オデッセイの作品情報・感想・評価

オデッセイ2015年製作の映画)

The Martian

上映日:2016年02月05日

製作国:

上映時間:142分

3.8

あらすじ

地球から2億2530万キロ離れた火星に独りぼっち。あらゆる現実が〈生存不可能〉を示していた。 ・外気温:-55℃ ・酸素:ほとんど無し(空気成分 0.13%) ・水:無し ・通信手段:無し ・最大風速:400km/h ・食料:31日分 ・NASAの次の探索ミッションまで:4年 その男は、<希望>を捨てなかった。

「オデッセイ」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

3.0
なかなか面白く、最後までバーっと見れたのは事実。だけどやっぱり、設定的にやむを得ないのだが、もの凄いスケールの話である筈にも関わらず、『月に囚われた男』なり『エウロパ』よろしく、結局は室内劇に終始してしまうのが残念だ。原因は一つで、これまでに挙げた映画すべてがそうであるように、「本当はここに存在する筈のないカメラ」の存在感を極力排除し、一連の映像が映像として記録されている理屈を立てようとするあまり、カメラがほぼ死んでいるからである。原作の再現度がいかほどかは分からないけれども、基本、「設定」と「着想」の映画であり、随所で「あー、なるほどその手が!」となるものの、それを映像化することの優位性というのはあんまり伝わってこない。中国資本にへーこらするのもいささか露骨であり、物語の高揚になんとなく乗ってみせることはできるものの、それは、映画という存在そのものに震えるという体験では全くない。
ポチャ

ポチャの感想・評価

3.0
何も感じないままジ・エンド
niwasaki

niwasakiの感想・評価

3.7
一人ぼっちで置き去りにされたのに、タフネスにも程がある鬼メンタルで火星を一人生き延びたマッド・デイモン演じる宇宙飛行士ワトニーの話。
悲愴感が漂ってもおかしくないだろうに、全く漂わないこの精神の強さと知性に心強さすら感じてしまう。
宇宙に置き去り作品は幾つか見たことがあるけれど、こんな気持ちで鑑賞したのは初めての経験!
mikenekos

mikenekosの感想・評価

3.5
任務中の事故で火星に置き去りにされてしまった主人公が火星でサバイバルする様子を描いた本作。助けが来ることを信じてポジティブに生き抜く姿に胸を打たれる。状況や設定的にインターステラーのマン博士と被るけれど、彼とは正反対でユーモア溢れる強い人間だった。時間の都合により初のIMAX3Dで鑑賞、面白かったが疲れた。
camican

camicanの感想・評価

4.5
いい意味でめちゃくちゃ期待を裏切られたー!火星に取り残されるなんて、使い古されたテーマだと思ったら、マットデーモンの奮闘振りと前向きさにめっちゃ元気になった。ジャガイモと土をいじるマットデーモン。
chiyoko314

chiyoko314の感想・評価

3.5
とにかくマット・デーモンは諦めないし、卑屈にもならない。
さすがナイスガイ。

作品としてはSFの割にキャッチーな音楽で彩られている。
個人的にはデヴィッド・ボウイのスターマンが印象的。

最後はわかっててもとにかくハラハラさせられた。
Mao

Maoの感想・評価

4.8
これめっちゃよかった!マット・デイモンと芋。
火星か。
私は現実っぽいSFより、ウソっぽいSFの方が好きなのかも。
>|