まりー

おみおくりの作法のまりーのレビュー・感想・評価

おみおくりの作法(2013年製作の映画)
4.2
孤独死した人の、言ってしまえば事後処理を行う民生委員のジョン・メイ。しかし彼は一人一人の死を丁寧に扱い、遠くまで足を運んで身内を探したり、葬儀を執り行ない弔文まで書いたりする。

とても真面目で優しい人なのだと最初は思うけれど、観ているうちに彼も家族はなく孤独の身だと知る。自分の未来の姿を重ね、故人を丁寧に弔う事で孤独と向き合っている姿は悲しく見えた。

静かに、でも暖かく迎えるラストは涙が止まりませんでした。