ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックスの作品情報・感想・評価

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス2017年製作の映画)

Guardians of the Galaxy Vol. 2

上映日:2017年05月12日

製作国:

上映時間:136分

4.2

あらすじ

“スター・ロード”ことピーター・クイルをリーダーに、凶暴なアライグマのロケット、マッチョな破壊王ドラックス、ツンデレ暗殺者ガモーラなど、たまたま出会ったノリで結成された宇宙の“はみ出し者”チーム、<ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー>。小遣い稼ぎに請けた仕事をきっかけに、強大な力を持つ“黄金の惑星”の指導者アイーシャ率いる無敵艦隊から総攻撃を受け、彼らの宇宙船ミラノ号は壊滅寸前に…。間一髪、ガー…

“スター・ロード”ことピーター・クイルをリーダーに、凶暴なアライグマのロケット、マッチョな破壊王ドラックス、ツンデレ暗殺者ガモーラなど、たまたま出会ったノリで結成された宇宙の“はみ出し者”チーム、<ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー>。小遣い稼ぎに請けた仕事をきっかけに、強大な力を持つ“黄金の惑星”の指導者アイーシャ率いる無敵艦隊から総攻撃を受け、彼らの宇宙船ミラノ号は壊滅寸前に…。間一髪、ガーディアンズを救ったのは“ピーターの父親”と名乗る謎の男エゴと、触れただけで相手の感情が分かる能力を持つマンティスだった。仲間からの忠告にも関わらずエゴに魅了されていくピーターの姿を見て、次第にチームの絆に亀裂が…。そこへ“ピーター育ての親”ヨンドゥが率いる宇宙海賊の襲撃や、さらに銀河全体を脅かす恐るべき陰謀が交錯していく。はたして、ピーターの出生に隠された衝撃の真実とは? そして、彼らは絆を取り戻し、銀河を救うことが出来るのか? その運命の鍵を握るのは、チーム一小さくてキュートな、ガーディアンズの最終兵“木”グルートだった…。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」に投稿された感想・評価

全身金箔フェチにはたまらない映画だった。
なー

なーの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

洋楽ネタに疎かったので前作は正直あまりノれなかったのですが今作では控え目に、より万人向けになったと感じた
まあ単にハッセルホフは知ってたから楽しめたのかも笑

スターロードの正体判明した時はお前MCU史上かなりのチートやんけ!ってなりかけたけど最終的には父さんの言ってた通りただの人間になったのかね。対サノスがヌルゲーじゃなくなったのならそれでいい

ガモーラとドラックスの戦闘が冒頭以外あまり記憶にない。ガモーラvsネビュラのあれは戦闘と言っていいのだろうか
グルートはあのサイズだからしゃーない、というか終始可愛いからそれで十分。裏切った船員すらかわいいと言ってしまう可愛さ

そして今作のMVP、ヨンドゥ
グルートに指示するとこから始まり、フィンでの無双、そして最期
見てる内にぐんぐん惚れていきました

ソー/ラグナロクを観た後に観たのでグランドマスターが先行登場してたのに驚きました
記録
このシリーズは本当に面白い!
映像に音楽にノリノリにさせてくれて、みんなワイワイと賑やかだし、あぁ楽しい笑
MIO

MIOの感想・評価

5.0
「クソガーディアンズ・オブ・ギャラクシーへようこそ」

「ヤツの生き様をここに讃えよう」


♪Father&Son/Cat Stevens
ノッチ

ノッチの感想・評価

4.5
特殊電池の護衛仕事を終えたガーディアンズの面々だが、ロケットが電池の一部を盗んだために追跡されてしまう。

そこを救ったのはエゴと名乗る謎の男だった。

エゴは自分がピーター・クイルの父親だと語り、自らの惑星にピーター達を招待するという・・・

クリス・プラット演じるピーター・クイル率いる、宇宙のアウトロー集団『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の活躍を描く、マーベル・コミックの実写化シリーズ第2弾。

『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第15作品目の映画である。

全身金ぱく星人から盗みを働いて狙われたり、主人公の父親が現れて主人公と親子の絆を取り戻そうとしたり、宇宙窃盗団の権力争いがあったりの話。

PVとか広告が不評だった今作なのですが、実際に見てみるとああ!これは情報下手に出すとネタバレになるわ! って感じだったので、あれで正しかったんだなと知る事が出来ました。

B級感はそのままに、映像もストーリーもスケールアップ。

OPシーンの画面の作り方など新しい事をやろうとしてる姿勢も満載で、見てて飽きなくて大満足。

さらにはラストの男気溢れる演出で、まさか泣かされるとは思ってもみなかったので、期待以上の出来栄えでした。

ただ、続編にありがちである登場人物の相関図が最初わかりにくいのが難点。

でも、それを差し引いても1作目を上回るできだったと思います。

今回はズバリ「ファミリー映画」。

ファミリーにも色々あるが、実の家族でもあり、徒党を組む意味のファミリーの意味でもある。

しかしアメリカ人は父と息子の話が大好きだなと思う。

基本的にストーリーはほぼ一直線で地球人の主人公ピーターが謎の存在の父親と出会い、その正体に一喜一憂するという、言ってみれば日本のアニメだったら1話で語れる話です。

マーベル・シリーズお約束のエンドロール後のシークエンスもあるが、少しだらけている気がしないでもない。

あと、前作以上にグルートが可愛くて、嬉しかった。

前作のエンドクレジットで植木に生えていたグルートが、こんなにも成長しちゃって…

とりあえず、笑いながらスペースアクション見たい人にオススメです。

このレビューはネタバレを含みます

ありとあらゆる人にオススメしている。
楽しくて笑っちゃうシーンたくさんあるのに最後は問答無用で泣かせてくる。
正直あれで泣かないわけにはいかない…涙腺を硬く絞めてても緩ませてくる
あい

あいの感想・評価

4.5
Baby Grootが超可愛い❤️
オープニングで踊ってるシーンだけで何度も観れる笑
めっちゃ面白かった。
2時間ちょいあったのに、飽きたり途中でだれたりもせずに楽しく見ることができた。最後のグルートの思春期がツボ笑
次作もあるっぽいんで楽しみ〜。
ロケット撫でたい。
>|