M.K.

脳内ポイズンベリーのM.K.のレビュー・感想・評価

脳内ポイズンベリー(2015年製作の映画)
2.5
コミック原作の可愛らしい女子目線のラブストーリーだと思うけど、真木よう子のナイススタイルがいちいち邪魔してくる(笑)。
ありきたりな恋を女性の脳内での葛藤を視覚化して綴る物語。
インサイドヘッドに似ているとはツレの感想だけど、心の動きを些細な表現と身体の動きの描写で綴るのが文学だとすれば、バーチャルリアリティ以上に残酷な作品かもしれない。
感情の動きは何通り?
何が線を結んで図をなすかが個性だったり人生そのものだとすると、この部分は不可視でいたい気もする。
基本的に楽しかったけど、二時間は必要なかったのかな?