ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックスのネタバレレビュー・内容・結末

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス2017年製作の映画)

Guardians of the Galaxy Vol. 2

上映日:2017年05月12日

製作国:

上映時間:136分

4.2

あらすじ

“スター・ロード”ことピーター・クイルをリーダーに、凶暴なアライグマのロケット、マッチョな破壊王ドラックス、ツンデレ暗殺者ガモーラなど、たまたま出会ったノリで結成された宇宙の“はみ出し者”チーム、<ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー>。小遣い稼ぎに請けた仕事をきっかけに、強大な力を持つ“黄金の惑星”の指導者アイーシャ率いる無敵艦隊から総攻撃を受け、彼らの宇宙船ミラノ号は壊滅寸前に…。間一髪、ガー…

“スター・ロード”ことピーター・クイルをリーダーに、凶暴なアライグマのロケット、マッチョな破壊王ドラックス、ツンデレ暗殺者ガモーラなど、たまたま出会ったノリで結成された宇宙の“はみ出し者”チーム、<ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー>。小遣い稼ぎに請けた仕事をきっかけに、強大な力を持つ“黄金の惑星”の指導者アイーシャ率いる無敵艦隊から総攻撃を受け、彼らの宇宙船ミラノ号は壊滅寸前に…。間一髪、ガーディアンズを救ったのは“ピーターの父親”と名乗る謎の男エゴと、触れただけで相手の感情が分かる能力を持つマンティスだった。仲間からの忠告にも関わらずエゴに魅了されていくピーターの姿を見て、次第にチームの絆に亀裂が…。そこへ“ピーター育ての親”ヨンドゥが率いる宇宙海賊の襲撃や、さらに銀河全体を脅かす恐るべき陰謀が交錯していく。はたして、ピーターの出生に隠された衝撃の真実とは? そして、彼らは絆を取り戻し、銀河を救うことが出来るのか? その運命の鍵を握るのは、チーム一小さくてキュートな、ガーディアンズの最終兵“木”グルートだった…。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」に投稿されたネタバレ・内容・結末

宇宙で繰り広げられるアクションムービーかと思ったらベッタベタのファミリームービーで泣きました
ヨンドゥいい奴だったな…ラヴェジャーズの葬儀はすごいよかった。ラヴェジャーズ達は3作目に関わってくるのだろうか。
ピーターとガモーラのもどかしい感じがすごくやきもきした。もっといちゃついて欲しいし早くセックスしろ。
つーかなんでリミックスなんだろうか…劇中ではでかでかと「2」と出ていたような…
3作目が楽しみ!(あるよね?)
1に続いて今作も最高でした。
グルート大きくなっててよかった。小さくて可愛い。ガーディアンズのみんなが本当に家族みたいでみんな好き。
最後泣きそうになった。
血は繋がってなくても親は親なんだなぁ…と。死んでほしくなかった。続きも楽しみだなー
音楽との融合が最高でした。

ピーターとグルートがイヤホンを分け合って音楽を聴くシーンで胸が熱くなって思わず泣いてしまいました…
1作目は見ている途中で寝てしまい(!)全く記憶に無いというのに、 IWでスターロードにハマり、鑑賞☆

めっっちゃ良かった!!!
笑いあり、涙あり、音楽ノリノリで、キャラクターも個性的!完璧な自分好みの娯楽映画です(๑´ڡ`๑)

ロケットとヨンドゥとのやりとりとラストのピーターとヨンドゥのシーンはジーーンときました(;_;)ヨンドゥ、良いパパ(ToT)
ベビーグルートとマンティスは可愛かった♡
そして、GotGのメンバーの仲間思いなところに胸熱でございます(^^♪

1作目もう一度見直しまーす!!
ヨンドゥ…
ピーターは両親を目の前で亡くすという辛すぎる現実…
ヨンドゥの死に際で呼吸が出来なくなるくらい号泣しました。好きなキャラだったなあ。
1作目より断然良い!!最後の最後で泣いた。ヨンドゥがまじで男だった、、、。てか最後ヨンドゥが主役かよてレベルでよかった。最後戦闘シーンもめちゃ真面目なのにパックマンに変身したところはユーモアたっぷりだったな。グルートも可愛い。これは家族になる物語。
ちょっと眠気がすごくてところどころコクリコクリ

面白かったけど確かに大事な戦闘シーンとかでもギャグ多すぎわろたってのはあったね、いい意味っちゃあいい意味

映画のあと毎回キャストあらすじ評価全部見るんけど、あらすじ読んでしっかりうとうとせすに見ても7点やな!面白かったは面白かったよ!

ヨンドゥ死ぬとは思えんかったけんいいキャラだったしとても悲しかったわ

p.s.
ピーター・クイル/スター・ロード(クリス・プラット)
ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)
ドラックス(デイヴ・バウティスタ)
ロケット(ブラッドリー・クーパー)
ベビーグルート(ヴィン・ディーゼル)
ヨンドゥ・ウドンタ(マイケル・ルーカー)
ネビュラ(カレン・ギラン)
マンティス

アイーシャ

テイザーフェイス
クラグリン

スタカー(シルヴェスター・スタローン)

エゴ(カート・ラッセル)
クイルの父親が神とか考えもつかないわ笑
今回もハチャメチャなことをやってるのに最後には上手くまとまっているのは凄い。

エゴが全宇宙を自分と同一の存在にするという目的は、初めて知的生命体に出会った時の失望だけではなく、自分という存在の孤独に耐えられなかったのではと考えてしまう。

毎回おなじみのカメオ出演をしているスタン・リーと一緒にいたのはユニヴァースのウォッチャーということだけど、あくまでも監視のみで今回のような銀河の危機には手出ししないんだろうか気になった。

最後にグルートが思春期みたいになってるのには笑った。
>|