• Filmarksトップ
  • ストレイト・アウタ・コンプトンの感想・レビュー

ストレイト・アウタ・コンプトン(2015年製作の映画)

Straight Outta Compton

上映日:2015年12月19日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:147分
    監督
    F・ゲイリー・グレイ
    脚本
    アンドレア・バーロフ
    キャスト
    コーリー・ホーキンス
    オシェア・ジャクソン・Jr
    ジェイソン・ミッチェル
    オルディス・ホッジ
    ニール・ブラウン・Jr
    ポール・ジアマッティ
    キース・スタンフィールド
    あらすじ
    1986年、アメリカの最も危険な街コンプトンで暴力的なほどにストレートなリリックをハードコアなビートにのせ、日常に感じるフラストレーションと怒りを吐き出していた5人の若者たち。彼らにとって音楽と才能は最大の武器だったー。リリック、プライド、虚勢、そして才能という武器で戦う反逆者たちが、自分たちを抑圧する権力者たちに立ち向かい、世界で最も危険なグループといわれたN.W.A.を結成するに至った真実の物語を描いた作品だ。誰も声をあげることのなかった真実と、スラム街での日常を赤裸々に語った彼らの叫びは社会現象を巻き起こし、今なお多くのアーティストらに影響を与え続けている。

    「ストレイト・アウタ・コンプトン」に投稿された感想・レビュー

    てくのすけ
    てくのすけの感想・レビュー
    2016/01/17
    4.0
    ヒップホップは全くの門外漢ですが観賞後の電車でN.W.A.のアルバムをノリノリで聴きまくっちゃうほど面白かった。カッコいいし熱いし泣ける。ギャングスタ・ラップの歴史を紐解きながら、前だけを見て走る男たちの失った「あの頃」に泣く。

    アイス・キューブは元ラッパーとだけ知ってたけどあんなトンがってたのね。そっくりだと思ったら実の息子なのか!警官隊ガン無視でのF**k the Policeにはカッコよすぎて涙。ほんの8年間ながら熱くて過酷で残酷な青春が強烈。
    koyo
    koyoの感想・レビュー
    1日
    4.3
    あの伝説のhip hopグループのNWAの、結成から解散までを描いた映画で、かなりアツい内容でした!
    NWAと言えば、Dr. Dre、Eazy-E、Ice Cubeがメンバーにいて、その後の2pacやスヌープ、エミネム、50centなんかとも関わりが深い西海岸のギャングスタラップグループですね。NWAは、Niggaz Wit Attitudesの略で主張する黒人たちという意味です。

    今だに、続く黒人差別をモロに受けて育った彼らは、薬の売人なんかを経て現状を変えるため、世の中に真実を発信する為に、グループを結成します。

    NWAの、過激で暴力的な歌詞は、同じ境遇の黒人達に、予想以上に受けてグループは一気にストリートからのし上がっていきます。

    特に、警察からの不当な暴力を訴えた「Fuck the police」はFBIから危険視され、グループ自体が取り締まり対象になっていくほどに、黒人達から支持されていきます。
    この、映画で1番アガったのは、警察の前で「Fuck the police」を歌うシーン。これは、最高でした。Ice Cubeカッコ良すぎだし、息子似過ぎ笑 (あと、ドイツのスラッシュメタルバンドのソドムが同名の曲を発表してるけど、何にもないのは知名度の問題なのか?)


    しかし、グループがスターダムを駆け上がっていくと同時に、メンバー間の契約やマネージャー、お金の問題でIce Cubeが脱退します。
    その後も、Dr.Dreが同じ問題で脱退。NWAは、音楽とは、関係ないところで崩壊をしていきます。その後は、元メンバー同士でdisりあい、人間関係も最悪になっていくところで、Eazy-Eの体にある異変が起きる……

    ラストは、わかっているけどグッとくるものがあります。同じ志でやってきたのに、音楽業界の汚い大人達やギャング達に、振り回され壊れていったメンバーの絆。もう少し早く気づいていれば、伝説的なアルバムをもう一枚聴くことが、出来てたかもしれない。そう思うと、とても残念でならない。

    それにしても、ブルースといいヒップホップといい黒人差別から生まれていく音楽が、世界に影響を与え、数々の素晴らしい音楽を作っているというのは、なんとも皮肉な話しだ。
    あさひ
    あさひの感想・レビュー
    1日
    3.5
    こんなにもファック、マザーファッカーという映画はあったのだろうかというくらい何回も聞く。笑
    アメリカの貧困が激しい地域らしい、酒、薬、女と音楽。常に対でいるものなのかもしれない。
    気晴らしに観ると面白い映画でした。
    夜鷹inoue
    夜鷹inoueの感想・レビュー
    1日
    3.5
    ドクタードレー あ ビーツの人ね
    ぐらいし知らないけど結構楽しめた。
    ただやっぱり彼等を知らないから
    ドレーとアイスキューブ以外のイージーEとかは2人の才能に漬け込んでお金儲けしてるようにしか見えなかった。
    YukiOchiai
    YukiOchiaiの感想・レビュー
    1日
    4.0
    音楽、思想、文化、政治、家族友人愛など、多くの要素がうまく詰まっていて、かつ実話。パワーのある作品。
    task
    taskの感想・レビュー
    2日
    3.5
    ギャングスタ・ラップ聴いてノスタルジアに浸りたい人向け。取り敢えず曲は全部オラオラで女性蔑視入りまくっていてどうしようもない鬱憤溜まってる人向け。ビートはDreがどれだけオタクかを楽しむためにある。因みにストーリーは個人的に胸熱というところなし。部分的にはあるけど。LA暴動とかの背景知ってたらより楽しめるはず。ゲームのGTAとかやって雰囲気つかむのも良いだろう。
    YusukeKondou
    YusukeKondouの感想・レビュー
    2日
    5.0
    言いたいことは言う。
    ラップの原点は言論の自由。
    ストリートの重要さというか、突っ走る姿勢にシビれた。
    Mamorinko
    Mamorinkoの感想・レビュー
    3日
    3.9
    金女金金酒煙草女薬そして音楽

    ギャングスタラップの価値がわかるようになる映画
    ラニーノーズ山田健人
    ラニーノーズ山田健人の感想・レビュー
    3日
    5.0
    愛すべきヒップホップ・レジェンド!!
    実在したNWAの伝記
    怒りの音楽がもってるパワーの熱さ激しさ格好良さ!
    ギャングスターを怯えてる人に観せたい映画No.1!!
    啓太
    啓太の感想・レビュー
    3日
    4.3
    まずこれがノンフィクションっていう事がほんまに凄い
    黒人が差別される世の中で警察も敵に回すぐらい言いたい事言いまくるNWAが最高にDopeでした。

    ちょっとでもHIP-HOPに興味あるなら絶対見たほうがいい。
    >|