世界から猫が消えたならの作品情報・感想・評価

世界から猫が消えたなら2015年製作の映画)

上映日:2016年05月14日

製作国:

上映時間:103分

3.6

あらすじ

これは、余命わずかな僕に起きた、やさしい「愛」の物語。 余命わずかの30歳郵便配達員の前に、自分と同じ姿をした悪魔が現れた。 世界から電話、映画、時計、そして、猫が消える…? もしも、大切なものを一つ消すこととひきかえに、一日の命をもらえるとしたら。 もし僕が「余命わずか」と宣告されたなら・・・ 僕は30歳の郵便配達員。愛猫・キャベツと一緒にふたりぐらし。ある日の午後。あまりに…

これは、余命わずかな僕に起きた、やさしい「愛」の物語。 余命わずかの30歳郵便配達員の前に、自分と同じ姿をした悪魔が現れた。 世界から電話、映画、時計、そして、猫が消える…? もしも、大切なものを一つ消すこととひきかえに、一日の命をもらえるとしたら。 もし僕が「余命わずか」と宣告されたなら・・・ 僕は30歳の郵便配達員。愛猫・キャベツと一緒にふたりぐらし。ある日の午後。あまりにひどい頭痛がするので病院にいってみたら、脳に腫瘍ができて、余命わずかと宣告されてしまった。l そんな僕の目の前に「悪魔」が現れたなら・・・ 僕が、もうすぐ死ぬ?そんなこと簡単に受け入れられるはずがない。ショックで呆然とする僕の前に、ひとりの男が現れた。その男は、なんと僕だった。いや、違う。僕と同じ姿形をした(僕より指がちょっとだけ長い)悪魔だ。うろたえる僕に悪魔がささやいた。「世界からものを一つ消せば、一日の命をあげる」。ただし消すものは、僕にとって大切なものじゃなきゃダメらしい。 世界から「電話」が消えたなら・・・ 悪魔との取引きで、僕は、世界から電話を消してしまった。電話が無い世界も、それはそれで悪くないかも?なんて軽く考えたけど、とんでもない。いまは別れてしまったけど大好きだった彼女とは、一本の間違い電話がきっかけで出会った。だから電話と一緒に、僕と彼女との大切な思い出もぜんぶ消えてしまった。電話がなくなった世界では、僕は彼女と出会わない。もちろん恋もしない。 世界から「映画」が消えたなら・・・ 次に、世界から映画を消してしまった僕は、たった一人の親友を失ってしまった。彼の名前はタツヤ。大学時代に知り合って、すぐに意気投合した。人見知りでちょっと変わってるけど、優しい心を持っている。映画マニアで、いつも僕に映画をすすめてくれていた。もう彼と映画の話をすることはない。 世界から「時計」が消えたなら・・・ 僕の実家は時計屋さん。すっかり寄りつかなくなってしまったが、家族の思い出がいっぱいつまってる。数年前に母を亡くしてから、父とはうまく折り合えなくなってしまった。無口で不器用な父。今もあの家で、誰かの時計を修理しながら暮らしているのかな。そしてもうひとつ、時計で思い出すことといえば、彼女との海外旅行。アルゼンチン~ブラジルの旅。とびきり楽しかった思い出と、偶然の出会い。そして思い出すのもつらいほどの悲しい出来事。僕と彼女はこの旅行から帰った後、別れてしまったんだ。 そして、世界から「猫」が消える・・・!? 僕は、これまで二匹の猫と一緒に暮らしてきた。僕が子供の頃に拾ってきたレタス。そしてレタスの死後、家にやってきたキャベツ。二匹とも子猫のときから我が家で育った、大切な家族の一員だ。生前の母はキャベツをとても可愛がっていて、自分が死ぬってときにも、僕がちゃんとお世話をできるか心配していたくらい。母は、優しくてあったかい人だった。いつだって僕の一番の理解者でいてくれた。キャベツはそんな母のかわりに、僕を見守ってくれている(ような気がする)。もしも世界から猫を消してしまうと、キャベツは消えてしまう。母と猫と一緒に笑いあった日々の記憶とともに…。それは僕にとって、まさに最後の選択だ。僕は生きるために、世界から猫を消してしまうのだろうか。

「世界から猫が消えたなら」に投稿された感想・評価

いい二本立てやってるなぁ、ミナト座
基本映画で泣かないけどこれは泣いた
濱田岳が良すぎた
Kei

Keiの感想・評価

3.9
佐藤健はあんまり好きじゃないけど、この作品はなんかいいな、と思った。

ネコもとても好きじゃないけど、この映画を見て1ポイントくらいネコが好きになった。

画面の雰囲気とか全体の作りが大人しめだったので、そういうトーンで観れた。
とてもいいとかどうとか、といよりストン、心におちるものがあった。
ミモザ

ミモザの感想・評価

4.0
泣いた。
ツタヤ、じゃないタツヤの“最後の映画”を探すシーンにボロ泣き。
というかいいなぁ。
自分にあいそうな映画のDVDを探して貸してくれるって。
そして、それを語り合えるって…
映画好きなら、たまらなく良い友達だよ!
お母さんにありがとうってもっと言えばよかったって後悔するところは、自分と重なる。
私はペット飼っていないから、猫が消えても感情移入できないかもしれないけど、例えば映画が消えたら切ないなぁ。
好きだった人や友達に会いくなった!
Moko

Mokoの感想・評価

3.7
映像が綺麗、そして濱田岳が最高です…
お父さんも…

あったかいです。

猫が飼いたくなりました。
hiro

hiroの感想・評価

3.0
余命を一日延ばす代わりに、世界から何か一つ消すことで、何が大切なのか気づいていく感じ。猫の名前が変わってて可愛い(*^ω^*)⭐️
Canai

Canaiの感想・評価

4.1
何かを失って、何かを得る。
今の自分にぴったり。
観た当時の心境と何かが重なったせいか、後半にある主人公の母親が縁側で飼い猫を抱き抱えてるシーンあたりから涙が止まらなくなってた。あと濱田岳がホントいい親友なんだ……
ところどころクサいセリフや演出はあったけど、静かに染み渡る内容の映画だった。自分が仮に明日死んだら誰が悲しんでくれるのか、自分にとってかけがえのないものは何なのか、自分の人生における大事な人達とちゃんと繋がれているのか、色々と考えさせられるよね…。
劇中で数度引用されている「海の上のピアニスト」のセリフが刺さる。
鑑賞記録
>|