パレードへようこその作品情報・感想・評価

「パレードへようこそ」に投稿された感想・評価

実話ベースの炭鉱労働者とゲイやレズビアンの友情もの!

テーマは重いのに全体的に明るめで作られていてとても見やすい!最後は思わず涙が出てきた!

まだ80年代の英国ではゲイやレズビアンは偏見や差別をされていたけどそれでもみんな強い!前向きに生きてる!

炭鉱労働者の町の人も心優しく迎えてくれる人もいてお互いを理解して行くところに感動した!!

笑えて泣けるマイノリティー映画!
おススメです!

あらすじ:炭鉱労働者を支援したい。


1980年代なかば、サッチャー政権下の炭鉱閉鎖計画に伴い炭鉱労働者のストライキが起きていたイギリスのお話。
ゲイとレズビアンたちが炭鉱労働者の支援組織を作って金銭的な援助をしようと奮闘する姿を描いています。なお、この支援組織「炭坑夫支援同性愛者の会(LGSM)」は実在した団体。

LGSMの発起人マーク(ベン・シュネッツアー)の行動力がすごい。新聞に中傷記事を書かれたときの切り返し方も素晴らしかった。みやぞんみたいなリーゼントが当時のロンドンっ子って感じでよろしかったです。
ゲイとかレズビアンがどうのと言うより、弱者が弱者を思いやり支援をしたということが画期的でいいなあとわたしは思いますね。両者が次第に打ち解けていく様子もほほえましくて良かったし、解放されたように下ネタで盛り上がる熟女ーズも面白かったよ。

LGSMの活動をとおして登場人物たちが自身の抱える問題を解決したり成長したりする話が挟みこまれるのも良い。
炭鉱閉鎖、同性愛差別、HIVといった社会問題を軽視することなく、ユーモアと当時のヒットソングが上手くミックスされた社会派コメディ。たいへん面白かったです。

炭鉱労働者のブラスバンドが存続をかけてすったもんだする映画「ブラス!」もぜひ併せてご覧いただきたい(こちらも実話に基づく映画です)。
もち

もちの感想・評価

4.3
これは素晴らしいLGBT映画!
ノンフィクション、すごい。

今の時代でさえ大変なのに、この時代に声を上げる勇気、こういう人たちがいたからこそ今があるんだなあ
偏見ってクソッタレだな!

2019.7
misaki

misakiの感想・評価

4.8
この映画がすごく良かったのは実話だと思って観たからなのか、要所要所にあるインパクトのせいなのか、LGBT系映画好きだからなのか。。わかんないけど最高だったし泣いた。おばちゃん達最高。
eshu

eshuの感想・評価

3.8
マイケルいるかな?

好きな映画、リトルダンサーを思い出しながら鑑賞。同じくらいの時代背景。おそらく自分の性に悩みを抱えてたであろう主人公の友達マイケルが、このパレードに参加してるんじゃないか…なんて。

あの小さな炭鉱町を出たのか?出なかったのか?この時代にカムアウトする…なりたい自分になるの…大変だったよね。

大人の彼(彼女と言うべきかも)を知っているから。その途中でいったい何をしてたのか?こういったプライドパレードで声を上げてたかもしれないと思うと…応援したくなるの。

違う映画のレビュー書いてんじゃねーと思うなかれ。きっと画面の中は繋がってるはずっ‼︎
懐かしの音楽が聴けるというので観たけどなかなかよかった。マイノリティや弱者が連帯して、立ちはだかる壁を少しずつ崩していく。当時はHIVが広まってきたこともあって同性愛への偏見は酷かったように思う。バスで大挙してやってくる炭鉱労働者、グッジョブ!
44315

44315の感想・評価

1.0
おもんない
aki84

aki84の感想・評価

3.7
変わってる、なんて誰が決めるんだろう。
"Have some pride, life is short."
大好きな映画だ!
アンドリュー・スコット目当てで見て、ビル・ナイにやられた!
Uzurakoh

Uzurakohの感想・評価

3.8
知らない世界を想像して排除するのは簡単で、混じって経験することには痛みが伴う。知るも知らぬも共に闘えば同じ。
>|