キラー・トーナメントの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「キラー・トーナメント」に投稿された感想・評価

Shunsuke

Shunsukeの感想・評価

1.2
出てくる車はカッコよかったよ。
銃撃戦のときはいいけれど素手で戦うときの撮り方がイマイチだったよ。。
午後ロード。
懲りもせずタイトルに騙される。

キラートーナメントっていうから、
てっきり何名かの殺し屋が一回戦準決勝決勝とトーナメント対戦してチャンピオンを決めるのかと期待してたら、凄腕殺し屋が並(一人は違う)の殺し屋を一人ずつ殺していく設定だったのでガッカリ…

でも観てるうちに徐々に面白くなってきました。
主人公はまだ若いけれど腕利きの殺し屋。
連絡役のオッサンの姪っことロマンスもあります。

一番悪い奴は腐敗警察官。
自分の部下とマフィアを使い、さらに凄腕殺し屋を雇います。

凄腕殺し屋は中国系で格闘も強い。
標的の五人のうち四人を簡単に殺ってしまいます。
五人目の標的である主人公は、最初の闘いではなんとか難を逃れます。
しかし連絡役のオッサンと、自分を殺し屋として仕込んでくれた恩人を殺されてしまいランボー(もどき)となって敵をバンバン殺っちゃいます。

クライマックスは勿論、凄腕殺し屋と決着をつけるのですが、ちょっとバトルは物足りない感じ。
冒頭からカメラワークが学生レベルでチープでしたが、最後のほうはなんとか普通のB級くらいになってました。

しかし、銃で撃たれる演出だけは何故かリアリティがありました。
また、出てくるアメ車は趣味が良い。
ニュージーランドの映画なんですが…
たぶん、監督がアメ車と銃器オタクなのでは…

主人公が全然強そうに見えないので迫力はありませんが、まあまあ観れました。
「必ず一発残しておけ。」

とある駐車場で麻薬の取り引きがされていました。ゆっくりとその場に近づく男。狙いを定めた時、違う殺し屋が撃ってきました。

中国人の殺し屋が5人の殺し屋を狙うという話です。

終始、映像が黒白の幕が貼ってあるように薄暗いです。
多いコマ割りで淡々と進んでいきます。
カメラが揺れながら動くことが多く、ジッと見つめていると酔いそうです。
アクションシーンは多いですが、いずれも単純なものに感じます。

マーシャルが殺し屋なのに悪い雰囲気が全く無く、普通過ぎる若者なのはいかがなものでしょう…中国人の凄腕の殺し屋も凄味に欠けます。

「一流の殺し屋だろ?」
shupette

shupetteの感想・評価

2.1
派手な銃撃戦をがんばる映画です。たまに、わざとお互い銃を捨てて素手で殴り合ってゴロゴロ〜とかやります。
中国人の殺し屋が「相棒」の亀ちゃんに見えるときが結構ありました。
主人公のマーシャルが無駄に強いけど、その強さの背景をもっと描いてほしかったです。
Hide

Hideの感想・評価

1.5
殺し屋が殺し屋を殺す話
「得体の知れない中国人」の殺し方が一番スマートでカッコいい。
人物に全く感情移入出来ない映画。特に彼女ね。

前半で終わりかな。中後半はダーって銃を撃っているだけ。
|<