おみおくりの作法の作品情報・感想・評価

おみおくりの作法2013年製作の映画)

STILL LIFE

上映日:2015年01月24日

製作国:

上映時間:91分

3.7

あらすじ

「死」と向き合うことで「生きる」ことを知っていく......再生の物語 身寄りなく亡くなった人を見送る仕事の民生係ジョン・メイ。事務的に処理することもできるこの仕事を、ジョン・メイは誠意をもってこなす。しかし、人員整理で解雇の憂き目にあい、ジョン・メイのすぐ近くに住むビリー・ストークが最後の案件となる。彼の人生を紐解くために、ジョン・メイは故人を知る人々を訪ね、イギリス中を旅する。そして、生身の…

「死」と向き合うことで「生きる」ことを知っていく......再生の物語 身寄りなく亡くなった人を見送る仕事の民生係ジョン・メイ。事務的に処理することもできるこの仕事を、ジョン・メイは誠意をもってこなす。しかし、人員整理で解雇の憂き目にあい、ジョン・メイのすぐ近くに住むビリー・ストークが最後の案件となる。彼の人生を紐解くために、ジョン・メイは故人を知る人々を訪ね、イギリス中を旅する。そして、生身の人間と関わっていくことでジョン自身も新たな人生を歩み始める......。

「おみおくりの作法」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.6
良く言えば手堅く作られたムダのない映画。悪く言えば何処までも地味な映画。自らの「死生観」を問い直すにあたってこの映画に臨んだのだが、どんな逆境に置かれても堅実に仕事を続ける主人公の姿は確かに感動的だ。だが盛り上げ方が今ひとつ中途半端というか、例えばもっと華のあるヒーロー/ヒロインを据えて見せ場を作るとか、ケン・ローチがそうしているように社会派的な問題をもっと盛り込んでリアルに社会問題を炙り出すという選択肢はあったように思われる。それがないせいでどうしても「地味」(まあ、言い方を変えれば「渋い」とも言えるのだが)な印象を感じさせる。ラストもなんだか取ってつけたようなものだし、映像面で光るものもないし……そういうわけでこの点数に落ち着いてしまった。駄作だとかそんなことを言うつもりはない。ただ、どうも「渋過ぎる」。そこで好みが別れるのだろう。私はもっとデーハーさを重視したいので点が辛くなってしまった。
あ

あの感想・評価

-
美しいなあ、と、うっとりしてしまうカットがいくつもあった。
静かに静かに進んで行く映画。
これまでの 生 を、振り返り整理整頓していくこと。自分自身で行うのがきっと一番なのだろうけれど。

飲みになら行くけれど、葬式には行かない。というセリフについて妙に考えこんでしまった。
fujiK

fujiKの感想・評価

-
📀✒️📑
ろこす

ろこすの感想・評価

4.3
とても静かに丁寧に、淡々と進みながらもフフっと笑わせられるし、最後の方の展開に「ええ…!?」てなりながらもじんわり泣いてしまった。とてもいい映画だなぁ

真面目で几帳面で何の変哲もない主人公のジョン・メイが、愛しくなりました
たろう

たろうの感想・評価

3.0
良いけど、終わりがあまりよろしくない。
pappo

pappoの感想・評価

1.7
死んだら、その後はどうなるのかな?

あんま好きくないかも
ちゃんとまた見ます
いい映画だった
あい

あいの感想・評価

4.0

悲しい。とても。
静かで淡々と流れる時間。
誠実に仕事をして
お葬式をあげる彼が
何か語ったりするシーンはない。
でも、なんかすごく伝わる。
ラストシーンは、
つらかった。
>|