オデッセイの作品情報・感想・評価

オデッセイ2015年製作の映画)

The Martian

上映日:2016年02月05日

製作国:

上映時間:142分

3.8

あらすじ

地球から2億2530万キロ離れた火星に独りぼっち。あらゆる現実が〈生存不可能〉を示していた。 ・外気温:-55℃ ・酸素:ほとんど無し(空気成分 0.13%) ・水:無し ・通信手段:無し ・最大風速:400km/h ・食料:31日分 ・NASAの次の探索ミッションまで:4年 その男は、<希望>を捨てなかった。

「オデッセイ」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

3.0
なかなか面白く、最後までバーっと見れたのは事実。だけどやっぱり、設定的にやむを得ないのだが、もの凄いスケールの話である筈にも関わらず、『月に囚われた男』なり『エウロパ』よろしく、結局は室内劇に終始してしまうのが残念だ。原因は一つで、これまでに挙げた映画すべてがそうであるように、「本当はここに存在する筈のないカメラ」の存在感を極力排除し、一連の映像が映像として記録されている理屈を立てようとするあまり、カメラがほぼ死んでいるからである。原作の再現度がいかほどかは分からないけれども、基本、「設定」と「着想」の映画であり、随所で「あー、なるほどその手が!」となるものの、それを映像化することの優位性というのはあんまり伝わってこない。中国資本にへーこらするのもいささか露骨であり、物語の高揚になんとなく乗ってみせることはできるものの、それは、映画という存在そのものに震えるという体験では全くない。
CSにて再視聴


"最近"のSF映画の中じゃ、ゼログラ、インターステラーと並ぶ三大SF映画じゃないかと思う。

これら三つはいづれも主人公が絶望的な状況に置かれるという点が共通している。
しかし、他の二つと大きく異なるのは物語の雰囲気。
マッド・デイモンが明るい役であるため、他2作品よりも物語全体の雰囲気も明るい。


シリアスすぎるのは苦手!
という人にはこちらの方がオススメかも。


個人的には非常に良かったと思う。


...宇宙って怖いよね。
MidoriOno

MidoriOnoの感想・評価

5.0
すごい感動した
宇宙の話だけどわかりやすかった。
絶望的な場面でも前を向けたのは多分それだけの積み重ねが自分の中にあったからだろうなと感じたので、うちも頑張ろうと思った!
さか

さかの感想・評価

4.2
人間ってすごいな
悪胡瓜

悪胡瓜の感想・評価

4.3
久々に感じる「劇場で見なかったことを後悔した映画」。

火星に取り残されたM・デイモンが助けを待ちつつ日々を過ごす…というストーリー的な起伏は意外なほど少ない。
ただ、地球の(比較的)穏やかな気候と違い火星の環境はあたかも戦神アレスのごとく襲い掛かり、彼はおもわずこう歌う
「ハァ テレビもねぇ ラジオもねぇ 曲もそれほど残ってねぇ
ピアノもねぇ バーもねぇ 思考が毎日ぐーるぐる
朝起きて 芋植えて 2時間ちょっとの散歩道
電話もねぇ ガスもねぇ 飯は1日数度取る
おらこんな星~いやだ~おらこんな星~いやだ~」

…というのは嘘だけど、とにかく生きるためには空気・水・食料が不可欠。
あれこれ試行錯誤して新たな生命を得た瞬間は、創造主の神々しさと同時に、単なる食料であるはずのものをわが子のような目で見つめる慈愛を感じる。

ただマークとて宇宙飛行士、自分ひとりでどうにかするような人間ではなく、地球との交信を試みることに。『メッセージ』でもあったけど交信方法のアップデートは「お互いが通じる」のが自然に伝わってきて大好き。
KID

KIDの感想・評価

3.5
だいぶ原作より端折られてたのが残念だけど、完成度高い作品だと思う。
翔

翔の感想・評価

3.6
2017/11/22
NoboruKose

NoboruKoseの感想・評価

4.1
映画館で鑑賞

一人になっても人間って強くなれる
アオキ

アオキの感想・評価

3.8
あれ、現実でももう火星って人がたどり着いたんだっけ?いやたぶんたどり着いてるよな。体感ではたどり着いてるような。もしかしたらすでにたどり着いてるのに中国が隠蔽してるのかもしれない。中国がそれだけ宇宙技術が進んでいるのだと、思い知らさせる映画だった。
リドリースコット監督だから最後に宇宙人出してくるかと疑ってましたけどそんな訳なかったですすいませんでした。
面白かったです。すごい個性がありましたよね一人一人の人物に。
>|