ピースオブケイクの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ピースオブケイク2015年製作の映画)

上映日:2015年09月05日

製作国:

上映時間:121分

3.4

あらすじ

「ピースオブケイク」に投稿された感想・評価

C

Cの感想・評価

3.0
松坂桃李が出てるから見たけど、なんでオカマ役に松坂桃李を持ってきたの…。多部未華子って華奢なんだなー。綾野剛かっこいいしこんな幸せいいなーって思ったけど実際にこんな幸せ降ってきたら耐えられないな
ヒカリ

ヒカリの感想・評価

3.3
題名の意味と内容のつながりはよく分からんがクズっぽい綾野剛いいね、
モテキ満載の多部未華子ワールド。キャスティングが絶妙で名だたる名優だらけの中で新人作家役の女性は頑張りました。告白の瞬間のパニック状態からの笑いはシュールだけどありがちで楽しめる。木村文乃役の女性の存在と時代違いのアングラ劇団は?。綾野剛が演じてるから何か悪そうだけど実は誠実な役どころもキャストが替わればまた違うのかも。松坂桃李と菅田将暉と三人が役どころを入れ替えて多部未華子と木村文乃を入れ替えから全く違う映画になるかも。女性の本音の台詞があったり何カットかきれいな空があって良かった。隠れた佳作。
sachiko

sachikoの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

結構前に綾野剛が甘えてるシーンがツイッターでバズってるのを見てこの作品を見た。原作未読。ちょっとした濡れ場とかラブラブシーンはすごくよかった。「大好きだったのに!うえ〜〜ん!」のところで映画が終わっていればよかったのになんでその後20分以上もグズグズしてしまったのか…。うわ〜分かる!分かるよしのちゃん!って所も沢山あって、特に、「不幸への準備をしてしまう」って所は本当に共感できた。原作もコメディ寄りなのかな、とにかく突っ込みどころ満載でなんでやねん!となって笑いながら見た。エンドロールの主題歌がいい意味でダサかったのはよかった。
「容易いことよね」の一言で終わるのはちょっと寒かったかな…。
まあでも綾野剛は終始可愛かった!ああいうよくわからない男役すごく似合うなあ。
お酒飲みながら見るにはちょうどよかったです
しゅあ

しゅあの感想・評価

3.5
不意打ち菅田将暉最高😂😂
しのちゃんみたいに人を好きになってちゃんと伝えられるのって羨ましいなって思えた、、、!
しのちゃんと髭てんみたいに離れても元に戻れるようなそんな人に出会いたい🤭
matsu

matsuの感想・評価

3.5
ドロドロで重ーい話かと思ったら、けっこうコメディ寄りでクスッと笑いながら楽しめました。
ダメダメ女子な多部さん、オカマのとーりさん、そして峯田さんあたりがいい感じでした。
言葉では上手く表せないけれど、綾野さん演じる髭てんがモテるのはわかる気がする。めっちゃ良く言うと、何事にも真っ直ぐってことですかね。けど結局はああいうダメ男がいい思いをする、そんな世の中なんですよねー。世の中難しい。
saa

saaの感想・評価

3.3
「風が吹いた」
恋に落ちる時の表現が、かなりヒット。

思っても見なかった時に、ビビッとくるその感じ、何も知らないのに「この人!」となる感じ。
この「感じ」を味わえる映画。

最後に2人が全力でぶつかり合うシーンは何度見ても良い。
荒削りだけど、好き、って雰囲気良い。

「だからどうだっていうのよ!」「あー人を好きになるって最悪!」という多部ちゃんがめっちゃ可愛い。

ストーリー自体は大したことないけど、恋してる時の感情に共感できる映画。
みな

みなの感想・評価

4.5
最高すぎた!!!!
全然知らんかったけど好きな俳優女優さんしかいない(^。^)
TSUBURA

TSUBURAの感想・評価

3.3
菅田くんと綾野剛目当てで観た。完全に。ありがとうございました。多部ちゃん可愛いと思わないし志乃ちゃんではなくね?って感じで見てたけどやっぱ演技うますぎて後半はめちゃくちゃ可愛く見えたすごいわ
はじめはもう可愛さで男ホイホイする
上に貞操観念低い多部未華子みて
あ〜なんだこのしんどい映画は
と思っていましたが綾野剛と
付き合いだしてからいい展開に

多部未華子が綾野剛のことを信じきれてないのは多部未華子の元彼と待ったく同じで、多部未華子が綾野剛に言った
誰でもいいんでしょ!?っていう
セリフは彼女自身なんだよなぁ〜と
熱海旅行から帰ったシーンでしみじみと実感しました。

そして薫ちゃんは美しくメンヘラっぽいところも愛おしかったけれどこれからもなんやかんやで元カノとして足を引っ張りそうな、、、

私だったら圧倒的に菅田将暉のような性格を選ぶなぁ

とにかく菅田将暉も綾野剛もエロくて良い作品でした。

いい感じのハッピーエンドなのは
少女マンガ原作と聞いてなるほどと
頷けました。