おみおくりの作法(2013年製作の映画)

STILL LIFE

上映日:2015年01月24日

製作国:
  • イギリス
  • イタリア
  • / 上映時間:91分
    監督
    ウベルト・パゾリーニ
    脚本
    ウベルト・パゾリーニ
    キャスト
    エディ・マーサン
    ジョアンヌ・フロガット
    カレン・ドラリー
    アンドリュー・バカン
    Neil D'Souza
    デヴィッド・ショー・パーカー
    マイケル・エルキンス
    あらすじ
    「死」と向き合うことで「生きる」ことを知っていく......再生の物語 身寄りなく亡くなった人を見送る仕事の民生係ジョン・メイ。事務的に処理することもできるこの仕事を、ジョン・メイは誠意をもってこなす。しかし、人員整理で解雇の憂き目にあい、ジョン・メイのすぐ近くに住むビリー・ストークが最後の案件となる。彼の人生を紐解くために、ジョン・メイは故人を知る人々を訪ね、イギリス中を旅する。そして、生身の人間と関わっていくことでジョン自身も新たな人生を歩み始める......。

    「おみおくりの作法」に投稿された感想・レビュー

    踊る猫
    踊る猫の感想・レビュー
    2017/02/03
    3.6
    良く言えば手堅く作られたムダのない映画。悪く言えば何処までも地味な映画。自らの「死生観」を問い直すにあたってこの映画に臨んだのだが、どんな逆境に置かれても堅実に仕事を続ける主人公の姿は確かに感動的だ。だが盛り上げ方が今ひとつ中途半端というか、例えばもっと華のあるヒーロー/ヒロインを据えて見せ場を作るとか、ケン・ローチがそうしているように社会派的な問題をもっと盛り込んでリアルに社会問題を炙り出すという選択肢はあったように思われる。それがないせいでどうしても「地味」(まあ、言い方を変えれば「渋い」とも言えるのだが)な印象を感じさせる。ラストもなんだか取ってつけたようなものだし、映像面で光るものもないし……そういうわけでこの点数に落ち着いてしまった。駄作だとかそんなことを言うつもりはない。ただ、どうも「渋過ぎる」。そこで好みが別れるのだろう。私はもっとデーハーさを重視したいので点が辛くなってしまった。
    まつざきなつみ
    まつざきなつみの感想・レビュー
    1日
    4.0
    元のタイトルのstill lifeは静物画という意味だけど、死者、動かないものの人生という意味なんだろうなと思った。
    身寄りのない人の葬儀を仕事とするメリーさんの情のある仕事ぶりがすごく印象的だった。
    最後のメリーさんのお墓参りのシーンは思わず目頭が熱くなった。
    べき
    べきの感想・レビュー
    2日
    3.5
    ラストが衝撃。
    ももまま
    ももままの感想・レビュー
    2日
    -
    ラスト泣いた
    けんけん
    けんけんの感想・レビュー
    4日
    3.6
    スローテンポで進んでいくけれどおもしろかった。最後の展開にはちょっと驚いたけどラストシーンもよくできていてよかった。
    maipoyox
    maipoyoxの感想・レビュー
    5日
    3.6
    じんわり。
    dodo
    dodoの感想・レビュー
    5日
    5.0
    素敵でした。
    身寄りのないご遺体を見送るお仕事をする、ジョン・メイと言う男の几帳面さや、生真面目さ、人柄、誠実さが、伝わってくる。
    死んだらそれで終わりという考え方もできるが、手厚く葬ってあげることも、人生の終わりを締めくくる上で、必要なことなのかもしれない。人にはそれぞれの人生があり、それに触れて、少しだけその人の生きてきた道のりが見えてくる。
    生きた人ではなく、死んだ人と関わる。それは、意味があることかないことかは、最後にわかる。
    素晴らしかったなぁ。
    BLACKM
    BLACKMの感想・レビュー
    5日
    4.0
    作品全体を覆う静けさと、一瞬訪れるかすかな衝撃のラストシーン。すごく好きな映画のひとつ。
    xxx
    xxxの感想・レビュー
    5日
    3.6
    慎ましく きめ細やかで繊細な作品。
    人間はいつだって死者の残したものの上に生きてるんだね。
    >|