おみおくりの作法の作品情報・感想・評価

おみおくりの作法2013年製作の映画)

STILL LIFE

上映日:2015年01月24日

製作国:

上映時間:91分

3.7

あらすじ

「死」と向き合うことで「生きる」ことを知っていく......再生の物語 身寄りなく亡くなった人を見送る仕事の民生係ジョン・メイ。事務的に処理することもできるこの仕事を、ジョン・メイは誠意をもってこなす。しかし、人員整理で解雇の憂き目にあい、ジョン・メイのすぐ近くに住むビリー・ストークが最後の案件となる。彼の人生を紐解くために、ジョン・メイは故人を知る人々を訪ね、イギリス中を旅する。そして、生身の…

「死」と向き合うことで「生きる」ことを知っていく......再生の物語 身寄りなく亡くなった人を見送る仕事の民生係ジョン・メイ。事務的に処理することもできるこの仕事を、ジョン・メイは誠意をもってこなす。しかし、人員整理で解雇の憂き目にあい、ジョン・メイのすぐ近くに住むビリー・ストークが最後の案件となる。彼の人生を紐解くために、ジョン・メイは故人を知る人々を訪ね、イギリス中を旅する。そして、生身の人間と関わっていくことでジョン自身も新たな人生を歩み始める......。

「おみおくりの作法」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.6
良く言えば手堅く作られたムダのない映画。悪く言えば何処までも地味な映画。自らの「死生観」を問い直すにあたってこの映画に臨んだのだが、どんな逆境に置かれても堅実に仕事を続ける主人公の姿は確かに感動的だ。だが盛り上げ方が今ひとつ中途半端というか、例えばもっと華のあるヒーロー/ヒロインを据えて見せ場を作るとか、ケン・ローチがそうしているように社会派的な問題をもっと盛り込んでリアルに社会問題を炙り出すという選択肢はあったように思われる。それがないせいでどうしても「地味」(まあ、言い方を変えれば「渋い」とも言えるのだが)な印象を感じさせる。ラストもなんだか取ってつけたようなものだし、映像面で光るものもないし……そういうわけでこの点数に落ち着いてしまった。駄作だとかそんなことを言うつもりはない。ただ、どうも「渋過ぎる」。そこで好みが別れるのだろう。私はもっとデーハーさを重視したいので点が辛くなってしまった。
下手なサスペンスより驚かされた。
賛否分かれるだろうけど、私は好き。

上司のセリフが頭に残った。
お葬式って死者のためなのか、残された人のためなのか。
慎ましい慈愛と清く正しい悲哀の物語が彩度の低い落ち着いた雰囲気の映像でゆっくり静かに語られていく。
全ての貴方ごときの上に、全ての私ごときの上に、乾いた地面の上に、等しく雨の降るごとく、死は満遍なく降りしきる。
言葉遊びの音階分解にしか過ぎないけれどソラ(空)の上にはシ(死)があって、ド(土)の下にもシ(死)は埋まっている四音で語れてしまうような人生の縁にだって死を詩に変えるような出来事があったりもするんじゃないのかな。
そして、ドレを身あるいは実にまで押し上げるのかっていう選択肢の増える人生の話でもある。

奇妙なフェティッシュというかユーモアが垣間見れるシーンが印象的で、バスの中で包みから出される死んだ魚のアップとか、走行する車の開いた荷台から落ちたアイスクリームとそれを食べてるシーンとか、ソファの折れた脚の代わりに本を積み重ねて脚にしてるのめちゃくちゃ可愛くて良いって思った。
やるせない。
ぐぅぅうぅぅぅって感じの映画。
本当に見る人によって、ハッピーエンドかそうじゃないか別れる映画だと思う。わたしは、びみょ~~~~~。とりあえず泣いといた。
主人公はただただ好き!良い仕事をする人。こんな人がこの世に増えればいいし、私もそうなりたいと思った。

このレビューはネタバレを含みます

終始切ない雰囲気の話。ビリー・ストークの葬儀にみんなが集まるのは、ジョン・メイのお陰であり、ジーンとくるシーンであったが、孤独死を弔い続けてきた主人公が最後に死に、その葬儀にくるのは死者のみというのはあまりに悲しい話である。

このレビューはネタバレを含みます

良かった

時間を掛けすぎてリストラされてしまうのは仕方ないかもしれないけど
あの仕事振りをもっとちゃんと見て欲しかった
そしたらせめて部署替えとか注意とかで済んだのではないかと

最後にちゃんと見ててくれた人がいるって分かって安心した
rrrrr

rrrrrの感想・評価

3.4
最期が切なかった
物語は単調な感じだが、主人公の役者さんがピッタリであり、言動ではなく行動から何を考えているのか、どういった気持ちなのかなど映画をみてるときに自然と考えさせられる
頑張ったことは誰かが見てくれてる。
>|