ピースオブケイク(2015年製作の映画)

上映日:2015年09月05日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:121分
    監督
    田口トモロヲ
    脚本
    向井康介
    原作
    ジョージ朝倉
    キャスト
    多部未華子
    綾野剛
    松坂桃李
    光宗薫
    木村文乃
    菅田将暉
    柄本佑
    峯田和伸
    中村倫也
    安藤玉恵
    森岡龍
    山田キヌヲ
    宮藤官九郎
    廣木隆一
    あらすじ
    主人公、梅宮志乃(24歳)はバイト仲間との浮気がばれ、DV体質の恋人・正樹からフラれると同時にバイトも辞めることに。心気一転しようと引っ越した先で出会った隣人の男は、なんと新たな職場の店長だった!その男、菅原京志郎(30歳)に強く惹かれるが、京志郎には同棲中の彼女、あかりがいて・・・・。今度こそ恋愛で間違いたくない志乃は、幸せを手にいれる事ができるのかー?

    「ピースオブケイク」に投稿された感想・レビュー

    ユキユキ
    ユキユキの感想・レビュー
    2017/02/20
    -
    苦手なタイプの映画であった…
    なんかこういう堕落した感じすごくリアルでなんかうん…
    ミコト
    ミコトの感想・レビュー
    8時間
    -
    2回目〜
    あや
    あやの感想・レビュー
    9時間
    3.5
    原作好きだけど結構はまってて楽しく見れた、綾野剛がかっこいい
    か
    の感想・レビュー
    11時間
    -
    記録
    ももさく
    ももさくの感想・レビュー
    21時間
    3.0
    志乃は正樹が自分の何処が好きなのかも分からず関係を続け他の男とも関係を持ったりしていた。その後、仕事も辞め、男と別れ、引越しをした。

    梅宮志乃(多部未華子)好きになってくれる人と付き合ってきたが京志郎と出会い変わる。

    正樹(柄本佑)志乃の元カレで暴力的で自己中。

    菅原京志郎(綾野剛)レンタル屋の店長をしており志乃のお隣さん。

    天ちゃん(松坂桃李)レンタル屋で働く志乃の知り合いのオカマ。劇団に入っている。

    ナナコ(木村文乃)志乃の友達。美人。

    川谷(菅田将暉)レンタル屋で働き志乃を気にかける。

    あかり(光宗薫)京志郎の彼女。小説家。

    他出演者 小澤亮太、中村倫也、安藤玉恵、盛岡龍、山田キヌヲ、峯田和伸、廣木隆一他。

    志乃が京志郎を凄く好きなんだなぁってのがめちゃくちゃ伝わってくる。恋をすれば誰しもこういう時期があって、幸せな時ってこんなんだよなぁと忘れた想いを思い出したりもする。

    多部ちゃんの露出シーンはサイズがあってなさげ?なブラでの谷間くらいだけど、キスシーンは多いしあの多部ちゃんが!って思うシーンは結構あったPG12作品。特に菅田将暉は慣れを感じるくらいエロさがあった。綾野剛は結構裸のシーンがあったかな。

    あかりは、どっかで見た女優さんだと思ったらATARUに出た子でした。元AKBなんですね。

    志乃に関しては、こんな女の子いそう!って感じのリアルさはあったな。寂しさや酔った勢いですぐどうにかなっちゃうくせに好きな人が出来るとハマってしまう。志乃のやりすぎない服装やメイクも良かったな。

    好きになったら彼女がいようと、この人のものになりたいと思う気持ちは分かるけど、距離が縮む程にどんどん欲張りになって信じられなくなるんだろうなぁ。同じ事の繰り返しかもしれないけど、忘れられない存在ってあるんだろうな。

    終わり方は結構好き。
    あつし
    あつしの感想・レビュー
    21時間
    -
    永田芳弘 エグゼクティブP
    加茂義隆 P
    西口典子 P
    arnold
    arnoldの感想・レビュー
    21時間
    -
    邦画のラブストーリーほぼ観ないけど
    多部未華子が観たくて。
    バカップルの痴話げんか。
    熱海秘宝館楽しそう!
    わんだふる
    わんだふるの感想・レビュー
    23時間
    3.4

    このレビューはネタバレを含みます

    たやすいことよね。
    mana
    manaの感想・レビュー
    1日
    3.8
    胸元が大きく開いてるトップス・丈の短いスカート。24歳のまだまだ手放さない女感と浅はかさ。ビッチの考えてることは分からない。好きじゃない。


    と思って最初はだらだら観てたけど、なんだなんだこの多部未華子の可愛いエロさ・・そしてなんなんだこの「わかる」感・・店長と一緒に帰る理由がちゃんとある15分の帰り道の愛おしさも、好きなのに疑っちゃう気持ちも、幸せなのに不幸を想像しちゃう所も、怪しいけど温泉行きたいから言えない所も・・「ああ分かる・・このわたしでさえ分かる・・」と共感が止まらなかった。だからといって全部に共感は出来ないけどただ軽いだけの作品じゃないじゃん。て思いました。
    でもでも衣装のお手伝いしてた劇団が上手くいって、自分もアイドルとかの衣装作るようになって、オカマの友達は準主役で映画に出れるようになって〜〜・・って、やっぱりファンタジー要素入ってたのがなんとなく残念。
    多部未華子はどこにでも居そうな浅はかさで、綾野剛と菅田将暉はエロくて、松坂桃李と峯田和伸は可愛くて、良い!良いぞ!
    >|