存をかけて闘う生き様に圧倒されました。

ただの激しい怒りや過激さだけでは、ここまでの影響力やムーブメントにはならないわけで、人の心を捕らえるだけの言葉やリズム、音楽、パフォーマンスのセンスと才能があってこそ。

今では考えられないようなあからさまな人種差別や人権侵害があった80年代、暴力とドラッグと貧困、差別が蔓延るディストピアのような街に生きながら、時代を掴み、変え、新しいものを生み出すパワーと、危機的な状況にも屈せず対抗する強さ、一度は仲違いしたメンバーどうしの信頼と絆、短く濃密な時間を駆け抜けたエリックの壮絶な人生…
さらには圧倒的なライブパフォーマンスも、すべてに衝撃を受けました。

前半を見逃したあたし、バカバカバカーーッ!
もっかいはじめからちゃんと観たい、そして、寝不足アカン。

2