おみおくりの作法の作品情報・感想・評価

おみおくりの作法2013年製作の映画)

STILL LIFE

上映日:2015年01月24日

製作国:

上映時間:91分

3.7

あらすじ

「死」と向き合うことで「生きる」ことを知っていく......再生の物語 身寄りなく亡くなった人を見送る仕事の民生係ジョン・メイ。事務的に処理することもできるこの仕事を、ジョン・メイは誠意をもってこなす。しかし、人員整理で解雇の憂き目にあい、ジョン・メイのすぐ近くに住むビリー・ストークが最後の案件となる。彼の人生を紐解くために、ジョン・メイは故人を知る人々を訪ね、イギリス中を旅する。そして、生身の…

「死」と向き合うことで「生きる」ことを知っていく......再生の物語 身寄りなく亡くなった人を見送る仕事の民生係ジョン・メイ。事務的に処理することもできるこの仕事を、ジョン・メイは誠意をもってこなす。しかし、人員整理で解雇の憂き目にあい、ジョン・メイのすぐ近くに住むビリー・ストークが最後の案件となる。彼の人生を紐解くために、ジョン・メイは故人を知る人々を訪ね、イギリス中を旅する。そして、生身の人間と関わっていくことでジョン自身も新たな人生を歩み始める......。

「おみおくりの作法」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.6
良く言えば手堅く作られたムダのない映画。悪く言えば何処までも地味な映画。自らの「死生観」を問い直すにあたってこの映画に臨んだのだが、どんな逆境に置かれても堅実に仕事を続ける主人公の姿は確かに感動的だ。だが盛り上げ方が今ひとつ中途半端というか、例えばもっと華のあるヒーロー/ヒロインを据えて見せ場を作るとか、ケン・ローチがそうしているように社会派的な問題をもっと盛り込んでリアルに社会問題を炙り出すという選択肢はあったように思われる。それがないせいでどうしても「地味」(まあ、言い方を変えれば「渋い」とも言えるのだが)な印象を感じさせる。ラストもなんだか取ってつけたようなものだし、映像面で光るものもないし……そういうわけでこの点数に落ち着いてしまった。駄作だとかそんなことを言うつもりはない。ただ、どうも「渋過ぎる」。そこで好みが別れるのだろう。私はもっとデーハーさを重視したいので点が辛くなってしまった。
おしば

おしばの感想・評価

4.5
ラストがとても良かった。必ずみてくれている人はいる。
イギリス版おくりびと?

ストーリーで重そうと思ったけどポスターが可愛くて観ることにした。

孤独で几帳面で性格の良過ぎるおじさんが孤独死した人の葬儀をするために関係者を探す仕事をしてる話。

孤独死っていう重い題材だけど映画自体は割とポップな感じで進む。

上司は効率主義で冷たくて、主人公の仕事に理解を示してくれずにクビになるけど、最後に関わることになったお向かいさんの葬儀を、途中で投げ出したりせずに、むしろいつも異常の熱量でやりとげる。

ラストの展開はえ、嘘ん、って感じでびっくりしたけど全体としては割と好きだった。
人知れず孤独に死んだ人達の遺留品からその人の家族、趣味、人となりなどの調査を行い、葬儀をあげる公的な仕事。

22年間もの間、丁寧に仕事をして、何人もの人を弔って来た主人公が、人件費削減による解雇を言い渡され、最後の弔いの仕事をする話。

なんだかジーンとする話。

真面目に丁寧に仕事をしようと思わせる映画ですね。
K

Kの感想・評価

3.5
最後が良かった。
無駄なことってないんだなと思った。
「おくりびと」のイギリス版かな?って思ってたけど、違かった。

亡くなった方の身寄りの人を探す主人公。身寄りなき人にも葬儀を行いたい主人公と、お金の無駄だと考える自治体。
saolieee

saolieeeの感想・評価

4.3
人知れずシンプルに
信念を貫いて欲を言わず
人生を送りたいものです。

最後があまりにも
あっけなくて…
HeroM

HeroMの感想・評価

3.6
泣かせ方が卑怯。主人公の無口で静かな演技はグッときて良い。ラストの展開は唐突で無理やり泣かせようとしている感じがして好きじゃなかった。
スーモ

スーモの感想・評価

4.0
孤独死をテーマにした静かで淡々とした作品。

カット毎の間が素晴らしい。
キノで上映してたときから気になってたんだけど、ようやく観れました。
好きだな~こういうの...。
心に深く染み込む作品。
ご近所が寝静まった深夜に観ましょうw
plantseeds

plantseedsの感想・評価

3.6
個人的にフィット感はなかったですが、
このような仕事にも、意味はある。
というか、意味のない仕事などないのでないか。
ラストシーンから考えさせられます。
>|