家族はつらいよの作品情報・感想・評価

家族はつらいよ2016年製作の映画)

上映日:2016年03月12日

製作国:

上映時間:108分

3.5

あらすじ

妻よ、笑顔を下さい。夫よ、離婚を下さい。結婚50年を迎えようとする夫婦。たまには妻に誕生日のプレゼントでも買ってやろうかと夫が欲しいものを聞いてみると、妻の答えはなんと・・・「離婚届」!一家に突然降りかかる、まさかの“熟年離婚”騒動に、子供たちは大慌て。 さらに、離婚騒動を解決しようと開かれた家族会議では、全員の不満があちらこちらから噴出! 一家の運命やいかに!?

「家族はつらいよ」に投稿された感想・評価

横浜の青葉区に住む3世帯、躊躇なくうなぎ7つも頼んじゃう奥さん、現実離れした家族観…
まさに山田洋二の再帰を願った富裕層のための映画であった…
もっと期待していたんだけどな〜こんなんで良いのか?
mihofujita

mihofujitaの感想・評価

3.8
いや〜これ好き
1人で観ながら声出して笑った笑
途中から涙腺のツボに入って
ボロボロ泣いてた〜〜笑

なんだかんだ言いつつ
あったかい家族だなぁと思う
家族っていいなぁって思える作品
atatatn

atatatnの感想・評価

3.1
2018.1.18 録画
pompomruby

pompomrubyの感想・評価

4.0
家族のあり方の移り変わりを感じる映画。

昭和の雰囲気を残しつつ2010年代の空気もきちんと入っていてよかった。
会話劇が非常に面白い。
それを言っちゃあおしまいよってことペロッと出ることあるわよね。
そういう事じゃなくてそういうとこやぞっていうのとか。

蒼井優の台詞しかり、何かあった時に家族会議が出来るような家は大丈夫なんだろうなと思いました。
本当にだめなら何も言わないで出て行くもんね。

兎にも角にも男は黙って…ないで思ったことはちゃんと言葉にしていきましょう!みたいな。

あー笑った笑った。
ワカメ

ワカメの感想・評価

3.2
だらだら観には最適!
三世代の家族が織り成す物語。我が家は夫婦だけの一世帯。3世代だったらこうなるのかなと想像できる。クスっと笑う箇所が10カ所以上、ぶはっと笑う箇所が3箇所。また見たくなる映画です。
はっぽ

はっぽの感想・評価

3.6
松竹っぽい映画。制作委員会の数からして、松竹の気合の入れようを感じる。今は少なくなった三世代家族同居の苦しさをコミカルに描いていた。登場人物は非常にステレオタイプな者が多く、今の時代背景からすると古臭く感じるが、少し前の(もしくは今も)地方や郊外では同じような光景が繰り広げられているようなリアリティを感じた。結婚している人もこれからの人も反面教師として観ると良いかもしれない。相変わらず、妻夫木さんと蒼井優さんは高い演技力でした。
山田洋次監督の世界が広がっている!
平成生まれ向けの古き良き文化が入った日本映画だ。

昨今ブームである“熟年離婚”をテーマに繰り広げられる一族の大騒動。

現代劇なのだけれど、どこか古い映画の名残が混じっているのは山田洋次監督の崇高な演出技法によるものなのだろう。

セリフの一言一句、キャストの軽やかな演技がこの庶民的雰囲気を作り上げている。
映画をみているという感覚を忘れて、おうちのなかに入り込める不思議な映画。

実家に帰ってきてホッとするだけではなく、少しは煩わしいことだってあるし、面倒なトラブルだってある。
“家族語”を使ってのあるあるが微笑ましい。
そんな喜怒哀楽を味わえる作品だ。
>|