あゆか

パレードへようこそのあゆかのレビュー・感想・評価

パレードへようこそ(2014年製作の映画)
5.0
素晴らしい!
そして珍しく邦題にも納得がいく笑

同性愛者の若者達の発想と影響力には驚かされた。同性愛を扱った作品は何度か見てきたけど、重くなりがちなこのジャンルをユーモアも織り交ぜつつポジティブに爽やかに描いているからとても見易く感じた。

最初は難しいと思われたゲイ・レズビアンによる炭鉱労働者への支援。それがゲイのダンスをきっかけに反対者達の心を動かすっていう展開がすごく素敵だ。さらに中盤の大合唱のシーンで団結力が増し、マイノリティーであったはずの同性愛者が多くの村人に認められるのは胸が熱くなった。
LGSMの活動を近くで見て本当の自分の性に気づく人もいて、彼らの活動一つ一つに意味があるんだなあと思った。やっぱり性マイノリティーの人達がどんな人かなんて身近にいないとわかんないものなんだな。勘違いや知識不足から生まれる差別が多いのは事実だろうし、正しいことを知る機会が日本でもあるといいな〜

最後までこれが実話だって知らなかったけど、実話だって知ってこんなに嬉しいのは初めてです。幸せな気持ちになれました。マイノリティーのことを考えることはもちろん大事だと思うけど、難しく考えすぎずに彼らの勇姿を覗いてみたらいいと思う。