地球へ

Re:LIFE リライフの地球へのレビュー・感想・評価

Re:LIFE リライフ(2014年製作の映画)
3.9
スランプに陥った(もしくは落ちぶれた)脚本家が、人生をやり直すヒューマン・ドラマ。
ただし、お堅い映画ではなくどこかコメディ映画にも思われる。

色々(失敗も)あったが、主人公は自分を見つめ直し本当に大切なものを見つける。
しかし自ら見つめ直したわけではなく、見つめ直す環境にたまたま出会った結果、人生のシナリオを
「書き直す=The Rewrite(原題)」結果となる。
主人公はラッキーなのかもしれない。
また、主人公を支えてくれる人々、応援してくれる仲間の何気ない暖かさが良い。

本作は、少し立ち止まっている人々への応援歌である。
身に覚えのある方はぜひ観て下さい。

封切り日に鑑賞

ヒュー・グラントが出演している映画(リライフと、コードネーム U.N.C.L.E.)を偶然にも2日連続で観た。
さすがに異なるキャラクターを演じていた、素晴らしい。