JIN

ストレイヤーズ・クロニクルのJINのレビュー・感想・評価

3.3
予告編段階で期待してたけど公開当時かなり酷評されてたこともあって結局劇場に足を運ばなかった作品。
期待しなかったのが良かったのか、それなりに楽しめた。
元々こういった超能力対決モノは大好きなのもあったしね。
それだけに勿体ないことがいっぱい。

出てくるキャラはそれぞれ特徴もわかりやすかったし、演じてる若手俳優の面々もよかった。
特に染谷将太の演技は流石で若手の中でも飛び抜けてると思った。
後は黒島結菜の存在感が光ってたね。
物語全体の世界観の設定も悪くない。
なのに物足りなさばかりが目立つ。
終盤もダレてたし、爽快感もないし余韻もさほどない。
料理の素材を活かしきれませんでしたっていう印象。

ゲスの極み乙女。の『ロマンスがありままる』が主題歌で、また劇中でも使われてたんやけど、これがまた全然ハマっておらずかなりの違和感。
曲自体はイイ曲ではあるんやけども…。

残念だ。
面白くなる要素がたくさんあるのに面白かったと思えないなんて。
とにかく「残念」という思いばかりが湧き出てきてしまう。
この手の作品には成功してほしいのに。