オデッセイ(2015年製作の映画)

The Martian

上映日:2016年02月05日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:142分
    監督
    リドリー・スコット
    脚本
    ドリュー・ゴダード
    原作
    アンディ・ウィアー
    キャスト
    マット・デイモン
    ジェシカ・チャステイン
    ケイト・マーラ
    クリステン・ウィグ
    セバスチャン・スタン
    ショーン・ビーン
    マッケンジー・デイビス
    ジェフ・ダニエルズ
    マイケル・ペーニャ
    アクセル・へニー
    キウェテル・イジョフォー
    ドナルド・グローヴァー
    あらすじ
    地球から2億2530万キロ離れた火星に独りぼっち。あらゆる現実が〈生存不可能〉を示していた。 ・外気温:-55℃ ・酸素:ほとんど無し(空気成分 0.13%) ・水:無し ・通信手段:無し ・最大風速:400km/h ・食料:31日分 ・NASAの次の探索ミッションまで:4年 その男は、<希望>を捨てなかった。

    「オデッセイ」に投稿された感想・評価

    masayaan
    3.0
    なかなか面白く、最後までバーっと見れたのは事実。だけどやっぱり、設定的にやむを得ないのだが、もの凄いスケールの話である筈にも関わらず、『月に囚われた男』なり『エウロパ』よろしく、結局は室内劇に終始してしまうのが残念だ。原因は一つで、これまでに挙げた映画すべてがそうであるように、「本当はここに存在する筈のないカメラ」の存在感を極力排除し、一連の映像が映像として記録されている理屈を立てようとするあまり、カメラがほぼ死んでいるからである。原作の再現度がいかほどかは分からないけれども、基本、「設定」と「着想」の映画であり、随所で「あー、なるほどその手が!」となるものの、それを映像化することの優位性というのはあんまり伝わってこない。中国資本にへーこらするのもいささか露骨であり、物語の高揚になんとなく乗ってみせることはできるものの、それは、映画という存在そのものに震えるという体験では全くない。
    Maroto
    4.0
    少し長く感じた。
    気分が上がるシーンが随所にみられた
    Mouki
    -
    記録

    面白かった。
    まい
    5.0
    東京で宿がないときに見た思い出の一作。火星でもなんとかなるならなんとかなるやろと思えた、ありがとう。
    Yume
    4.5
    泣きました。

    宇宙ものだし、専門用語たくさんで難しそうって思ってたしアクション要素強めのSFってあまり得意じゃなくて…

    でもいい意味で期待を裏切られました。何度も祈ったし何度もダメだと思ったけど1度も諦めないマット・デイモンすごい。見入っちゃいました。

    語りたいことたくさんだけど、とにかく見て良かった。
    火星を舞台にしたサバイバル映画。序盤は結構スリリングな感じだったのですが、終盤はオチが見えてしまいあまりといった感じでした。
    ゆきよ
    3.0
    つまるところ一カ月一万円生活in火星っしょ?、と臨んだら大体合ってた。ふかし芋が食べたくなる映画。
    なんで途中で鎮痛剤まぶして食べてたの?いろいろ痛かったのかな。

    原作の小説の邦題が『火星の人』なのになんで映画の邦題『オデッセイ』やねん、って原作ファンがげんなりしてるとのことで、まぁ映画自体の出来が良いなら許してあげれば~と思ってたんだけど、確かにこれは『火星の人』で良かったね……。なんなら劇中でOdysseyって単語一回も出てきてなくない?

    ワトニーと船長の邂逅シーン、オレンジ色の命綱がリボンみたいになってて少女漫画っぽさあった。

    80年代ディスコ曲がかかるというの、前情報として知ってて、で原作だとEW&Fの曲が取り上げられてるんだよって原作読み済みの人に教えてもらってて、もしかしてIMAXの音響でSeptember聴けるのかなって楽しみにしてたけどかかりませんでしたね。悲しい。原作だとFantasyでした?ああそう。悲しい。

    マイケル・ペーニャさんなんらかの他の映画で見覚えあってアッてなった、おそらくアントマンかFURYかと思われる、愛嬌のある顔してて私あのひとすき!
    Sprite
    2.5

    このレビューはネタバレを含みます

    原題のまま「火星の人」で良いのにね。

    アメリカン式ゴリゴリの脱出(救出)物語。
    ものすごくベーシックな展開なので、脚本と演出の腕次第なのですが…。
    リドリースコット、ちょっぴり間延びしちゃった気がします。
    >|