世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

上映日:2016年05月14日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:103分
    監督
    永井聡
    脚本
    岡田惠和
    原作
    川村元気
    キャスト
    佐藤健
    宮崎あおい
    濱田岳
    奥田瑛二
    原田美枝子
    奥野瑛太
    石井杏奈
    あらすじ
    これは、余命わずかな僕に起きた、やさしい「愛」の物語。 余命わずかの30歳郵便配達員の前に、自分と同じ姿をした悪魔が現れた。 世界から電話、映画、時計、そして、猫が消える…? もしも、大切なものを一つ消すこととひきかえに、一日の命をもらえるとしたら。 もし僕が「余命わずか」と宣告されたなら・・・ 僕は30歳の郵便配達員。愛猫・キャベツと一緒にふたりぐらし。ある日の午後。あまりにひどい頭痛がするので病院にいってみたら、脳に腫瘍ができて、余命わずかと宣告されてしまった。l そんな僕の目の前に「悪魔」が現れたなら・・・ 僕が、もうすぐ死ぬ?そんなこと簡単に受け入れられるはずがない。ショックで呆然とする僕の前に、ひとりの男が現れた。その男は、なんと僕だった。いや、違う。僕と同じ姿形をした(僕より指がちょっとだけ長い)悪魔だ。うろたえる僕に悪魔がささやいた。「世界からものを一つ消せば、一日の命をあげる」。ただし消すものは、僕にとって大切なものじゃなきゃダメらしい。 世界から「電話」が消えたなら・・・ 悪魔との取引きで、僕は、世界から電話を消してしまった。電話が無い世界も、それはそれで悪くないかも?なんて軽く考えたけど、とんでもない。いまは別れてしまったけど大好きだった彼女とは、一本の間違い電話がきっかけで出会った。だから電話と一緒に、僕と彼女との大切な思い出もぜんぶ消えてしまった。電話がなくなった世界では、僕は彼女と出会わない。もちろん恋もしない。 世界から「映画」が消えたなら・・・ 次に、世界から映画を消してしまった僕は、たった一人の親友を失ってしまった。彼の名前はタツヤ。大学時代に知り合って、すぐに意気投合した。人見知りでちょっと変わってるけど、優しい心を持っている。映画マニアで、いつも僕に映画をすすめてくれていた。もう彼と映画の話をすることはない。 世界から「時計」が消えたなら・・・ 僕の実家は時計屋さん。すっかり寄りつかなくなってしまったが、家族の思い出がいっぱいつまってる。数年前に母を亡くしてから、父とはうまく折り合えなくなってしまった。無口で不器用な父。今もあの家で、誰かの時計を修理しながら暮らしているのかな。そしてもうひとつ、時計で思い出すことといえば、彼女との海外旅行。アルゼンチン~ブラジルの旅。とびきり楽しかった思い出と、偶然の出会い。そして思い出すのもつらいほどの悲しい出来事。僕と彼女はこの旅行から帰った後、別れてしまったんだ。 そして、世界から「猫」が消える・・・!? 僕は、これまで二匹の猫と一緒に暮らしてきた。僕が子供の頃に拾ってきたレタス。そしてレタスの死後、家にやってきたキャベツ。二匹とも子猫のときから我が家で育った、大切な家族の一員だ。生前の母はキャベツをとても可愛がっていて、自分が死ぬってときにも、僕がちゃんとお世話をできるか心配していたくらい。母は、優しくてあったかい人だった。いつだって僕の一番の理解者でいてくれた。キャベツはそんな母のかわりに、僕を見守ってくれている(ような気がする)。もしも世界から猫を消してしまうと、キャベツは消えてしまう。母と猫と一緒に笑いあった日々の記憶とともに…。それは僕にとって、まさに最後の選択だ。僕は生きるために、世界から猫を消してしまうのだろうか。

    「世界から猫が消えたなら」に投稿された感想・レビュー

    タナカノゾミ™
    タナカノゾミ™の感想・レビュー
    2017/01/09
    -
    いい二本立てやってるなぁ、ミナト座
    落ちる
    落ちるの感想・レビュー
    10時間
    4.0
    好き
    Tsukasa群青
    Tsukasa群青の感想・レビュー
    15時間
    3.5
    原作小説は数年前に読んだ。原作から映画として上手くアレンジ出来ていると思う。映像も音楽も全体的に淡いトーンで心地よい。それとは対称的にアルゼンチン旅行の回想シーンは明るく開放的で良いアクセントになっている。世界から何かが消えるシーンは視覚的に表現されていて、そこは小説とは違う映画ならではの魅力だと思った。そしてやっぱり、宮崎あおいが可愛い。I read the original novel several years ago. I think that it is well arranged as a movie from the original. The picture and the music are pleasant with a pale tone as a whole. In contrast to that, the recollection scene of Argentina trip is bright, open and good accent. It was expressed visually by the scene where something disappeared from the world, I thought that it is unique charm of a movie different from a novel. And after all, Aoi Miyazaki is cute.
    atsuki
    atsukiの感想・レビュー
    17時間
    2.6
    【ケアレスミス】

