オデッセイの作品情報・感想・評価

オデッセイ2015年製作の映画)

The Martian

上映日:2016年02月05日

製作国:

上映時間:142分

3.8

あらすじ

地球から2億2530万キロ離れた火星に独りぼっち。あらゆる現実が〈生存不可能〉を示していた。 ・外気温:-55℃ ・酸素:ほとんど無し(空気成分 0.13%) ・水:無し ・通信手段:無し ・最大風速:400km/h ・食料:31日分 ・NASAの次の探索ミッションまで:4年 その男は、<希望>を捨てなかった。

「オデッセイ」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

3.0
なかなか面白く、最後までバーっと見れたのは事実。だけどやっぱり、設定的にやむを得ないのだが、もの凄いスケールの話である筈にも関わらず、『月に囚われた男』なり『エウロパ』よろしく、結局は室内劇に終始してしまうのが残念だ。原因は一つで、これまでに挙げた映画すべてがそうであるように、「本当はここに存在する筈のないカメラ」の存在感を極力排除し、一連の映像が映像として記録されている理屈を立てようとするあまり、カメラがほぼ死んでいるからである。原作の再現度がいかほどかは分からないけれども、基本、「設定」と「着想」の映画であり、随所で「あー、なるほどその手が!」となるものの、それを映像化することの優位性というのはあんまり伝わってこない。中国資本にへーこらするのもいささか露骨であり、物語の高揚になんとなく乗ってみせることはできるものの、それは、映画という存在そのものに震えるという体験では全くない。
こいけ

こいけの感想・評価

4.1
面白い‼️
火星で取り残されるお話と知っていたので、難点をあげるとすれば、
想像していたより緊迫感がなかったということと、
割と淡々と進むため少し長い感じがしました😭

でもすごく面白い!
家で見ると中だるみする可能性があります!

でもしっかり見ると面白いので集中できる時に見ることをお勧めします‼️‼️

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
火星のミッションに送り込まれた6人の宇宙飛行士。
砂嵐に遭遇し、ミッションは中止となってしまう。
さらにその砂嵐の中へ、1人、吹き飛ばされてしまい、残った5人だけで脱出を余儀なくされた。
ところが、彼は生きていた。
取り残されたワトニーは残りの物資と知識を駆使して火星サバイバルに挑む。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


火星で取り残されるという絶望的な状況。

先の先まで想像する頭の回転の良さからくる余裕なのか、
絶望しないために明るく振舞っているだけなのか、
頭を回転させていないと絶望してしまうからなのか……

おそらく全てでしょう。
考えることをやめることは諦めるということ…

考えることによって思いつく、この知識量が宇宙で生き残る為には必要なんですね😱


彼は終始明るい。残りの物資を確保しながら色々なことを考えて、さらに気の利いたギャグまでとばす😆


そして艦長の残したBGMにまでセンスが悪いと文句をつけ始める。笑


でもこのBGMがとても良い😊
実は主人公の状況と歌詞がリンクしている。
ストーリーと歌詞がリンクし始めるとこれはもうほぼミュージカルと言ってもいいかもしれません!

普通のミュージカルは涙を流すようなシーンでも歌い始めるので苦手なことが多いのですが、
このオデッセイは1人の苦しさを紛らわすために歌う事もあるし、独り言もある!

なぜ歌うのかが心情的にわかるので納得のミュージカルでした😆笑


映像も綺麗でとても楽しめました^ ^
宇宙飛行士って本当に優秀なんだな、と思いました。
酔ってない時にまた観たい。
たろう

たろうの感想・評価

3.5
不自然なくらい前向き。ポジティブ!
キャストアウェイ的なものを期待してたが。
めっちゃポジティブ。

インターステラーといい、よく宇宙に置き去りにされるマット・デイモン。
wami

wamiの感想・評価

4.7
ストーリー10
キャスト10
映像5
音楽4
またみるか8
プラス要素10
おまめ

おまめの感想・評価

4.0
火星で自給自足生活◎
りん

りんの感想・評価

3.0
ひとりぼっちで何日後かに死ぬ予定のときあんなポジティブに保てるってはんぱなーい。
頭良すぎて何言ってるのか不明なとこがいっぱい。
じゃがいもおじさん
>|