オデッセイの作品情報・感想・評価・動画配信

オデッセイ2015年製作の映画)

The Martian

上映日:2016年02月05日

製作国:

上映時間:142分

3.8

あらすじ

「オデッセイ」に投稿された感想・評価

絶望的状況をユーモアと科学を使って生き延びる人間賛歌。

化学を使って水を生成し、栄養のない火星の土をクルー達の排泄物で耕し芋を育てる。
ComputerScienceの基礎を利用して16進数のパネルでASCIIで意思疏通するプロトコルを構築、そのプロトコルを察して対応する地球。

多少の失敗があってもユーモアで吹き飛ばし気持ちを切り替え、科学を使って対処する。
汚い言葉だって使う、ユーモアこそが絶望の中で正気を保つ方法だから。

マークはそのユーモアと科学こそが人間の武器であると後世に残していく。

人間最高!科学最高!エンジニアリング最高!そう思わせる映画。
科学とユーモアに溢れている。生き延びるための科学。絶望的状況にいてもユーモアを欠かさないマーク。劇中多用されるディスコミュージック。
後半のとある会議に出席している彼をSean Beanが演じている事すらユーモア。

ダークでもっと宇宙にフォーカスを当てた作品をみたければインターステラとかグラビディをみてれば!?

エンジニアモノに弱いw
chelloveck

chelloveckの感想・評価

4.2
予告ではポジティブな学者が宇宙で生き残る、という感じだった。
内容はもっと刺激的で目が離せない展開が多い。
地球、宇宙船、火星で進むストーリーは飽きないし、マッドデイモンの演技も素晴らしい。
宇宙モノには珍しいスカッとする内容。
面白い。
夏

夏の感想・評価

3.1

宇宙ものかと思いきや
ヴァンランドサガ。

面白い。
あ

あの感想・評価

4.0
記録
kousei

kouseiの感想・評価

3.5
火星に取り残された1人のクルーの物語

天才クルーが自身の頭脳を活かして、火星で生き抜いていく姿をひたすら描いています。
火星の住人と言っても過言ではないくらい長い期間火星で過ごす主人公マーク。
マークが火星でのサバイバル術として、水素に酸素を加えて燃やして水を作ったり、排泄物を肥料にしてジャガイモを栽培したりなど色々勉強になったし、観てるだけで面白かった。
絶望的な状況にいるマークが終始明るく過ごしていたのが良かったですね!
絶望感をあまり感じなかったのもそのせいかも…
この「オデッセイ」という日本版タイトルも深い意味を持っていることが調べていて分かりました。
皆さんも気になった方は調べてみては?
ちあ吉

ちあ吉の感想・評価

3.9
粗筋を聞いて想像していたのより、ポジティブで観やすい筋でした。どんな状況でも前向きな主人公が良い味を出してます。
とくま

とくまの感想・評価

4.3
中だるみを感じることなく最後まで面白く見た。じゃがいも映画のイメージが強すぎてたしかにじゃがいも映画だが、あり得なさそうな中にリアリティ感じてしまう。クライマックスは何だか笑えてしまったが。

映画などでアメリカ人がどう考えてもヤバい緊急事態に繰り出すジョークが好きで、今作もユーモアたっぷりのやり取りにBGMも相まって何とかなるだろ感が最高によかった。キャストは皆素晴らしく、特に女性船長がかっこよすぎた。
moovier

moovierの感想・評価

-
頭良くなりたいな。。。あの状況になったら怖くて針金一本腹から抜けない非力でした。自力で生きていきたいよね、私もソルで生きていきたいな、ソルと日って進み違うの?どういうこと?インターステラーではめっちゃ年経ってたよね?頭良くなりたい。。。
>|