an0nym0us

ストレイト・アウタ・コンプトンのan0nym0usのレビュー・感想・評価

3.8
暴動が起きた原因は彼らの音楽じゃない。
彼らは虐げられた人々の心を代弁しただけ。

扇動されたのだとしたら…
その火種を撒いてるのは誰?

ただ肌の色が違うだけで、ただコンプトンの生まれというだけで、ただ立っているだけで…ボンネットに押し付けられる。

警棒で殴られ、痛め付けられる。

国家権力の与える不条理。抑圧。暴力。
それが彼らの日常。

Fuck the Police!

彼らは声を大にして訴える権利がある。

俺たちは人間だ!
そう喧伝する権利が、誰にだってある。

私の好きなRage against the machineにも同じようなエピソードがあります。彼らの音楽もポリティカルなアジテーションを色濃く感じさせる。

暴動を起こしていいとは言わない。
でも、そこまで追い詰められてる。
社会がクソッタレだから起きてしまった。

虐げ、恐怖で人を従わせる。
人々に不満を溜め込ませれば爆発するなんて…火を見るよりも明らか。

そんな苦々しい時代を背景に、音楽でのし上がっていく…時代の寵児たち。
アメリカン・ドリームに付き物の失墜と喪失、そこからの再生と抗えない別離…成功の輝きの裏にある暗闇。

彼らは言いたいことを言い続けた。
だからこそ、後世にまで影響を与えるフラッグになったんでしょう。

どれだけ抑圧されても、自分を主張する事の大切さ。世界との向き合い方、反面教師としても…学ぶべき姿勢を見せてくれました。

私の好きなジャンルではないですが…
魂を熱くさせる音楽は最高にカッコいい。