おみおくりの作法(2013年製作の映画)

STILL LIFE

上映日:2015年01月24日

製作国:
  • イギリス
  • イタリア
  • / 上映時間:91分
    監督
    ウベルト・パゾリーニ
    脚本
    ウベルト・パゾリーニ
    キャスト
    エディ・マーサン
    ジョアンヌ・フロガット
    カレン・ドラリー
    アンドリュー・バカン
    Neil D'Souza
    デヴィッド・ショー・パーカー
    マイケル・エルキンス
    あらすじ
    「死」と向き合うことで「生きる」ことを知っていく......再生の物語 身寄りなく亡くなった人を見送る仕事の民生係ジョン・メイ。事務的に処理することもできるこの仕事を、ジョン・メイは誠意をもってこなす。しかし、人員整理で解雇の憂き目にあい、ジョン・メイのすぐ近くに住むビリー・ストークが最後の案件となる。彼の人生を紐解くために、ジョン・メイは故人を知る人々を訪ね、イギリス中を旅する。そして、生身の人間と関わっていくことでジョン自身も新たな人生を歩み始める......。

    「おみおくりの作法」に投稿された感想・レビュー

    踊る猫
    踊る猫の感想・レビュー
    2017/02/03
    3.6
    良く言えば手堅く作られたムダのない映画。悪く言えば何処までも地味な映画。自らの「死生観」を問い直すにあたってこの映画に臨んだのだが、どんな逆境に置かれても堅実に仕事を続ける主人公の姿は確かに感動的だ。だが盛り上げ方が今ひとつ中途半端というか、例えばもっと華のあるヒーロー/ヒロインを据えて見せ場を作るとか、ケン・ローチがそうしているように社会派的な問題をもっと盛り込んでリアルに社会問題を炙り出すという選択肢はあったように思われる。それがないせいでどうしても「地味」(まあ、言い方を変えれば「渋い」とも言えるのだが)な印象を感じさせる。ラストもなんだか取ってつけたようなものだし、映像面で光るものもないし……そういうわけでこの点数に落ち着いてしまった。駄作だとかそんなことを言うつもりはない。ただ、どうも「渋過ぎる」。そこで好みが別れるのだろう。私はもっとデーハーさを重視したいので点が辛くなってしまった。
    LuvBritFilm
    LuvBritFilmの感想・レビュー
    9時間
    5.0

    このレビューはネタバレを含みます

    20160322観賞。
    UK映画なのでバッドエンディングを予想していたが、予想を上回るバッドぶりに思わず声を上げる。自分が死と密接に関わる仕事をしているだけあり、共感と尊敬の念を感じずにはいられない。
    大好きなBBCのドラマLoM同様、バッドともハッピーとも言えないエンディング。死んだら何もならない。明日は我が身。生への意欲を掻き立てられる秀作。
    カウリスマキ作品が好きならば、無限大の共感を感じるはず。
    もふもふ3だいじん
    もふもふ3だいじんの感想・レビュー
    11時間
    3.0
    誰かに解説してほしい‼

    ラストのヨーロッパのブラックユーモアは、相変わらずよくわかんない。

    自分にも仕事にも興味がなかった男が急にやる気をだすきっかけがよくわかんなかった。おそらく首を言い渡されてムキになったのかな?くらいの感じ。
    でも、自分のお墓の場所を渡すのは、さすがにやりすぎなのでは??

     違和感というかラストへのふりを感じ始めたのは娘さんが訪ねてきたときの会話のあとの主人公が画面のまん中ちょい左よりに映っててそこからの違和感がかなりきてからのラストだったからそんなに驚きもなかった。

    たぶん、通りの会話とか何気ないシーンにいろいろあるのはわかったんだけど、それがなんなのかわからなかったから誰かに解説してほしい‼

    以上
    KAZU
    KAZUの感想・レビュー
    19時間
    3.5
    記録
    かっしー
    かっしーの感想・レビュー
    20時間
    3.6
    見返りを求めない純粋な気持ちって大切だなって改めて思った

    全体として、言葉の無いシーンが多くて、主人公の絶妙な表情が楽しめた

    終わり方はあんまり好きじゃなかった

    自分もこうなるんだろうなって考え始めて、半日寝込んでる
    poteto
    potetoの感想・レビュー
    22時間
    5.0
    好きな作品
    人におすすめするくらい
    ip
    ipの感想・レビュー
    1日
    4.5
    エディ・マーサンの優しい顔立ちがピタリはまったゆったりと淡々とした映画。
    しかしながら、そんな雰囲気から予想もつかないラストへの展開。ここまで予想を裏切る結末のものは見たことがない。
    (見え見えの展開のくせに「ラスト~分、あなたは必ず〇〇」みたいなキャッチコピーを出す映画に見習わせたい)

    それでも墓を譲るシーンや最後のおみおくりの場面など、主人公の人の良さが最後まで表現され、気持ちよく見終えることができた。
    lemon
    lemonの感想・レビュー
    1日
    3.5
    人に感謝されるような生き方をして
    死んでいきたい。
    zk
    zkの感想・レビュー
    2日
    3.3
    記録
    シゲシネマ
    シゲシネマの感想・レビュー
    3日
    2.9
    そ、そんな…
    >|