ぽぴぽぴ

Re:LIFE リライフのぽぴぽぴのレビュー・感想・評価

Re:LIFE リライフ(2014年製作の映画)
3.5
「ラブソングができるまで」
は好きなラブストーリー、トップ10に入る!
この二人がまたタッグを組むのとっても嬉しい♡

かつてアカデミー賞を受賞した脚本家のキース。
しかし、それ以来15年間なんのヒット作を生むこともできず、離婚、仕事ももらえず、家の電気も止まってしまうくらいの破綻寸前の生活を送っていた。ギリギリの生活から逃れるためNYとは遠く離れた田舎の大学のシナリオコースの教師として働き始める。

生きていく中で挫折という経験は避けられないもの。
それをいかに乗り越えていくか。

ポジティブ人間ホリーも、過去に足首を怪我してダンスを挫折。
ダンスの話は軽く終わるんですが、きっとプロを目指していたとしたら、挫折を経験しているはず。

私たちの周りには沢山の自分の才能に気づくチャンスが転がりまくっているのだと思う。

自分には才能がないと決めつけてやらないでいたり、挫折に苦しんで立ち直れないでいたり...。
わたしたちって、ただただネガティブな感情にさらされ、時間を無駄にしがち...
まだ知られていない才能があるかもしれないのにもったいない日々を過ごす。

だから、この挫折の経験を踏み台にして、なんでも挑戦したり、よくわかんないけどやってみよう!っていう心がけって小学校時代から教えられてきたけれど、身をもって感じられる。とっても大事なんだなーと。

自分の才能に気づくまで時間がかかってもいい。
失敗してもいい!!
でもそこで立ち止まらないで!
いろんなことに挑戦したくなってポジティブになれる映画でした!

今回も楽しませてくれます☺︎

キースと男女の関係になっちゃうカレンをはじめシナリオコースの生徒はナイスなキャラが多い!
オースティン好きなマクゴナガルに似てる教授も最高。
特にシモンズが今作は家族の話をするとすぐ泣いちゃう役なんですが、セッションの印象が強すぎて、いつキレ出すんだ!とそわそわする。ぶーるぶる。

脚本家の話なので映画の小ネタもちょいちょい入ってきて、映画好きの方なら存分に楽しめるとおもいます!