パレードへようこその作品情報・感想・評価

パレードへようこそ2014年製作の映画)

Pride

上映日:2015年04月04日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

英国サッチャー政権下、境遇の違う人々をつないだ深い友情と感動の物語。不況と闘うウェールズの炭坑労働者に手を差しのべたのは、ロンドンのきらびやかなLGSMの若者たちだった! すべては、ロンドンに住む一人の青年のシンプルなアイデアから始まった。炭坑労働者たちのストライキに心を動かされ、彼らとその家族を支援するために、仲間たちと募金活動を始めたのだ。しかし、彼らが実はゲイの活動家(LGSM)だと知ると…

英国サッチャー政権下、境遇の違う人々をつないだ深い友情と感動の物語。不況と闘うウェールズの炭坑労働者に手を差しのべたのは、ロンドンのきらびやかなLGSMの若者たちだった! すべては、ロンドンに住む一人の青年のシンプルなアイデアから始まった。炭坑労働者たちのストライキに心を動かされ、彼らとその家族を支援するために、仲間たちと募金活動を始めたのだ。しかし、彼らが実はゲイの活動家(LGSM)だと知ると、寄付の申し出はことごとく断られてしまう。そこへ、勘違いから、唯一受け入れてくれる炭坑が現れる!彼らは、ミニバスに載ってウェールズ奥地の炭坑町へと向かうが…。

「パレードへようこそ」に投稿された感想・評価

実話ベースの炭鉱労働者とゲイやレズビアンの友情もの!

テーマは重いのに全体的に明るめで作られていてとても見やすい!最後は思わず涙が出てきた!

まだ80年代の英国ではゲイやレズビアンは偏見や差別をされていたけどそれでもみんな強い!前向きに生きてる!

炭鉱労働者の町の人も心優しく迎えてくれる人もいてお互いを理解して行くところに感動した!!

笑えて泣けるマイノリティー映画!
おススメです!
ジョーが家を出て行くところがすごく感動した。フレディ・フォックスが美しすぎて直視できなかった
イギリスのサッチャー政権下で起きた炭鉱ストライキで、金銭援助をした実在のLGSM「炭鉱夫支援同性愛者の会」を取り扱った映画です。

LGBTがとても差別されていた時代、同じイギリスの話の『イミテーションゲーム』から30年経ってもまだまだ差別は残っていました。

その様子をしっかりと描きながら、主人公の周りの人達の機転や明るさに救われます。特に寄付する炭鉱のある村でのダンスシーン、好意的な住民達がとても気分を上げてくれます。

そして、やはりラストのシーンはとても胸が熱くも暖かくなります。さらに主人公の自立、成長は見ていて応援してしまいます。
想像した以上に面白かった☆
kuu

kuuの感想・評価

4.5
記録
食塩

食塩の感想・評価

3.5
知らない
理解できない
nissy

nissyの感想・評価

3.6

愛の要素を盛り込んで欲しかったな。

でも実話だということが最後分かり、衝撃だった。全く異なる組織が1つになるなんて。
そして、先陣をきってきたマークが26歳でAIDSで亡くなってしまったこと、ああやっぱりか、、無念、
miorie

miorieの感想・評価

4.5
最近お薦めの映画を聞かれたらこちらを挙げています
とびきり泣ける!とか大ハッピーエンド!とかではないと私は認識しているけれど、この映画では人が人によって変わっていくことが映されているから
もちろん一方で、良くも悪くも変わらない人もいて、変わらないものもあって
それはそれで尊重すべきものだと思います
ただ決して同調ではなく、協調でもなかったりする
そしてすべてを畳み掛けるラストシーンがたまらなく好きです
Nana

Nanaの感想・評価

3.9
こんな風にみんなが手を繋いで助け合う世界にしていきたい。
>|