パレードへようこその作品情報・感想・評価

パレードへようこそ2014年製作の映画)

Pride

上映日:2015年04月04日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

英国サッチャー政権下、境遇の違う人々をつないだ深い友情と感動の物語。不況と闘うウェールズの炭坑労働者に手を差しのべたのは、ロンドンのきらびやかなLGSMの若者たちだった! すべては、ロンドンに住む一人の青年のシンプルなアイデアから始まった。炭坑労働者たちのストライキに心を動かされ、彼らとその家族を支援するために、仲間たちと募金活動を始めたのだ。しかし、彼らが実はゲイの活動家(LGSM)だと知ると…

英国サッチャー政権下、境遇の違う人々をつないだ深い友情と感動の物語。不況と闘うウェールズの炭坑労働者に手を差しのべたのは、ロンドンのきらびやかなLGSMの若者たちだった! すべては、ロンドンに住む一人の青年のシンプルなアイデアから始まった。炭坑労働者たちのストライキに心を動かされ、彼らとその家族を支援するために、仲間たちと募金活動を始めたのだ。しかし、彼らが実はゲイの活動家(LGSM)だと知ると、寄付の申し出はことごとく断られてしまう。そこへ、勘違いから、唯一受け入れてくれる炭坑が現れる!彼らは、ミニバスに載ってウェールズ奥地の炭坑町へと向かうが…。

「パレードへようこそ」に投稿された感想・評価

実話ベースの炭鉱労働者とゲイやレズビアンの友情もの!

テーマは重いのに全体的に明るめで作られていてとても見やすい!最後は思わず涙が出てきた!

まだ80年代の英国ではゲイやレズビアンは偏見や差別をされていたけどそれでもみんな強い!前向きに生きてる!

炭鉱労働者の町の人も心優しく迎えてくれる人もいてお互いを理解して行くところに感動した!!

笑えて泣けるマイノリティー映画!
おススメです!
momoem

momoemの感想・評価

3.9
「鉄の女」と呼ばれたサッチャー政権下の英国で起きた実話をもとにしたおはなし。

炭鉱労働者に対する理不尽な政権の弾圧。
ストで政府に抵抗する彼らを支援したのがロンドンのゲイたちだった。

いまよりオープンにしずらい社会の中、ゲイ自体も政府からの弾圧を受けていた。
その矛先が炭鉱労働者に向かい、だからこそ政府の理不尽さと戦うため手を差し伸べた。

炭鉱労働者の中にもゲイに対し偏見を持ったものも多くあり、心無い言葉や態度もあった。もちろん政府の弾劾も。
希望を持ちにくい状況下でも、ゲイたちが諦めず貫いていく中で、両者の間に生まれた確固たるフレンドシップがかっこよかった。
炭鉱労働者の嫁たちの人情深さが作品に温かみとユーモアを与えてる。

目的を果たすため、ゆらぐことなく進み続ける力強いパワーを感じられる作品です。


📝
マークのリーダーシップがかっこいい。炭鉱労働者のスピーチもすてき。音楽も🙆
panda

pandaの感想・評価

3.5
現実にあったなんて、、、
胸が熱くなった。
ででん

ででんの感想・評価

4.8
情熱…!エネルギー!常に音楽が鳴っているのもイイ 素敵な映画だった

LGBT映画、家を出る描写に弱い…良いシーンだった(「ベルベットゴールドマイン」のシーンに次ぐ印象深さだった…)
そしてthe smiths

フレディフォックスくんをもっと見たい😁
ミホ

ミホの感想・評価

4.2
アンドリュー・スコットの繊細さ。
画面の構図と色が美しかった。
原題は『PRIDE』。
やた

やたの感想・評価

4.0
一生関わることがなかったかもしれない人たちの間に関わりが生まれて、色んな変化が起きていく、ドラマとして展開は読めるけどそれぞれの成長や変化にぐっときた。

ダイやマークのスピーチも良かったけど、ジョナサンのダンスシーンが最高!
時代や場所を問わず、人と人を近づけるのはやっぱりエンターテイメントとユーモアだな〜。

柔軟な価値観を持っていたいと思わされる作品。
O

Oの感想・評価

3.0
きっと変われるという希望があり、色彩豊かで、目に見えない巨大な敵と戦う。
それぞれ境遇の違う人たちが同じ目的に向かって進んでいく。

ゲイ、レズビアン、ストレート、まだ決めていない人たち、出来ないとされている事を実行するかっこよさ。逆境を逆手にとって考える発想。常に音楽が鳴っていて踊っている印象。団結の為には不可欠な要素なのかも。実にロンドンらしい映画。

人それぞれ違う考えがあるけど認めて支持する村の人達の敬意と思いやる心が素敵だと思った。

ひとりひとりの気持ちがどう変化したのかが、いまいち分かりにくく、傍観者のような立ち位置にしかなれなかったのが残念。まだまだだ。
綾鷹

綾鷹の感想・評価

3.2
お婆さんお爺さん強いな
ゆ

ゆの感想・評価

4.2
全ての登場人物にエネルギーがみなぎっていて、それが同じ方向にも違う方向にも放たれているのにしっかり映画に纏まっていたのが不思議。それぞれのキャラクターに愛着が湧くし、実話をベースにしたストーリーは背景をそれほど知らなくてものめり込みやすかった。元気が出る。
>|