mura

私たちのハァハァのmuraのレビュー・感想・評価

私たちのハァハァ(2015年製作の映画)
3.5
今年最初の映画は遅ればせながらの「私たちのハァハァ」で。

と、その前にまずは去年を振りかえって、僕のなかでの日本映画ベストテンはこんな感じかなと。

1 あん
2 岸辺の旅
3 恋人たち
4 さよなら歌舞伎町
5 戦場ぬ止み
6 海街diary
7 トイレのピエタ
8 ソロモンの偽証 前篇・事件
9 ピース オブ ケイク
10 みんなの学校

なんか王道を行きすぎたかな。「さようなら」とか「GONIN サーガ」なんかを入れてもよかったかな。

で、「私たちのハァハァ」は…よくこんなことを考えるもんだとその設定に感心。女子高生にカメラを持たせ、北九州から東京までの旅の様子を撮らせるとは。面白い。

だけど…やっぱりノレない。セルフドキュメンタリーのように撮っているということは、共感を覚えるか覚えないかが肝になると思うけど、どうも女子高生の感情が動くタイミングが最後までわからず。「えっ?」「なんで?」の連続で。

まぁ僕に女子高生の経験がないためかなと。致命的な理由だけど。

「ハァハァ」というのは興奮をあらわしてるわけか。それなら、北九州から山口に渡るぐらいまでが「ハァハァ」の絶頂だったなと。