オデッセイの作品情報・感想・評価

オデッセイ2015年製作の映画)

The Martian

上映日:2016年02月05日

製作国:

上映時間:142分

3.8

あらすじ

地球から2億2530万キロ離れた火星に独りぼっち。あらゆる現実が〈生存不可能〉を示していた。 ・外気温:-55℃ ・酸素:ほとんど無し(空気成分 0.13%) ・水:無し ・通信手段:無し ・最大風速:400km/h ・食料:31日分 ・NASAの次の探索ミッションまで:4年 その男は、<希望>を捨てなかった。

「オデッセイ」に投稿された感想・評価

bouze

bouzeの感想・評価

2.0
この規模で監督が思うように作品を作るのはもう難しいんだろうなぁと

このレビューはネタバレを含みます

 

自宅で鑑賞。原題"The Martian"。火星で一人取り残された植物学者のサイバイバル。失敗を重ねる一筋縄で行かないプロットと地球側のエルロンド会議の件りが佳かった。役人気質で消極的な臆病者はいるが根っからの悪人は出てこず、中国も善玉に描かれている。専門用語の応酬に加え、難解な理論を確認する間を与えず進行するので、展開に身を預けないと愉しめないかもしれない。開始早々から予測出来た物語だが、宇宙において簡単に命を落とすのを近頃多く観てきた為か船長と抱擁するシーンで不覚乍ら心を揺さぶられた。70/100点。

・A,ウィアーの原作では、M.デイモン演じる“マーク・ワトニー”は植物学以外に機械工学の専門家となっている。亦、原作で起こるハプニングの幾つかは省略されており、本篇のSol18では無く、Sol6から始まり、ラストも違う。因みに“マーク”はラテン語で火星を意味する"Marcus"の英語名らしい。

・M.デイモンは後半のシーンの為、体重を絞ろうとしたが、監督がこれを禁止し、ボディ・ダブルを使った。

・NASAでのシーン約三週間を含め、全ての撮影は72日間で終了したが、火星シーンの殆どは、『アラビアのロレンス('62)』や『レッドプラネット('00)』等でも使われたヨルダンのワディ・ラムでロケが行われた。

・NASAによると、火星での一年は地球での約1.88年にあたると云う。亦、重力は地球の四割程度だが気圧が極端に低い為、冒頭の事故は起こりえないらしい。本篇が英国で公開された一週間後に火星で水が発見されたとNASAは発表した。
 
・鑑賞日:2016年1月27日

 
そめめ

そめめの感想・評価

3.5
火星でサバイバル
閑古鳥

閑古鳥の感想・評価

3.7
火星に一人取り残されても病まず、アイディアいっぱいで淡々と乗り超える様子は本当にたくましい。
中盤は眠たかった。
hachiwan

hachiwanの感想・評価

2.8
期待した割にマット・デイモンの演技が良かっただけの映画
NASAの宇宙飛行士が無人島生活をしたらこんな感じなんだろなって思う
題材が良かっただけにもったいない
デヴィッドボウイが頭から離れない
Take568

Take568の感想・評価

3.0
実話の様な未来の話。
理系になりたくなった。
ムリだけど。笑
>|