大輝

脳内ポイズンベリーの大輝のレビュー・感想・評価

脳内ポイズンベリー(2015年製作の映画)
4.2
頭の中の感情「理性、衝動、ネガティヴ、ポジティブ、記憶」が擬人化する映画。頭の中での出来事と現実世界の出来事が見事にマッチしていて、感嘆した。

特に心に残ったのが、「あなたの事は好きだけど、あなたと一緒にいる自分は嫌い」という台詞だ。
いくら相手の事が好きでも、自分の一部を殺してまで一緒にいるのをやめる事を主人公は選択した。そう言った心の葛藤も感情の擬人化で表現していたのは、素晴らしい。やはり、映画は目で見るメディアだから、視覚にしか伝えられない比喩を使うべきだと思う。映画にしか出来ない事をしている作品という印象を受けた。

吉田羊のキレキャラっぽい演技がまさに「ネガティヴ」でめっちゃ面白かった笑。