ヒットマン: エージェント47のネタバレレビュー・内容・結末

「ヒットマン: エージェント47」に投稿されたネタバレ・内容・結末

早送りでみてしまった
守られてたと思ったら実際自分が1番強かったやつ。

屋上からの射撃のシーンの見せ方がうまい。

続く模様。
なんだろう〜おもしろかったけど、あんまり心に残らない映画!
最近こういう銃をバンバン出すようなのをいくつか見てるから、あんまりおお!ってはならないかな。

ただ、道路の真ん中で撃つシーンは好きかも!

最後よく分かんなかったけど、続編あるのならまた見るけど、、、

主人公の男の人が良い人だと思ってたけど序盤はなんだか悪いイメージだったから、これどうなるの、、、って感じで進まなかったけど、見るにつれて面白かったかな!
はっきり言ってひとことでターミネーター。っておもった笑

未来からとかじゃないけど守ったり、守る理由だったりがほんとターミネーター感半端ない笑

そしてまさかの兄弟っていうのはビックリだっけどなんか感動もないしアクションはすごいなーって感じかな。。
トーマス・クレッチマン出てるじゃん!観よ!て感じで観たんですけど予想以上に良かった。こういうの大好きすぎて暴れる。
アクションが見やすいのにめちゃくちゃスタイリッシュでかっこいい!物理的にありえないとかもう細かいことはいいんですよ!個人的には線路でロングコートなびかせながら格闘したり銃で撃ち合ってる所が好きです。最高。
47、完全に敵側の雰囲気出してるのにふとした瞬間が優しげな青年の顔になるのズルい。終始「お前感情あるだろ!いややっぱり無い…?」と思わせてくれる良いキャラでした。有ると思うけどね。
主人公たちは最強無敵のエージェント兄妹ですけど、これからどうやって生きていくのかな〜。ジョン・スミス死んでないし、エージェントも襲ってくるんでしょ?普通の生活は出来ないだろけど、47が今までより人間らしい生活を送れるようにカティアちゃんと色々試行錯誤してほしい。
あとお目当てのクレッチマン先生は出番少なすぎて泣いた。出てきて死んだだけじゃん!人間がペラッペラな下衆の役…でもまぁ、あの、そういうの割と好みなんで全然OKです。ありがとうございます。
予想も期待もしてなかったけどめっちゃお気に入りの映画になりました。さぁ次はスターリングラード(1993年)だ!!
ヒットマン エージェント47見た!
クレッチマンさんの声を宮内さんがすると言うから見たけど、あんまり出ない悪い会長役でした!
あんなにスマートなのに護ってもらいこそこそ逃げるしかできないなんて!クレッチマンさん無駄遣いでは!超人的能力を持ったクレッチマンさんが見たかったよ!
キングスマンみたいにグチャーっと人が死にます。スタイリッシュアクション。
曲はアンクルっぽいときが何度かありました。
敵だけど能力のお陰で死なないザカリー・クイント可愛かったなー(∩´∀`∩)続きありそうフラグ立ったし!(クレッチマンさんの役は完全に死んだ)
基本的にあまり頭髪がない人は好きじゃないんですが、この主人公は何か可愛らしい顔してますね。

ドラマはよく分かりませんがアクションはキレキレでかっこ良かったです。
二丁拳銃……イイネ(笑)

すごい設定を練ったのに簡潔にしたらよくわからなくなりました。みたいな風に感じました。
話に入り込めそう、という所で終わりました……とほほ……

続きがあれば観たいような感じはします。
アクション映画を見たいな〜と、新作棚で予備知識無しに借りた。
最初はエージェントがどちら側なのか分からず素直に話に入っていけた。アクションもためらいなく進むので不満なく見れる。車にワイヤーは初めて見たけど、既出なのかな?敵が不死身なので首狙ったらどうかな?と考えながら見ていたけど、なるほど!そうきたか。女性も意外な展開。
そういえば、寝ている間にピストル無くなった事に気付かないのはおかしいだろう。
あまり敵側が見えなかったので、数年経てばストーリー忘れてしまいそうだけど、恋愛絡まなかったのは良かった。
《ヒットマン強すぎ、サッパリアクション》という印象でした。

前作と言っていいのか分かりませんが、無印のヒットマン程のアクションや迫力、興奮は感じませんでした。

今作のヒットマンであるエージェント47が細身で綺麗な顔立ちというせいもあったかもしれません。

アクションシーンではスピード感やキレはあったものの、
銃撃戦で銃の達人であり強化人間であるヒットマンが相手ですから仕方ないかもしれませんが、
あまりにも呆気なくやられていく敵役達に少し物足りなさを感じてしまいました。

突出して《すごい!》と印象に残った部分が特に無く、
王道のアクション映画を観ているようで、非常に既視感がありました。

行動を共にする女性が自分も強化人間であることを知り、段々と自らの力に目覚めて最終的にバディのような形で共闘するのは面白味があります。

感想としては申し訳無いですが、《可もなく不可もない》に落ち着いてしまいましたが、
それなりに楽しめた作品でした。

駄文失礼しました。
アクションなどは中々見応えありました。
ただ、主役のエージェントが強いのはもちろんなんですが、連れの女性がX-MEN並みの能力を使うもんだから、敵が可哀想にも思えてきた。笑
>|