菩薩

ムーンライティングの菩薩のレビュー・感想・評価

ムーンライティング(1982年製作の映画)
4.1
スコリモフスキらしい独特のユーモア。ストーリーの陰でくすりと笑える瞬間的な描写が実に面白い。ワルシャワからロンドンへ渡ってきた不法労働者達を描いた作品。英語が話せるノヴァクをリーダーに、なんとか彼が他の3人をまとめようと奮闘するものの、本国では「連帯」のワルシャワ蜂起による戒厳令で連絡付かず、それをひた隠しにするためのリーダーの孤軍奮闘の努力が涙ぐましい。あんな露骨な万引きがなぜばれないかは不思議だけど、まぁでも面白いしスリリング。後半の展開は、四人の関係性に本国の状況を重ね合わせたかの様な趣に。当然不法労働だから応援するのは間違いなのだろうが、一日18時間、クリスマスも新年もささっと済まし、ひたすら働き詰める彼らの姿に、日頃の日本社会のマゾヒズムな労働環境を重ねずにはいられず…。でも結局、こんなスコリモフスキは笑うしかない。日頃ストレスを抱えてる方には結構オススメかも。ラストカット、終わり方が秀逸。おそらくはワイダの『ワレサ 連帯の男』と併せて観ると尚良しかと。ポーランド映画祭も始まった事だし、きっと今がチャンス。