Kitsuneboh

Re:LIFE リライフのKitsunebohのレビュー・感想・評価

Re:LIFE リライフ(2014年製作の映画)
-
まず、仕事がなくて困っているはずなのに、いざもらえた仕事は適当すぎ(生徒の選び方はFacebook、脚本もろくに読まない、ワイン飲み過ぎ)て、嫌悪感を覚えた。
こういう適当な人、ある意味めちゃめちゃヒューグラントは適役。

でも、意外とちゃんと授業やって、学生に人気の教師になって、最後は、生徒に花を持たせた上で、落ち着くべきところに落ち着いて。ハッピーエンド。

あんな風に先生に名前覚えられていたら、大学の授業ちゃんと出ていたんだろうな。
あと、自然体でいられて、頭が良くて面白い女ね。なるほど。