ストレイト・アウタ・コンプトンの作品情報・感想・評価

ストレイト・アウタ・コンプトン2015年製作の映画)

Straight Outta Compton

上映日:2015年12月19日

製作国:

上映時間:147分

4.0

あらすじ

1986年、アメリカの最も危険な街コンプトンで暴力的なほどにストレートなリリックをハードコアなビートにのせ、日常に感じるフラストレーションと怒りを吐き出していた5人の若者たち。彼らにとって音楽と才能は最大の武器だったー。リリック、プライド、虚勢、そして才能という武器で戦う反逆者たちが、自分たちを抑圧する権力者たちに立ち向かい、世界で最も危険なグループといわれたN.W.A.を結成するに至った真実の…

1986年、アメリカの最も危険な街コンプトンで暴力的なほどにストレートなリリックをハードコアなビートにのせ、日常に感じるフラストレーションと怒りを吐き出していた5人の若者たち。彼らにとって音楽と才能は最大の武器だったー。リリック、プライド、虚勢、そして才能という武器で戦う反逆者たちが、自分たちを抑圧する権力者たちに立ち向かい、世界で最も危険なグループといわれたN.W.A.を結成するに至った真実の物語を描いた作品だ。誰も声をあげることのなかった真実と、スラム街での日常を赤裸々に語った彼らの叫びは社会現象を巻き起こし、今なお多くのアーティストらに影響を与え続けている。

「ストレイト・アウタ・コンプトン」に投稿された感想・評価

彼らの生き方に共感なんて全くできないけど、だからこそかっこいいのカモしれないし、音楽はいつの時代だって素晴らしい。
ファックザポリス!
Jin

Jinの感想・評価

3.8
“「主張するニガー」だ”
“ラップは武器だ。言いたいことをぶちまける”



アメリカで一番危険なギャングの街、コンプトンから生まれた、HipHop集団N.W.Aを描いた実話。

ヒップホップがそんなに好きじゃないから、そこまでわからないけど、Dr.dreとか2pacとか、有名でエミネムとかにまで影響を与えたヒップホッパーたちが出てきたから分からなくはなかった。

酒に薬に女に…ギャングスタってヤバい奴らです。言葉は汚いし、考え方も異常。
そんな街から出てきた彼らのストレートな歌詞がアメリカ中に刺さったってのは、それだけ不満が溜まってた時代だったんだろうな。
白人警官の暴行事件とかとも絡んで描かれるから面白かった。

気持ちを素直にリリックに乗せる彼らの純粋さというか、人間らしさって魅力ではある。

さすが音楽映画という感じで、音楽はカッコよかった。
ただちょっと登場人物が多すぎたかな。
長い割にテンポがいいし、あんまり飽きずに見られた。

ヒップホップ好きな人は物凄く楽しめそう。
yizumi

yizumiの感想・評価

3.9
ギャングスタラッパーたちの成功までのストーリー。2PACとかエミネムはもちろん、kendrickとかも影響受けてるって考えると感慨深い。社会に楯突くカウンターな姿勢と一人一人が信念を貫くところがあまりにもかっこいい
美ゆう

美ゆうの感想・評価

3.3
ヒップホップの歴史お勉強しましょうのお気持ちでみました
Fuck the policeでガン湧き
ヒップホップのこともっと好きになった
もっと踊りたくなった
この監督のこういう感じの作品は初めて見た。人種的なものを匂わせない人だと思っていたので意外。まあ現役バリバリなのでなんとも収まりの悪い感じなのは致し方ない。easyEに絞ってもよかったな。封じられていたものが噴出した90年代。それが色々な形で現在に繋がっている。2PACやSnoopの寄せかたも愉快。被らない娘はエンディングで漸く「EMINEM君の関係者?」と合点がいった。
Tano

Tanoの感想・評価

4.2
自然の中の人間。
覇気、オーラが人を惹いていく。
冷奴

冷奴の感想・評価

3.5
hiphopとはを教えてくれる。
藍の字

藍の字の感想・評価

3.9
伝説のギャングスタ・ラップグループN.W.Aの結成から成功、挫折を描く伝記映画。

劇中に出てくるHIPHOPのクオリティやべえなとかアルバムのジャケ写妙にリアルだな〜とか思ってたら最後のクレジットで事実に基づいた話だとわかりました。遅すぎるだろ。

当時「最も危険なグループ」と呼ばれた彼ら、ファッキンポリスと歌ってFBIから目をつけられ、ライブで銃撃戦が起こったことがとても20年前の出来事とは思えない。日本で過ごしてると本当にわからないけどアメリカで起きてる人種差別の問題はまだまだ未解決なんだな〜と実感した。実際この映画アメリカで大ヒットしたらしいしね。

よく知らなかったHIPHOPカルチャーがちょっと知れてよかった! ラップはかっこいいね〜メーン
>|