鰯

デッドプールの鰯のレビュー・感想・評価

デッドプール(2016年製作の映画)
4.4
Wham!

ニューヨークでトラブルの処理で日銭を稼ぐウェイド・ウィルソンは、娼婦のヴァネッサと交際し婚約を決める。しかしその直後、意識を失い病院で末期がんと診断されてしまう。彼は怪しい誘いに乗り、がんの治療という名目で人体実験の対象となる

下品以上によくできてる!というアクションコメディ。好き勝手やってるのに、わかりやすい。回想とメインの進行の切り替わりがちょうどいいし、全然飽きない。説明してるのに、異常に軽い口調だから冗長にならない。「第四の壁」を破るのも、このキャラなら当然だなと思うから、何の違和感もない。
お話も超純粋な恋愛物語。話はとても個人的な範疇に収まっていて、大層な正義を振り回さないのもよかった。ヒロインも並みの女性じゃなくて、まさに「パートナー」としてよかった。
アクションもかなり攻めてる。自動車の中でのアクションとか超かっこいい。コロッサスとネガソニックの活躍も熱い。やっぱりブリアナ・ヒリデブラントは葵わかなに似てると思います。

そのうえで、ギャグが本当に可笑しくて可笑しくて久々にお腹抱えて笑いました。その場の笑いも、メタ的な笑いも高いレベルで両立している。序盤のヴァネッサとの時間の飛ばし方とか、笑えて秀逸。弾の無駄遣いも最高。プロフェッサーX含めX-MENのいじり方も絶妙で全部笑う。ライアン・レイノルズの自虐とか、ベッカムいじりも最高でした