起終点駅 ターミナルの作品情報・感想・評価

起終点駅 ターミナル2015年製作の映画)

上映日:2015年11月07日

製作国:

上映時間:111分

3.1

あらすじ

道東・釧路の地で、頑なに国選弁護しか引き受けずに、25年間、ただ一人生きてきた弁護士・鷲田完治。その生き方はかつて裁判官だった彼が、自らに下した終わりのない量刑だった。 25年前、旭川地方裁判所判事として赴任中、覚せい剤事件の被告として法廷に現れた女。それは学生時代の恋人・冴子(尾野真千子)だった。彼女は完治の司法試験合格と同時に、彼の前から忽然と姿を消したのだ。10年の時を経ての思いがけない…

道東・釧路の地で、頑なに国選弁護しか引き受けずに、25年間、ただ一人生きてきた弁護士・鷲田完治。その生き方はかつて裁判官だった彼が、自らに下した終わりのない量刑だった。 25年前、旭川地方裁判所判事として赴任中、覚せい剤事件の被告として法廷に現れた女。それは学生時代の恋人・冴子(尾野真千子)だった。彼女は完治の司法試験合格と同時に、彼の前から忽然と姿を消したのだ。10年の時を経ての思いがけない再会。完治の人生は大きく揺らぎ始める。東京に妻と幼い子を残す完治だが、冴子へ想いは再燃し、二人の関係は蘇る。 それから半年、東京転任が決定した完治は大きな決断をする。だがそれを告げた時、再び冴子は彼の前から消えて行ったのだった。今度は“永遠”に……。 なぜ彼女は自分から去っていってしまったのか。その結末に打ちのめされ、自らの罪を思い知る完治は、判事の職も家族も捨て、逃げ込むように人生の「終点駅」として釧路の地に降り立つ。以来25年間、別れた妻とわが子への送金を続けながら、孤独な弁護士生活を続けていた。 そんなとき、担当した事件の被告人として現れたのが敦子(本田翼)だった。完治は彼女の中に、出会ったころの冴子の面影を見る。敦子もまた、完治に心を許していく。止まっていた完治の時間が動き出した。 あたかも罪を償うかのように、頑ななまでに孤独を貫いてきた男が、天使のごとく現れた敦子の人生に思いがけなく立ち会うことで、彼自身の人生にどう決着をつけて行くのか……

「起終点駅 ターミナル」に投稿された感想・評価

佐藤浩市さん 好きになった〜
料理番組かってぐらい
うまそうだった〜唐揚げ。

人とかかわるのが嫌なのは
傷つきたくないから。
誰よりも愛情深い人だと思った
息子さんの結婚式 かけつける所
グッときた。
シン

シンの感想・評価

4.5
「冒頭20分の奇跡」
尾野真千子さんに完全に惚れてしまいました。
気がついたら観終わってた。
本田翼は相変わらずでしたが、脚本が素敵すぎる。鷲田完治の冷たい優しさが…。

映画好きになってしまうと、映画のヒロインを好きになりすぎてしまって、現実にもそれを求めてしまう…。
「闘え鷲田完治。逃げるな鷲田完治。」
こんなクサい台詞みたいなことを言っちゃうような女性は居ないけど、映画が好きだと言うなら、そんな女性を演じてほしいなっていう僕からの女性への願いです。笑
M

Mの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

ちょっとだけネタバレ⚠︎

最初の方の駅のシーン、自殺よりもただただ雪が合成すぎて話が入ってこなかった😅
ばっさー棒読みだしお箸の持ち方たしかにやばかったとは思うけど、
ばっさーの役の存在が鷲尾さんを動かすきっかけになったのかなあとは思う
カセットテープとか新聞のスクラップとか昔ながらですごくよかった
最後のいくらごはん食べながら泣くところとか、これが泣きながら食べるごはんか!っていうかんじですごいそこはグッときた!🙌
akira

akiraの感想・評価

-
記録。
先輩が本田翼さんの箸の持ち方が…って言うから気になっちゃったな。
本田翼の箸の持ち方と棒読みが酷過ぎる!
kao

kaoの感想・評価

3.2
本田翼と関係を持ってしまうかとヒヤヒヤしたけど、そこは無くてホッとした。
結婚式に向かう前向きな終わり方でよかった。
佐藤浩一の最近の演技がキレキレで凄いなと。実は尾野真千子が存在感出してるし、何気に本田翼色っぽい。終着駅=始発駅、要は考え方ですね。ご飯美味しそう、マイラバの歌も良かった。
>|