いのさん

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックスのいのさんのレビュー・感想・評価

4.2
《テイザーフェイス!(笑)》

(あらすじ)

かつて宇宙を救ったピーター・クイル率いるガーディアンズ・オブ・ギャラクシー。その名は宇宙全域へとわたり仕事を依頼されるまでになっていた。ピーター達は惑星ソブリンでの仕事を見事成功、代表アイーシャにより報酬としてかつての敵でありガモーラの妹ネビュラをもらう。しかしその帰りソブリン人の襲撃を受け、さらにその先でピーターの父親を名乗る者と遭遇する。

再び銀河の危機に立ち向かうガーディアンズの運命を、リーダー、ピーター・クイルの出生の秘密とともに描き出していくマーベル異色ヒーロー達の第2弾。

(感想)

冒頭のポップなミュージックから入るシーンで一気に引き込まれる。BGMがとにかくクール。
BGMと戦闘シーンのマッチしてる感じは観ていて爽快に感じること間違いなし。

そしてなにより、ガーディアンズは、マーベルの中でも"キャラの個性が輝く作品"だと思っている。
エゴやヨンドゥ、ベビーグルートなど、1作品名では殆どスポットを当てられなかった(出ていなかった)キャラでさえも皆んなのお気に入りのキャラになるくらい輝いて見える。
個人的にはヨンドゥが本当にカッコよすぎて大好きになった。

テイザーフェイス(笑)は観ている人ならわかる特権ですw

ガーディアンズオブギャラクシー3の妄想が膨らみ、既に楽しみで仕方ないです。