世界から猫が消えたならの作品情報・感想・評価

世界から猫が消えたなら2015年製作の映画)

上映日:2016年05月14日

製作国:

上映時間:103分

3.6

あらすじ

これは、余命わずかな僕に起きた、やさしい「愛」の物語。 余命わずかの30歳郵便配達員の前に、自分と同じ姿をした悪魔が現れた。 世界から電話、映画、時計、そして、猫が消える…? もしも、大切なものを一つ消すこととひきかえに、一日の命をもらえるとしたら。 もし僕が「余命わずか」と宣告されたなら・・・ 僕は30歳の郵便配達員。愛猫・キャベツと一緒にふたりぐらし。ある日の午後。あまりに…

これは、余命わずかな僕に起きた、やさしい「愛」の物語。 余命わずかの30歳郵便配達員の前に、自分と同じ姿をした悪魔が現れた。 世界から電話、映画、時計、そして、猫が消える…? もしも、大切なものを一つ消すこととひきかえに、一日の命をもらえるとしたら。 もし僕が「余命わずか」と宣告されたなら・・・ 僕は30歳の郵便配達員。愛猫・キャベツと一緒にふたりぐらし。ある日の午後。あまりにひどい頭痛がするので病院にいってみたら、脳に腫瘍ができて、余命わずかと宣告されてしまった。l そんな僕の目の前に「悪魔」が現れたなら・・・ 僕が、もうすぐ死ぬ?そんなこと簡単に受け入れられるはずがない。ショックで呆然とする僕の前に、ひとりの男が現れた。その男は、なんと僕だった。いや、違う。僕と同じ姿形をした(僕より指がちょっとだけ長い)悪魔だ。うろたえる僕に悪魔がささやいた。「世界からものを一つ消せば、一日の命をあげる」。ただし消すものは、僕にとって大切なものじゃなきゃダメらしい。 世界から「電話」が消えたなら・・・ 悪魔との取引きで、僕は、世界から電話を消してしまった。電話が無い世界も、それはそれで悪くないかも?なんて軽く考えたけど、とんでもない。いまは別れてしまったけど大好きだった彼女とは、一本の間違い電話がきっかけで出会った。だから電話と一緒に、僕と彼女との大切な思い出もぜんぶ消えてしまった。電話がなくなった世界では、僕は彼女と出会わない。もちろん恋もしない。 世界から「映画」が消えたなら・・・ 次に、世界から映画を消してしまった僕は、たった一人の親友を失ってしまった。彼の名前はタツヤ。大学時代に知り合って、すぐに意気投合した。人見知りでちょっと変わってるけど、優しい心を持っている。映画マニアで、いつも僕に映画をすすめてくれていた。もう彼と映画の話をすることはない。 世界から「時計」が消えたなら・・・ 僕の実家は時計屋さん。すっかり寄りつかなくなってしまったが、家族の思い出がいっぱいつまってる。数年前に母を亡くしてから、父とはうまく折り合えなくなってしまった。無口で不器用な父。今もあの家で、誰かの時計を修理しながら暮らしているのかな。そしてもうひとつ、時計で思い出すことといえば、彼女との海外旅行。アルゼンチン~ブラジルの旅。とびきり楽しかった思い出と、偶然の出会い。そして思い出すのもつらいほどの悲しい出来事。僕と彼女はこの旅行から帰った後、別れてしまったんだ。 そして、世界から「猫」が消える・・・!? 僕は、これまで二匹の猫と一緒に暮らしてきた。僕が子供の頃に拾ってきたレタス。そしてレタスの死後、家にやってきたキャベツ。二匹とも子猫のときから我が家で育った、大切な家族の一員だ。生前の母はキャベツをとても可愛がっていて、自分が死ぬってときにも、僕がちゃんとお世話をできるか心配していたくらい。母は、優しくてあったかい人だった。いつだって僕の一番の理解者でいてくれた。キャベツはそんな母のかわりに、僕を見守ってくれている(ような気がする)。もしも世界から猫を消してしまうと、キャベツは消えてしまう。母と猫と一緒に笑いあった日々の記憶とともに…。それは僕にとって、まさに最後の選択だ。僕は生きるために、世界から猫を消してしまうのだろうか。

