ストレイト・アウタ・コンプトンの作品情報・感想・評価

ストレイト・アウタ・コンプトン2015年製作の映画)

Straight Outta Compton

上映日:2015年12月19日

製作国:

上映時間:147分

4.0

あらすじ

1986年、アメリカの最も危険な街コンプトンで暴力的なほどにストレートなリリックをハードコアなビートにのせ、日常に感じるフラストレーションと怒りを吐き出していた5人の若者たち。彼らにとって音楽と才能は最大の武器だったー。リリック、プライド、虚勢、そして才能という武器で戦う反逆者たちが、自分たちを抑圧する権力者たちに立ち向かい、世界で最も危険なグループといわれたN.W.A.を結成するに至った真実の…

1986年、アメリカの最も危険な街コンプトンで暴力的なほどにストレートなリリックをハードコアなビートにのせ、日常に感じるフラストレーションと怒りを吐き出していた5人の若者たち。彼らにとって音楽と才能は最大の武器だったー。リリック、プライド、虚勢、そして才能という武器で戦う反逆者たちが、自分たちを抑圧する権力者たちに立ち向かい、世界で最も危険なグループといわれたN.W.A.を結成するに至った真実の物語を描いた作品だ。誰も声をあげることのなかった真実と、スラム街での日常を赤裸々に語った彼らの叫びは社会現象を巻き起こし、今なお多くのアーティストらに影響を与え続けている。

「ストレイト・アウタ・コンプトン」に投稿された感想・評価

yap

yapの感想・評価

4.0
2018.01.04鑑賞。
自伝もの(故人を扱うもの)って、当事者に配慮してお上品に作られて、面白くなくなることが多々あるが、本作はそのバランス感覚が非常に良い。
中盤のNWAとして成功した際に行われていた乱交パーティの描写(乱入してきたギャング連中に銃を見せつけて追い返す等)とか見せつけられると、やっぱり犯罪多発地区のコンプトン出身の「悪そうな奴は大体友達」系の人なんだなーと改めて思う。
そして、当時の腐敗した警察と彼らのやりとりは身につまされる想いがあるし、デトロイトでの「ファック・ザ・ポリス」のパフォーマンスはこの映画のハイライトだ。
Tano

Tanoの感想・評価

4.2
自然の中の人間。
覇気、オーラが人を惹いていく。
冷奴

冷奴の感想・評価

3.5
hiphopとはを教えてくれる。
藍の字

藍の字の感想・評価

3.9
伝説のギャングスタ・ラップグループN.W.Aの結成から成功、挫折を描く伝記映画。

劇中に出てくるHIPHOPのクオリティやべえなとかアルバムのジャケ写妙にリアルだな〜とか思ってたら最後のクレジットで事実に基づいた話だとわかりました。遅すぎるだろ。

当時「最も危険なグループ」と呼ばれた彼ら、ファッキンポリスと歌ってFBIから目をつけられ、ライブで銃撃戦が起こったことがとても20年前の出来事とは思えない。日本で過ごしてると本当にわからないけどアメリカで起きてる人種差別の問題はまだまだ未解決なんだな〜と実感した。実際この映画アメリカで大ヒットしたらしいしね。

よく知らなかったHIPHOPカルチャーがちょっと知れてよかった! ラップはかっこいいね〜メーン
Kuromino

Kurominoの感想・評価

4.0
FSDなんてお行儀の良い口喧嘩に見えるほど下品で暴力的でリアルな音楽で世界を変えた男たちの話
Tao

Taoの感想・評価

3.7
ドキュメンタリーがここまでの映画になるんですか、凄。

世界が違いすぎる。修羅場超えすぎてる。
stripe

stripeの感想・評価

3.9
面白い!

2pacの映画も面白かったけど、蓋を開けてみればこっちの方が全然勝っちゃってるなと思いました
なんの差なのか。

有名なhip hop グループN.W.Aの映画。

とにかくかっこいい!
いいことも悪いことも、ダサいとこ強がるとこも
全然ひっくるめてカッコいい!

もっとこうした方が、スムーズにことが進むであろうことも絶対信念を曲げない
それがいいか悪いかは別として。

男としてかっこいい

仲間の家族が死んでみんなで泣いてる
僕にはそんなことできないからさ
すごく羨ましい。
とにかく1か10の世界
日本は5の世界だよね

大人になるにつれて曖昧な関係が増える。

5を維持して生きてく人生なんてつまんないよね
だからすごく憧れました。
kiki

kikiの感想・評価

3.6
差別、搾取、暴力、

どうだろう、周りに流されず自分の頭で考える事が大事。

楽しいからってハメを外し過ぎると余計な物までもらっちゃう…。
>|