おみおくりの作法の作品情報・感想・評価

おみおくりの作法2013年製作の映画)

STILL LIFE

上映日:2015年01月24日

製作国:

上映時間:91分

3.7

あらすじ

「死」と向き合うことで「生きる」ことを知っていく......再生の物語 身寄りなく亡くなった人を見送る仕事の民生係ジョン・メイ。事務的に処理することもできるこの仕事を、ジョン・メイは誠意をもってこなす。しかし、人員整理で解雇の憂き目にあい、ジョン・メイのすぐ近くに住むビリー・ストークが最後の案件となる。彼の人生を紐解くために、ジョン・メイは故人を知る人々を訪ね、イギリス中を旅する。そして、生身の…

「死」と向き合うことで「生きる」ことを知っていく......再生の物語 身寄りなく亡くなった人を見送る仕事の民生係ジョン・メイ。事務的に処理することもできるこの仕事を、ジョン・メイは誠意をもってこなす。しかし、人員整理で解雇の憂き目にあい、ジョン・メイのすぐ近くに住むビリー・ストークが最後の案件となる。彼の人生を紐解くために、ジョン・メイは故人を知る人々を訪ね、イギリス中を旅する。そして、生身の人間と関わっていくことでジョン自身も新たな人生を歩み始める......。

「おみおくりの作法」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.6
良く言えば手堅く作られたムダのない映画。悪く言えば何処までも地味な映画。自らの「死生観」を問い直すにあたってこの映画に臨んだのだが、どんな逆境に置かれても堅実に仕事を続ける主人公の姿は確かに感動的だ。だが盛り上げ方が今ひとつ中途半端というか、例えばもっと華のあるヒーロー/ヒロインを据えて見せ場を作るとか、ケン・ローチがそうしているように社会派的な問題をもっと盛り込んでリアルに社会問題を炙り出すという選択肢はあったように思われる。それがないせいでどうしても「地味」(まあ、言い方を変えれば「渋い」とも言えるのだが)な印象を感じさせる。ラストもなんだか取ってつけたようなものだし、映像面で光るものもないし……そういうわけでこの点数に落ち着いてしまった。駄作だとかそんなことを言うつもりはない。ただ、どうも「渋過ぎる」。そこで好みが別れるのだろう。私はもっとデーハーさを重視したいので点が辛くなってしまった。
tomo

tomoの感想・評価

3.5
Hulu,吹き替えで鑑賞。終盤迄は100点の映画だったんですが、ラストがちょっと😥いや、意図は分かるけどさ😥
かわこ

かわこの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ジョン、そんな終わり方…
彼が見送った魂が彼を見送るなんて
okome

okomeの感想・評価

4.0
そんな最後はあんまりだよ、と思いつつ
幸せの絶頂が最後で良かったのかもとも思う。

そんな戸惑いの中ラストに救われる。
みらい

みらいの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

周囲が評価をせずとも、いかに誠実で真摯だったか当事者たちにはわかっている。
最後に彼は報われたんだな、一人ではなかったんだなと感じました。

(ネタバレというよりは感想バレなところがあるので、念の為伏せております)
一般にコミュ障と言われる人は、傷つくのが怖くて上手く人と喋れない、そう思っている人が多いと思う。しかしその逆に、傷つけてしまうのが怖くて上手く喋れないという人もいる。ジョンメイは後者だ。
亡くなった人の為に出来る限りの事をしてあげようとするジョンは優しい。しかし遺族や近しい人に接するジョンは言葉少なで、事務的に葬儀に参列を促すのみ。
亡くなった人の為の行動は、ともすると彼らを傷つける結果になるかもしれない、自分の自己満足かもしれない、そんな考えがジョンに多くを語らせない。

寡黙な男の、内に秘めた優しさが美しく、切ない。そんな映画でした。

Asss

Asssの感想・評価

3.0
とても丁寧に作られたこと映画だと感じました。
無駄に音楽がなく、
間も多く、テーマストーリーが
考えさせられるものなので
その間で感じられるものが多かったと思います。
emi

emiの感想・評価

3.0
孤独死した人の身辺を調査し、お葬式に出席して見送る・・・こんな公務員の仕事があるとは知らなかった。主演の俳優は独特の雰囲気で役にぴったりだ。音楽がいまいちだったのが残念。ラストはちょっと作りすぎの気も。
>|