脳内ポイズンベリーの作品情報・感想・評価

脳内ポイズンベリー2015年製作の映画)

上映日:2015年05月09日

製作国:

上映時間:121分

3.3

あらすじ

携帯小説家の櫻井いちこ(真木よう子)は、飲み会で一緒になって以来気になっていた年下男子・早乙女(古川雄輝)に、偶然遭遇する。「運命の再会」にときめくいちこだが、脳内はパニック状態。脳内で会議を繰り広げる5人のメンバー(西島秀俊・神木隆之介・吉田羊・桜田ひより・浅野和之)は、声を掛けるか掛けないかで揉めていた。 議長の吉田(西島秀俊)はカオス化した会議を取りまとめ、結果、いちこは早乙女をご飯に誘う…

携帯小説家の櫻井いちこ(真木よう子)は、飲み会で一緒になって以来気になっていた年下男子・早乙女(古川雄輝)に、偶然遭遇する。「運命の再会」にときめくいちこだが、脳内はパニック状態。脳内で会議を繰り広げる5人のメンバー(西島秀俊・神木隆之介・吉田羊・桜田ひより・浅野和之)は、声を掛けるか掛けないかで揉めていた。 議長の吉田(西島秀俊)はカオス化した会議を取りまとめ、結果、いちこは早乙女をご飯に誘う。しかも、唐突に早乙女の部屋を片付けると言いだし、家まで押し掛ける。片付けが終了すると、再び紛糾する脳内会議。限界を迎えた5人のメンバーの元に、櫻井いちこと同じ風貌の黒ずくめの女性が現れ、5人は眠らされてしまう。その途端、いちこは大胆にも早乙女をベットに誘い、ベットイン。しかし、自分の軽率な行動を後悔し、いちこは連絡先も残さないままそっと帰宅する。 後日、編集部の越智(成河)との打ち合わせ終わりで、いちこは早乙女と再会。「ヤリ捨てされたの?」と憤る早乙女に、いちこは脳内がパニックになったことを説明し、本当は早乙女のことが大好きな気持ちを伝え、晴れて恋人同士に。しかし、幸せも束の間、いちこが30歳であることを伝えると、早乙女からは「ないわー」の一言。いちこはあっという間にフラれてしまう。早乙女の発言は誤解だったことが判明するも、元カノジョの出現で振り回され、疲れ果てたいちこは早乙女と距離を置くことに。そうこうしていると、越智から突如キスをされ・・・!? はたして、いちこと脳内会議のメンバーは、幸せな道を選ぶことができるのか!? いちこ×早乙女×越智の三角関係のゆくえは——!?

「脳内ポイズンベリー」に投稿された感想・評価

ryohei

ryoheiの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

あなたがその人を好きがどうかじゃなくて、その人といる自分が好きかどうかが大切

このレビューはネタバレを含みます

 

自宅(CS放送)にて鑑賞。水城せとなの同名漫画を原作とし、揺れ動く心理状態を脳内会議と云う形で視覚化した恋愛ドラマ。少ない出番乍ら“山崎未歩子”役のともさかりえが佳かった。不満として、成河の“越智公彦”がつれなく見えたのと古川雄輝の“早乙女亮一”との破綻に至る過程が端折られ、いびつになる脳内の描写も唐突。ただ“櫻井いちこ”の真木よう子は脳内でテンパッた際、登場するクールなドSの男前“黒い女”を始め、ビックリした驚いた表情が印象的な上、クライマックスの別れを切り出す独白が忘れ難く魅せられた。70/100点。

・本作を評する際、よく引き合いに出されるピクサーの『インサイド・ヘッド('15)』は“ヨロコビ(声:A.ポーラー)”、“カナシミ(声:P.スミス)”、“ビビリ(声:B.ヘイダー)”、“イカリ(声:L.ブラック)”、“ムカムカ(声:M.カリング)”の表層的な五つの感情に対し、議長である西島秀俊の“理性(吉田)”、吉田羊の“ネガティブ(池田)”、桜田ひよりの“衝動(ハトコ)”、神木隆之介の“ポジティブ(石橋)”、浅野和之の“記憶(岸さん)”とより深層的な五つの感情となっている。尚、水城せとなの原作は'10年開始されている。

・成河の“越智公彦”は、原作版で見せる様々な男気あるエピソードが割愛されている。原作版では、結婚を控えた一年後がラストとなるが、本作でもその雰囲気のあるラストとなっている。オープニングと同じボタンを追い掛けるシーンが再登場するが、そこで出逢う相手は原作版と同じ彼氏を示唆する。そのヒントは、直前のシーンとアップになるスエード地の靴の先端である。エンドクレジットは、役名と共に可愛いらしく役柄を端的に表したワンポイントのイラストと共に流れる。

・2016年6月12日

 
真木よう子のコミカル役、少し無理があったようにも感じたけど。

内容は楽しめた♡
恋って難しいよね。って思える。
まぁまぁ、と。
ゆー

ゆーの感想・評価

-
恋愛って難しいんだなって改めて思った。
ひ

ひの感想・評価

3.5
邦画の恋愛映画の中でも好き。
いちこの感情の振り幅にたまに引きそうになるけど、確かに納得もできる。
脳内会議の5人のやりとりが可愛らしくて、いちこの現実の展開の重さと比べて少しほっこりする。
越智さん役の成河の演技がとてもとても良いです。ラストシーン、思わず息を飲む。最後の展開も良かった。下手なラブストーリーにならなくて安心しました。
>|