「世界から猫が消えたなら」に投稿された感想・評価

いい二本立てやってるなぁ、ミナト座
歩

歩の感想・評価

3.2
佐藤健があんまりなぁ…。
あと物が消える時の描写がファンタジー感ありすぎで入り込めん。
でもお母さんの手紙はたまらんかった。
miku

mikuの感想・評価

-
もし、世界から大切なものが消えたなら。毎日いろんなことがあって、友達関係や家族関係など、悩みの種は尽きない。かと言って1人で生きるのが幸せか。そうではない。私を支えてくれる人、側にいてくれる人、笑顔をくれる人、皆がいるから、生きてるってしあわせだなって思える。だから、どんなことがあっても周りの人を大切にして、1日1日生きていこうと思った。生きてやる。今日を生きれなかった人の分まで、「生きてやる!」お母さんの手紙ボロボロ泣けた。ありがとうって魔法の言葉だなぁ。
予告PVの映像と音楽に惹かれて鑑賞。
海辺の母親との場面が美しくて切なくて泣きそうになった。やっぱりエンディングの曲が良かった。
自分の好きなものがなかったら、自分の好きな人と出会わなかったら、それって生きてる意味あるのかなあ?自分ってなにでできてるんだろう?なんだか空っぽになっていく感じがして最後は泣いてしまった、、
この手の映画はそんなに好きじゃないんだけど動揺させられた、、ぐらぐらとした、、
中谷

中谷の感想・評価

4.3
海辺のシーン良いなぁ
作品中の映画館の看板にあった『ファイトクラブ』を真似たような展開があったのも面白かった。
この映画を最後の1本にしても僕は別に良い。
rsn

rsnの感想・評価

3.5
思ってたよりよかった
ha

haの感想・評価

4.6
記録
佐藤健ファンによる感想

宮崎あおいちゃんと健くんによる映画の宣伝は
バラエティ以下あほほど見てて、お腹いっぱいになり、
題材も苦手な「死」ネタだったので、映画館に行かなかったんですが、
ようやくWOWOWでやっていたので見ました。

脳腫瘍で自分の命がもうすぐ尽きることを知った主人公。
自分と同じ顔の悪魔に出会い、大事なものを失う代わりに命を延ばしてもらうという内容。
役名もないの。
主人公と彼女の名前を呼ばない世界。

全体的に映画の中に「独特な色味、雰囲気」が漂っていて、
少し不思議な世界。
登場人物が個性があって、生き生きとしてて。
そのみんなにやられたな・・。
死ネタは本当に悲しいし苦手なんですけど、、
1健くんファンから言わせてもらうと、健くんのビジュアルめっちゃいい。
んでもって、悪魔の健くんと生きてる健くんのちょっと弱々しい感じが両方堪能できるところが最高of最高。
こういうところが大好きだよ。

宮崎あおいちゃんも透明感があって、元カノっていう位置づけなんだけど、
大事に思ってるのも伝わるし、可愛かった。
存在感がある役者さんだな。

濱田岳くんのたつやもさーーすげーーいいーーーーーー
映画が大好きで、毎日毎日健くんにDVDを貸すの。
映画は無限にあるからこのやり取りは永遠に続く、っていうところもいい・・。

「電話」があったから彼女と出会えて、「映画」があったから親友に出会えたっていう
大切なものが消えていくショックもすごかった。

トムさんのこともなんでーって思った。。辛い。。

猫消えないでーーーーーーーってなったし。
とにかく猫かわいい。
レタスとキャベツかわいい。

そしてそして、死んでしまったお母さんの原田美枝子さんと、
武骨なお父さんの奥田瑛二さんが素晴らしい。
原田さん美しいね・・ほんとね・・
儚い感じがすごく出てた。。

そして最後のお父さんにやられたーーーーー
キャベツもらうくだりーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それまで涙腺に来てなかったのに、あそこで一気にきた。。

はー、、、静かだけど、とても色々なことを考えさせられて、
素敵な映画でした。
>|