    お母さん「サラダ作るからレタス買ってきて」

    僕「分かった」

    ー帰宅ー

    僕「レタス買ってきたよ」

    お母さん「これキャベツだよ」

    みたいな事が小学生の時にしたおつかいでは良くあったのを思い出す。

    まぁキャベツでもサラダは作れない事はなくて、「代用」は出来る訳です。

    脳腫瘍で余命わずかと宣告された30歳の郵便配達員の青年の前に、青年とそっくりな悪魔が姿を現わす。悪魔は青年に、大切なものと引き換えに1日の命をくれるという。電話や映画、時計など大切にしてきたものが次々と失われていく中、青年は元恋人と再会を果たし、かつての思いや別れの時を思い出していくヒューマンドラマ。

    世界は愛で溢れてるという事に気付くかけがえのない物語に感動はします。特にお母さんと主人公の僕が海で会話するシーンは感情移入もあり、胸に来るものがありました。

    ただこの映画を見てて、ただ1つ気に食わない点があるが為にただの良い話で終わり、心に残る事は無かった。

    その1つの点とは「猫」の話。

    「猫」によって紡がれる感動の話は、「猫」によって疑問点が生まれてしまった。

    というのも最初にレタスとキャベツの話をしたのは、この映画に「レタス」と「キャベツ」という2匹の猫が登場するからだ。レタスは僕が拾ってきた野良猫で、家で飼い始めてからお母さんと相思相愛の関係性を築いていく。けれど中盤のシーンでレタスが老衰によって死んでまう。病気気味だった母を元気付ける為に、レタスにソックリのキャベツという野良猫を「代用」として飼い始める。

    そうレタスと間違えてキャベツを買ってきても「代用」でサラダは作れる様に…

    何が言いたいかというと、この映画のメッセージ性とこの「代用」という猫の話が非常にミスマッチだなと感じてしまったのだ。

    なぜならこの映画のメッセージ性とは「この世界から僕が消えてしまったら、誰が悲しんでくれるだろうか」と苦悩や葛藤する主人公は摩訶不思議な体験をした先で、この世界は愛で溢れていて、この世界はかけがえのないものなのだと気付く。つまりは、人生で紡ぎ続けた1分1秒で出会ってきた人々、また愛を深めた家族や親友や恋人、当たり前で何気ないからこそ気付く事のできない有り難さを知れるのだ。

    そう「代用」は出来ないのだと。かけがえのないものを「代用」して、何か抜けた穴を埋めるというヒッチコックの『めまい』でも見れたある種の狂気的な選択は間違っているのだと。たとえ失ったとしても、かけがえのないものは残り続けるというメッセージなのだから。

    それなのに…それなのに…

    題名でも堂々使われてる「猫」はまるで消耗品の様に「代用」してしまうのか…

    もうお前考えすぎで、偏屈な野郎だなと思ってもらっても構わない。でもこの映画の主人公は何気ない事に気付けなかったというストーリーだ。もし主人公がそんな狂気的な選択を気付かずに行えてしまうなら、この世にあるかけがえのないものは、かけがえのないものの犠牲によって生まれるものなのだと。

    お母さんが死ぬなら違うお母さんで「代用」すればいい、親友がいなくなるなら違う親友で「代用」すればいい、恋人がいなくなるなら違う恋人で「代用」すればいい。これこそまさに狂気だ。

    たかが猫、されど猫。

    猫を消耗品の様に扱うなら、人もまた同じ様に扱う事さえ容易である。

    お母さんはキャベツが来たからあの遺書を書き、僕はキャベツに見守られてきたからあの結末を迎えた。

    猫を「代用」するなら、人間も「代用」してかけがえのないものを見つければいいじゃないか。

    書いてる自分が何言ってるのか分からなくなってきたが、ただ、ただ、ただ、ただ、ただ、この1点が気に食わなかった。

    生きる、生きてやる、猫の犠牲の上でね。

    そんなケアレスミスが気になってしょうがない猫派の意見でした。
    misaki
    misakiの感想・レビュー
    20時間
    3.5
    記録
    Y
    Yの感想・レビュー
    20時間
    4.8
    こういうタイプの映画は普段全く観ないのだけど,何となく観てみたらめっちゃ良かった…!後半めっちゃ泣いた。まず映像の色調がすごく好き。あと役者陣が最高。濱田岳はもともと好きだったけど,佐藤健がこんないい役者さんだとは知らなかった(演技見たことなかった笑)。宮崎あおいも,今まで良さが分からなかったけどこの作品は良かった。奥田瑛二と原田美枝子も最高。出演してる猫まで可愛い。物が消えるシーンが不評みたいだけど,物語自体がファンタジーだし,私は特に気にならなかった。原作知らないからかも。
    chi
    chiの感想・レビュー
    1日
    2.3
    記録
    ronronron37
    ronronron37の感想・レビュー
    1日
    3.0
    優しい映画。

    ペットが家族の中で果たす役割は大きいなぁと考えさせられた。潤滑油のような存在。旅立ってしまった愛犬に会いたくなった。

    モノが消えていってしまうシーンには、毎回ちょっとびっくり。違和感(笑)
    >|