ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックスの作品情報・感想・評価

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス2017年製作の映画)

Guardians of the Galaxy Vol. 2

上映日:2017年05月12日

製作国:

上映時間:136分

4.2

あらすじ

“スター・ロード”ことピーター・クイルをリーダーに、凶暴なアライグマのロケット、マッチョな破壊王ドラックス、ツンデレ暗殺者ガモーラなど、たまたま出会ったノリで結成された宇宙の“はみ出し者”チーム、<ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー>。小遣い稼ぎに請けた仕事をきっかけに、強大な力を持つ“黄金の惑星”の指導者アイーシャ率いる無敵艦隊から総攻撃を受け、彼らの宇宙船ミラノ号は壊滅寸前に…。間一髪、ガー…

“スター・ロード”ことピーター・クイルをリーダーに、凶暴なアライグマのロケット、マッチョな破壊王ドラックス、ツンデレ暗殺者ガモーラなど、たまたま出会ったノリで結成された宇宙の“はみ出し者”チーム、<ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー>。小遣い稼ぎに請けた仕事をきっかけに、強大な力を持つ“黄金の惑星”の指導者アイーシャ率いる無敵艦隊から総攻撃を受け、彼らの宇宙船ミラノ号は壊滅寸前に…。間一髪、ガーディアンズを救ったのは“ピーターの父親”と名乗る謎の男エゴと、触れただけで相手の感情が分かる能力を持つマンティスだった。仲間からの忠告にも関わらずエゴに魅了されていくピーターの姿を見て、次第にチームの絆に亀裂が…。そこへ“ピーター育ての親”ヨンドゥが率いる宇宙海賊の襲撃や、さらに銀河全体を脅かす恐るべき陰謀が交錯していく。はたして、ピーターの出生に隠された衝撃の真実とは? そして、彼らは絆を取り戻し、銀河を救うことが出来るのか? その運命の鍵を握るのは、チーム一小さくてキュートな、ガーディアンズの最終兵“木”グルートだった…。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」に投稿された感想・評価

アベンジャーズ3見てから視聴したのでなんかもう時系列ぐちゃぐちゃ~(><)

とりあえずガーディアンズのみんな面白いしテンポいいし、曲の使い方も演出も楽しい!
ロケットは相変わらず男前!
グルート可愛すぎる♪♪
ヨンドゥとロケット達が敵をばたばた倒しまくるシーンあれなに。
スマートでカッコよすぎない?
やばい。

ガモーラ相変わらずかっこええー
もっとピーターといちゃいちゃしてくれてもいい

ナイトライダーネタがなにげにウケた!
マイケルー!きゃー!
声もシルベスターとともにささきさんの吹き替え萌える

明るいみんなが好きなのに、
最後はすごい悲しかった(´;ω;`)
ヨンドゥー!!!!!!!
お父さんとの関係も切ないし悲しかった。。
おふざけ展開からの感動のラスト。
グルートも活躍。
前回に引き続き音楽もセンス◎

普段ふざけてるのにここって言う時に泣かしてくる感じ。
「銀魂」思い出す。
ガーディアンズオブギャラクシー。
ユーモアに溢れてる。
どうやってアベンジャーズに関わってくるんだろ?
グルートまじでかわいい💕
アベンジャーズの復習。
「インフィニティ・ウォー」を観に行く予習の仕上げとして取っておいた作品。それなのに不覚にも寝落ちしてしまいました。しかも二度も…

愛は自己愛。我は神。我の名よ全宇宙に広がれ、そして全てが我になれ! そう、我の名は"エゴ" の巻。
オープニングで流れるエレクトリック・ライト・オーケストラの1977年の大ヒット曲「Mr. Blue Sky」。その曲に合わせて踊るベビー グルートがいいですね。タイトル、オープニングクレジットのフォントといい、背景の戦闘シーンとのコントラストといい、作品の導入としては最高です。物語を彩るフレームとして、作品の方向性をしっかり定めてくれたのではないでしょうか。

"エゴ"では人を愛せない。"エゴ"では人を救えない。単純なことだけど、大切なこと。登場人物たちは、少なからずエゴを抱えていて、エゴで人を傷つけ、自分を傷つけています。彼らはエゴを自覚し、エゴと対峙することによって、改めて愛や友情を知ることができるのです。

この映画は映像やキャラクターたちが色とりどりで、気軽に目を引き易い作品に思いがちだけど、しかし、見た目以上に繊細な物語。最後はしっかりとコントラストを付け加え、作品のバランスを整えてくれたのではないでしょうか。

それにしても、エンディングであの可愛いかったベビー グルートがあんなことになるなんて。ちょっとリアル過ぎてショック!

というわけで、とりあえず準備はできたかな?
じゃあ明日「インフィニティ・ウォー」楽しんで来ま〜す。
あだち

あだちの感想・評価

4.5
相変わらずの音楽のチョイス。盛り上がる映画やな。ガーディアンズギャラクシーはオープニングとエンディング凝ってるのが好き。そして相変わらず周りがクセ強すぎて普通の人に見えてくる主役。
ヤバいってゆう展開でも笑かしてくるし最後は泣かしにもくる。
これは続編あるのか…観たいね
久々にガーディアンズ・オブ・ギャラクシーを見たけれど最高すぎた!!何よりチビグルート可愛すぎる!!後、コメディ要素多すぎて最初から最後まで笑うところがあってすごく良かった!!
いしみ

いしみの感想・評価

4.1
マーベル作品15作品目。
前作より楽しめました!グルートが小さくて可愛いし、クイルの出生の秘密も明かされます。

ヨンドゥの男気に感動しました。
akane

akaneの感想・評価

4.6
MARVELシリーズの中で作品として一番好きかもしれない!思いがけず、泣きました…
ストーリー性あるし、音楽相変わらずよいし!
こういうこと言う女あんまり好きじゃないんだけど言うけど、ベビーグルート本当に可愛すぎた…赤ちゃん…
1より、よりだんぜんオモシロクなった‼️ 何よりアライグマのロケットを登場人物として受け入れることができたことで、自分的に楽しむことができた。😁

様々なキャラクターが憎まれ口をたたきあいながらも、心の底ではしっかりと繋がっているーこういうのに弱いなあ。松本零士の漫画に出てきそうな女性の宇宙人も、小さな枝みたいな生き物も、それぞれ個性が光っていて、素晴らしかった‼️ なかでもロケットに今回は拍手。前作では、作り物にしか見えず、キャラクターとアフレコが分離してみえてしまってノレナカッタのに。

相変わらず、ウォークマンが素敵。音楽に詳しければ、もっと面白いんだろうなあ。😅

スターロードって、なんとなく、『ハン・ソロ』っぽいね。

このレビューはネタバレを含みます

・宇宙のはみだしもの「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」が今度はチームリーダーのピーターの父親を名乗る男の星で繰り広げるスペースオペラ作品の第2弾
・今回は自分を犠牲にしてチームを救う男気溢れるヨンドゥーが主役
・オープニングのベビーグルートがダンスしてる背景で怪獣と立ち回るシーンだけをずっと見ていたいほど好き
・というかグルートの全てのシーンが超カワイイ~
・船内でスローモーションのなか矢を操って次々と敵を倒すヨンドゥーもしびれた
・母の形見のソニーウォークマンも出てきて70~80年代の音楽も相変わらずナイス
・今回の「こんなところにスタンリー!?」は宇宙服着て中盤とエンドロールの2回出てたので分かりやすかった
・第3弾もあるみたいで楽しみ
>|